2015年12月31日

おおみそかに読みたい1冊〜今年もお世話になりました♪

 
今日のなぞなぞ
「おおみそかに読みたい本は?」




今年もお世話になりました。
みなさま、よいお年をお迎えください。


……というわけで、年の瀬の今日は
「おおみそかに読みたい1冊」を紹介します。


樋口一葉「大つごもり」



……。
そのまんまだな、ひねりなさい(笑)。



以前の記事(【電子書籍】アマゾンkindleで樋口一葉論(大つごもり、にごりえ、わかれ道)をリリースしました)でちらっと紹介した、
明治時代の文豪、一葉の小説です。


原文は擬古文調で、ちょっと難しい。
なので↑島田雅彦さんの現代語訳を推奨。
翻訳を読んだ、あるいはあらすじを知っている方は↓原文で味わうのがオススメです♪




☆★☆



「大つごもり」はタイトルのとおり、おおみそかのお話です。


主人公のお峰は、山村家というところでお手伝いさんとして働いている。
この山村家の奥さんが、めっちゃ厳しいひとで。
いっつもお峰につらくあたる
のね。
でもお峰は「正直は我身の守り」と、マジメに健気に働く。

というのも、お峰には三之助っていう義理の弟がいて。
貧しい弟一家を助けてあげたいという気持ちがとても強い。


さて、日は大勘定(年末の決算)迫る、おおみそか。

お峰は三之助一家に「二円」を入れてあげなくてはならない。
ところが、山村家の奥さんにすっとぼけられて、
頼んでいた「二円」の借金ができなくなってしまった。


どうする、お峰!


と、引きだしのなかに札束が。
誰にも見られていない……はずだ。


ほしいのは、ただ二円。


どうする、お峰!!!




こんな感じのあらすじ。
正直者のお峰は、はたして盗みをはたらいてしまうのか!?
(ちなみに明治時代の二円は、今の一万〜数万円くらいの価値です)


ラストにすごいどんでん返しがあります。
よくできているプロットで、私好みv



以前の記事(【電子書籍】アマゾンkindleで樋口一葉論(大つごもり、にごりえ、わかれ道)をリリースしました)では、
「大つごもり」と<女性の労働>をからめた論文を紹介しているので、
「大つごもり」が面白かった方は読んでみて!


☆★☆



それでは、みなさま
今年もありがとうございました。

来年も素敵な本にめぐり逢えるよう願いをこめて、


ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか


【関連記事】

【電子書籍】アマゾンkindleで樋口一葉論(大つごもり、にごりえ、わかれ道)をリリースしました
【泣ける】女性作家が描く切ない恋愛小説10冊【沁みる】
【語り手】文学理論を学びたい人のための15冊【テクスト論】
【jazz】ジャジーで昭和歌謡風なレトロ系ポップス10枚【rock】





加爾基 精液 栗ノ花
加爾基 精液 栗ノ花
posted with amazlet at 16.01.04
椎名林檎
EMIミュージックジャパン (2008-07-02)
売り上げランキング: 10,367

大吟醸
大吟醸
posted with amazlet at 16.01.04
中島みゆき
ポニーキャニオン (1996-03-21)
売り上げランキング: 6,434



 
posted by akika at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

この写真がすごい!〜写真を撮るなら”すごい”写真に学べ

 
今日のなぞなぞ
「”すごい”写真を撮るための本は?」





フォトグラファーさま、こんばんは。
”すごい”写真、撮れてますか〜?


というわけで、今日は
すごい写真を撮るための2冊。


プロアマを問わず古今東西の”すごい”写真を収めたフォトエッセイです。
選者・文章は作家の大竹昭子さん。

アート性、メッセージ、構成、被写体……。

もうパラパラ眺めているだけで圧倒される写真ばかりなのですが、
本書の肝は


その写真が「なぜすごいのか」を言葉で説明していること。


たとえば↓こんな感じ。

なぜ裸の体にこのようなものをかぶっているのか、理由がわからないまま、少年の透明感に吸い寄せられる。
金属製のメッシュが、手が届きそうで届かない距離を感じさせる。
物憂い、それでいて意志を感じさせる伏し目がちな表情。
孤高の気配をもたらしているカゴのへこみ。


この女性の動作には、前後の時間が感じられない。
跳ぶ前も跳ぶ後もなく、この瞬間だけがいきなり到来したかのようだ。
(中略)
肉眼では見ることのできない形象ゆえに、瞬間冷凍に似た奇妙さが漂う。



写真とは、一瞬を切り取ることで
世界を「異化」させる表現形式
だ……と思います。

詩やアート、すべての芸術に通底する
言葉にならない”すごさ”。

とても感覚的な領域を
丁寧に言葉に置き換えていく試みに感服
しました。


写真を眺めているだけでも勉強になりますが、
しっかり言葉にしてその写真を味わうことで
「自分もたとえばこういう意図で撮ってみたらどうだろ〜」と試行錯誤できる。

すべてのフォトグラファーにオススメな良書です♪



☆★☆




でね。
ものすごく話が変わるのですが、
「ドラゴンクエスト 4コママンガ劇場」というシリーズがあってだな。

名前のとおり、
名作ロールプレイングゲーム「ドラゴンクエスト」をネタにした4コマ漫画です。

プロの漫画家さんの作品だけでなく、
読者の投稿作品を集めた「4コマクラブ」という企画もあって。
(↑とは別の本です)

これがすごく面白い。

もちろん、絵や構成なんかはプロ作家さんのほうが綺麗です。
でも、たくさんのアマチュア作品から厳選された「4コマクラブ」は
パンチ力があり、

はっきり言えばプロのものよりネタが光ってるんだよね。
(「4コマクラブ」出身でプロの漫画家になった方もいます)


ちなみに。
私はこれにせっせと投稿していました(笑)。



なにが言いたいかっていうと。

プロが魂を込めて作った1冊より、
厳選されたアマチュア作品を寄せ集めたほうが、力がある場合が多い。




本日紹介した『この写真がすごい』は、
「誰が撮ったか」ではなく「作品のすごさ」というただ1点で厳選された
コンピレーション
です。


ほんとうに、
すごい写真ばかり
です。



☆★☆



そんなこんなで、今日は


すごい写真をみて
いっぱい感性を磨こうよぉ〜☆(*´∇`*)ミ☆




というお話でした。


ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか


【関連記事】

最近読んだ「文字の少ない」本10冊〜右脳を活性化させるために
【深い】大人になったあなたが読みたい絵本10冊【美しい】
タグ:写真集






posted by akika at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

最近読んだミステリ10冊〜本格から社会派まで〜

 
今日のなぞなぞ
「ミステリのオススメ10冊は?」

P1590245done


美文も人間描写もいらない。
我々が求めているのは、ガッチガチでバッキバキな”論理”なのだ。


……というわけで、以前の記事(最近読んだ本格ミステリ10冊〜ロジカル思考力をバキバキ鍛えるために)にひき続き、本日も
最近私が読んだミステリのなかで「良かった10冊」をぷちレビューしていきます。


本格ミステリ(謎と論理的解決をなにより重視するジャンル)寄りのものが多めですが、
東野圭吾さんや湊かなえさんなど、ポピュラーなものもピックアップ♪

読書のはかどる年末年始に
読みはじめたらとまらない良質ミステリをど〜ぞ〜。


 恋愛×バスケ×本格推理


第31回横溝正史ミステリ賞受賞作品。綾辻行人さんをして「歴代受賞作のなかで三本の指に入る逸品」といわしめた、殿堂入りの名作です。学園もので、登場人物がバスケばかりやっているミステリ(笑)。でも、細部にわたってしっかりと仕掛けがあり、どんでん返しも私好み♪ 乙一さんの『GOTH』や辻村深月さんの『オーダーメイド殺人クラブ』が好きなひとにオススメな本格作品です。名作!

 ”メタ”ミステリ


探偵とはなにか。探偵はなぜ事件に遭遇し、なぜ解決するのか。葛藤は?逡巡は? 挫折は……。あらゆるミステリが扱う「探偵」について、とことん考え抜いた市川哲也さんが採ったスタイルは「歳をとって旬を過ぎた名探偵」を主人公にすること。事件や論理的解決はありますが、ある意味では、探偵について語るメタ探偵小説といえるかも。↓次に紹介する続編が非常に面白いので、どうせなら2冊セットで読んでみて!

 小ネタ満載なデスゲーム・ミステリ


今をときめく名探偵・蜜柑花子が、「密室館」に閉じこめられ殺人ゲームに巻き込まれます。『インシテミル』など、シチュエーション&デスゲーム系が好きならぜひ♪ ”メタ”ミステリっぷりは本作でも健在。さらに、いろんな作品のネタが(なんの説明もなく)散りばめられてます。一例をあげるだけでも↓こんな感じ。

SAW、インシテミル、バトルロワイヤル、ハンガーゲーム、謎解きはディナーのあとで、氷菓、ダンガンロンパ、神様ゲーム、横溝正史、綾辻行人、京極夏彦……

いきなり「千反田えるが……」とか言われても、知らない人にはわからんよね(笑)。ミステリファンをニヤリさせるネタ満載の、本格推理作品ですv

 ”ハズレなし”の岡嶋二人作品


以前の記事(【ミステリ】読み始めたら止まらない徹夜本10冊【SF】)では『クラインの壷』を紹介しましたが、岡嶋二人さん達の作品は、本当にハズレがない。ぜんぶ面白いです。中学生らが巻き込まれているらしい奇妙な事件、その真相は……!? 宮部みゆきさんの『レベル7』が好きなひとにオススメ。学校という閉鎖空間に渦巻く”謎”には、胸がときめくよね♪

 今回も、石持浅海さん推し


以前の記事(最近読んだ本格ミステリ10冊〜ロジカル思考力をバキバキ鍛えるために)で推しに推した石持浅海さん。今回も2冊紹介させてください。経営者たちが別荘地に集う「箱根会」のさなか、殺人事件が! ……といっても、犯人ははじめからあきらかにされている倒叙ミステリ(※)です。刑事コロンボ、古畑任三郎、「DEATH NOTE」、『容疑者Xの献身』などなど、倒叙好きは大満足♪ 探偵役・碓氷優佳の語る<動機>についての考え方には、個人的にすごく共感します。

※ 探偵に追いつめられる犯人側の視点で描かれるミステリ。

 恋愛もロジカル


2冊めは、恋愛小説ふうの本作。主人公が書店で出逢った女性は、腕時計をふたつはめている。なぜなのか……。ボーイミーツガール&ミステリです。ロジックはちょっとアクロバティック。彼女が主人公に惹かれていくその理由も”論理的”に解きあかされていく、ちょっと異色な恋愛&ミステリです。恋愛小説ファンからは賛否両論の声がありそうだけど、私は「ロジックさえあればなんでもいい」派(笑)。

 漆黒の闇鍋をあなたに……


ひとりの少女の死を悼み、開催された闇鍋パーティ。メンバーそれぞれの小説(手記)が音読され、あきらかになっていく”黒い”真相……。構成としては湊かなえさんの『告白』みたいな感じです。視点人物が変わるたび、物語がどんどんひっくり返っていく。本書もイヤミス(※)です。学校という閉じたコミュニティにたちこめる”狂気”には、胸が高鳴るよね!

※ いや〜な感じの読後感が残るミステリ作品。

追記)
『暗黒女子』の映画化が決定しました♪
2017年4月よりロードショーv

 社会派ミステリが描く「家族」


テレビドラマで観たひとも多いかな。がんばって高級住宅街に住みはじめた一家。受験に失敗し荒れる娘。無関心な父。ストレスがもう限界点の母。そんななか、向かいの家で殺人事件が起こる。謎解きというよりは、社会派ミステリ(※)です。宮部みゆきさんの名作『R.P.G.』とセットで読んで、現代の「家族」について考えてみるのも一興v

※ リアリティを大切にし、社会的な題材を描くミステリ。

 これ以上ない「大」どんでん返し


「出たぁ〜!」と、既読の方は叫んでいるかもしれません(笑)。ある山荘に集った男女。そこに逃走中の強盗が侵入。そして殺人事件が発生。だが、犯人は強盗ではない”誰か”だ。緊迫するシチュエーションで、イッキ読み必至。結末については、ここでは多くを語りません。真相は、あなた自身の手で検索……ではなく、読んでたしかめてみて!

 脱出ゲーム&株トレード


以前の記事(面白いライトノベル見つけました――土橋真二郎『扉の外』)では、『扉の外』を紹介しましたが、今回はツァラトゥストラ。シチュエーション・サスペンスの面白さは本作でも健在。第1巻は脱出ゲーム&仮想通貨を使った株トレードです。心理描写も濃厚。「LIAR GAME」や「カイジ」っぽい雰囲気のあるライトノベルです。↓2巻以降もさまざまな”囚人ゲーム”が展開。





お口にあう本はございましたでしょうか?


ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a


【関連記事】

じつは読書案内? 『狼ゲーム』に出てくる定番推理小説10冊
最近読んだ本格ミステリ10冊〜ロジカル思考力をバキバキ鍛えるために
【ミステリ】読み始めたら止まらない徹夜本10冊【SF】
面白いライトノベル見つけました――土橋真二郎『扉の外』
【名探偵】ミステリの古典的名作30冊【名推理】
【ロジック】新本格ミステリの名作100冊【プロット】
徹夜本見つけました――新堂冬樹『カリスマ』〜あわせて読みたい「カルト宗教」本







posted by akika at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

最近読んだ本格ミステリ10冊〜ロジカル思考力をバキバキ鍛えるために

 
今日のなぞなぞ
「ロジカル思考力をバッキバキに鍛えるための本は?」

done1580718


美文も人間描写もいらない。
我々が求めているのは、ガッチガチでバッキバキな”論理”なのだ。


というわけで。
今日は最近私が乱読したなかから「本格ミステリ」10冊をぷちレビューしていきます。


本格ミステリとは……
謎とその論理的解決をなによりも重視する、ミステリの一ジャンル。
名探偵とか密室とかトリックとかが登場し、妙に幻想譚っぽい雰囲気を志向する、あれです。
エドガー・アラン・ポー『モルグ街の殺人事件』が始祖とされています。
本格推理小説。本格探偵小説。



以前の記事(【ミステリ】読み始めたら止まらない徹夜本10冊【SF】)でも紹介した、
徹夜本ばかりのジャンルです。


もちろん、エンターテイメントとして
ノンストップで読み進めるのも一興ですが。

あなたも”名探偵”になったつもりで「解決」を導き出してみて。
きっと、発想力や論理的思考力がバキバキ鍛えられることでしょう。


今日はバキバキな本格ミステリを10冊。
石持浅海さんが多め。ハマってます。

あなたのお口にあう本はございますでしょうか?


 名作ちゅうの名作


離陸前の飛行機をハイジャックした犯行グループ。彼らの要求は留置中の「師匠」を連れて来ること。しかし、機内では不可解な密室殺人事件が発生し……。名作中の名作なので、まだ読んでなければぜひ。以前の記事(徹夜本見つけました――新堂冬樹『カリスマ』〜あわせて読みたい「カルト宗教」本)で紹介したような、宗教的なモチーフが好きなひとにもオススメ♪ 名作につき、本書は問答無用で must buy! です。

 アームチェア・ディテクティブ


↑『月の扉』に登場した勇敢な青年「座間味くん」が、今度は安楽椅子探偵(※)役に。新宿のいろいろな居酒屋で、刑事とサシで飲み食いしながら事件を解決します。ロジックはけっこうアクロバティック。↓続編『玩具店の英雄』では、新キャラが登場し、サシ飲みから三人飲みになります。

※ 現場におもむくことなく、話を聴いて真相を推理する探偵。Armchair Detective(アームチェア・ディテクティブ)。



 ミステリ版「賢者の贈り物」


こちらも名作。殺した相手の頭部をバッグに忍ばせて、旧友の家をたずねた主人公。出迎えてくれたのは、子供と、三人の女性。ほのぼのとした会話のなかにある、騙しあい、茶番、心理戦を経て、物語は衝撃的な結論に向かう。ミステリ版「賢者の贈り物」(※)ともいうべき、素晴らしいプロットです。すごいから読んでみて!

※ O・ヘンリーの短編小説。ネタバレになるので、あらすじはヒミツです。



 本格の、大筋だけを詰めました


推理なんて、使用人に任せておけばいい。そんなエラソーな貴族探偵が事件を解決(?)します。本格ミステリの、大筋だけを取り出すとこうなる……かもしれない。帯で巽昌章さんが本書を「人形芝居を思わせる抽象性」と評していますが、言い得て妙。ロジックだけがごろん、と横たわっている印象です。人間は駒にすぎない。↓続編では、新米の女性探偵が、なぜか毎回貴族探偵を犯人だと指摘してしまう(笑)。


追記)
文庫化↓されました♪



追記2)
2017年4月、嵐の相葉雅紀さん主演でテレビドラマ化。

貴族探偵 | オフィシャルページ(フジテレビ)
http://www.fujitv.co.jp/kizoku/introduction/


 クローズド・サークル


誘拐失踪事件で我が子を失った親たちが、犯人と目されている資産家の「屋敷」に乗りこむ。それは新たな惨劇のはじまりだった。外界と断絶、外部犯の否定、疑いあう仲間たち……クローズド・サークル(※)特有の面白さをあますところなく発揮した本格ミステリ。

※ 吹雪の山荘、嵐の孤島など、交通や連絡が外部から遮断されたシチュエーション。

 えっち描写も伏線


犯人当てでもトリック当てでもなく、なんと……「タイトル当て」ミステリ。孤島で行われたオフ会で、失踪・殺人事件が起こります。これもクローズド・サークルもの。ちょっとえろいね。ただ、えっち描写でさえ「解決編」のための伏線だったりする、本格もの。ある意味トンデモ作品かもしれないけど、面白いです♪ ↓続編はこちら。



 ボーイ・ミーツ・奇人変人

月見月理解の探偵殺人 (GA文庫)
明月 千里
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 42,037

少年は少女と出逢う。そしてはじまるのは恋……ではなく、極限のかけひき、心理戦、推理戦。人狼ゲームふうの「探偵殺人ゲーム」。他人の隠しごとも遠慮なくがんがん見抜いていく、月見月理解のキャラクターがいいね。ライトノベルなので、ガチガチの本格というよりは”本格風”だけど、面白い。「カイジ」や「LIAR GAME」が好きならオススメ♪ ↓漫画版はこちら。






 超常現象を”論理的解決”


短編集です。アクロバティックな論理が楽しい。表題「三階に止まる」は、ホラー風味です。人が乗ると必ず一度、三階に停止してしまうエレベーター。なぜなのか!? 超常現象にまで、しっかりと論理的推理を通す、本格ホラー。観覧車のなかで罪の追及とプロポーズを同時にしてしまう「宙の鳥籠」も、文字どおりアクロバット。

 へんたて!


以前の記事(【ミステリ】読み始めたら止まらない徹夜本10冊【SF】)で紹介した綾辻行人さんの「館シリーズ」を例に出すまでもなく、本格ミステリファンは、”建物”への尽きない興味を持っていることでしょう。本書は、ヘンナタテモノをめぐる青春ミステリです。密室ものなどもあるけれど、推理というよりは建物自体の異形さを楽しむ本。おかしすぎる建築物に、ワクワクがとまらないv

 本格ホラーと本格ミステリの融合


以前の記事(【ミステリ】読み始めたら止まらない徹夜本10冊【SF】)で紹介した「如きシリーズ(刀城言耶シリーズ)」の第五弾。本格ミステリと本格ホラーが完全なる融合をはたした、すごいシリーズです。エラリィ・クイーン+スティーブン・キング×和風……みたいな。
こっくりさんをモチーフにした表題作「密室の如き籠るもの」が秀逸。闇のなかでの交霊シーン、ぞくぞくします。↓シリーズ全作品、素晴らしいです。

『厭魅の如き憑くもの』
『凶鳥の如き忌むもの』
『首無の如き祟るもの』
『山魔の如き嗤うもの』
『密室の如き籠るもの』
『水魑の如き沈むもの』
『生霊の如き重るもの』
『幽女の如き怨むもの』




お口にあう本はございましたでしょうか?


ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a



【関連記事】

じつは読書案内? 『狼ゲーム』に出てくる定番推理小説10冊
【ミステリ】読み始めたら止まらない徹夜本10冊【SF】
徹夜本見つけました――新堂冬樹『カリスマ』〜あわせて読みたい「カルト宗教」本
【名探偵】ミステリの古典的名作30冊【名推理】
【ロジック】新本格ミステリの名作100冊【プロット】
最近読んだミステリ10冊〜本格から社会派まで〜
最近読んだ「考える力を鍛える」本10冊








posted by akika at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

最近読んだ「うさたま」10冊(中村うさぎ×倉田真由美)

 
今日のなぞなぞ
「うさたま……とは?」

1580733done


うさぎ……ぃます……。

というわけで、今日は
最近私が乱読した”うさたま”10冊をぷちレビューしていきます。


うさたまとは……
以前の記事(マツコ・デラックスの文章がおいしくて、中村うさぎの自分探しが身につまされる1冊〜吾妻ひでお・菜摘ひかるについて)で紹介した作家・中村うさぎさんと、
漫画家・倉田真由美さんのふたりのこと。

くらたまさんは『だめんず・うぉ〜か〜』でも有名ですね。




恋愛や人生の本音、その裏の裏までを語りつくす
魅力的なエッセイの書き手
たち。

もちろんライトで読みやすい作品ばかりですが、
なかには「愛」や「死」などをテーマに据えている文章も。


かるい気持ちで読みはじめたら、
想いのほか、ふかく考えさせられてしまった。

……そんな秋の夜長の読書タイムをお約束するラインナップですv

あなたのお口にあう本はございますでしょうか?


 マーケティングのおともにも

うさたまの霊長類オンナ科図鑑
中村 うさぎ 倉田 真由美
角川書店
売り上げランキング: 587,059

世に生きるすべての女子を「分類」する、まさに”図鑑”です。「ヨゴレ自慢女」「私が悪いの女」……など、生態系は多種多様。ある意味、”あるある本”なのですが、女性をターゲットに商品・サービスを開発をしているあなたなら、マーケティングの参考にも使えるかも。くらたまさんのゆるいイラストがかわいいv

 「愛」とは……


小説です。これはすごい。オススメです。ホストクラブをめぐるお話が、男女両方の視点で描かれているのですが、とくにカリスマホスト・リョウの視点で語られるパートが読み応えがあります。お金によって与えられる「愛」に、私はアガペー(※)を感じた。それはもはや、真実の愛と区別がつかないかもしれない。

※  神の無限の愛。無償の愛。

 らぶちゅう


倉田真由美さんの恋愛エッセイ&イラスト。ファッション誌「anan」の連載の書籍化です。霊長類くらたま科の求愛日誌。「わかる、わかる」と何度も口にしてしまいそう。

 らぶらぶちゅう


↑の続編。恋愛研究家のくらたまさんが先陣を切って、いろいろ想い悩んでくれているので、なんだか心強いね。ゆるいイラストがかわいいですv

 ド根性、アンチエイジング!


ありとあらゆる手段を講じて、”歳をとること”に抗う中村うさぎさん。その魂の叫びがひとつひつとの文章ににじむ。本領発揮ともいえるエッセイです。でも、以前の記事(マツコ・デラックスの文章がおいしくて、中村うさぎの自分探しが身につまされる1冊〜吾妻ひでお・菜摘ひかるについて)でお話したように、じぶんをとても客観視して戯画化する書き手なので、呑みこまれることなく読めます。

 旦那さんはゲイです


夫を泣かせてまで、デリヘルの世界に踏みこんだ中村うさぎさん。これは、その頃のエッセイです。ちなみに、旦那さんは同性愛者。しかも外国人。日本の永住権を得るため、ふたりは結婚しました。

 カーストの垣根を越えて


この言い方がふさわしいかわからないけれど……「ギャル×オタク」の対談。もちろんふたりともとっくに学校は卒業しているけれど、スクールカースト垣根を越えて、おしゃべりしている雰囲気です。以前の記事(ネットいじめ、スクールカースト、キャラ戦争)でお話したとおり、カーストなんて「地形効果」が変わればすぐに霧散する。じじつ、本書のふたりはどことなく通じあっている感じがありますv

 とまべちっ!


科学者・苫米地英人先生と中村うさぎさんの対談です。苫米地先生が、オカルトや都市伝説にも漸近するような理論を大真面目に語り、中村うさぎさんがどこかうさんくさそうに博士を眺める……そんな構図。とまべちっ!

 毒舌ゴシップたいむ!


中村うさぎさんの毒舌が、芸能人や政治家を斬りまくります。悪口とは、こう書くのだというお手本^^; 面白い……けれど、今読むとネタがずいぶん古いね(笑)。夕刊フジに連載されていたものをまとめた1冊です。続編は↓こちら。



 「生」と「死」


以前の記事(マツコ・デラックスの文章がおいしくて、中村うさぎの自分探しが身につまされる1冊〜吾妻ひでお・菜摘ひかるについて)で紹介した本の終盤では、中村うさぎさんが倒れてしまい、マツコさんとの往復書簡が一時途絶えるというアクシデントがありました。本書は、その頃のエッセイ。

心肺停止状態から復活をはたした、病床日記……かと思いきや、ぜんぜんそんなノリではなく、相変わらずの語り口で社会を批評したり、ひたすら「ドラクエ10」をやっていたりします(笑)。生きるとは、たとえ死の淵にあってもひたすら自分の道を歩んでいくことなのかなぁ……とか、考えさせられたりさせられなかったり。

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ
スクウェア・エニックス (2014-08-07)
売り上げランキング: 45





お口にあう本はございましたでしょうか?


ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか



【関連記事】

マツコ・デラックスの文章がおいしくて、中村うさぎの自分探しが身につまされる1冊〜吾妻ひでお・菜摘ひかるについて
ネットいじめ、スクールカースト、キャラ戦争
【泣ける】女性作家が描く切ない恋愛小説10冊【沁みる】
最近読んだ純文学(J文学・L文学)10冊〜青山七恵さんの”ぼっち文学”について







posted by akika at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログパーツ アクセスランキング