2016年09月18日

【徹夜本】地下東京に広がる腐海――貴志祐介『新世界より』の社会システムと生態系がすごい

 
今日のなぞなぞ
「生態系と社会システムがユニークすぎるジャンル分け不能の徹夜本は?」



不毛の大地・東京の地下。
古代の遺物であるメトロ網を食い散らかすように、無尽の洞窟が伸びている。


動物の生き血を求めるナメクジ。
細長い身体を光らせ、獲物の吸着を待ちわびるヒル。
うごめく影の正体は、集団で壁を這うダニの行進。

……そこは、独自の進化をとげた生物たちが織りなす「地獄」だ。


本書のクライマックスは、こんな地下東京を舞台にしています。



☆★☆





今日紹介するのは、『新世界より』

以前の記事(徹夜本見つけました――貴志祐介『悪の教典』〜あわせて読みたい「倒叙ミステリ」)にひき続き、貴志祐介さんの徹夜本です。


『悪の教典』は文句なしのノンストップ・サスペンスでしたが、『新世界より』は一筋縄ではいかない。
なんというジャンルに分類したらいいのかわからない作品です。

たいていの本は、ちょっと手に取れば
本読みの勘で「こんな内容なんだろうな〜」というのがだいたいわかるものだけど。

本書は、さらっとページをめくってみても、
帯のコピーを見てみても、どんなジャンルなのか予想がつきませんでした。
それどころか、実際読みはじめてもどんな展開になっていくのかが見通せないのが凄いです。



舞台は、未来の日本。
人類は科学を手放し、”村”単位の原始的な生活を送っている。
でも、人間はみな「呪力」をあやつる術を身につけている。

主人公は魔法学校ならぬ呪力学校みたいなところに通ってるのね。
人は攻撃的な感情が持てないよう遺伝子操作されているから、
とても平和で。ストレスフリーな社会なんだけど。
ひとつの掟があって。


八丁標(はっちょうじめ)の外に出てはならない……。


少年少女は未開の地を冒険するうちに、
「大人達が隠しているもの」の正体に気づいていく……。



☆★☆





伝奇っぽいといえば伝奇っぽい。
冒険・青春小説でもあり、ファンタジーといえばファンタジーなんだけど。
ミノシロモドキという異形の生物が「古代の図書館のデータ端末」になっていたり、
いろいろな生態系や進化の具合が細かく説明されていたり、SFらしさもある。
独自の社会システムもよくわかるように描かれていて、


ほんと、
なんて言ったら言いんだろうね。

「名づけようのないエンターテイメント小説」

としか言えません。


主人公たちは、おおげさではなくどのページでも危険にさらされています。
深呼吸する暇もない。息を切らしながらページをめくってしまう、
極上のエンターテイメント
であるのは確かです。



でも
本書の魅力は、ユニークすぎる社会システムと生態系
これでもかというくらい濃厚に作られています。


攻撃性を芽生えさせぬよう、厳重に管理された教育システム。
ストレスを感じると、人は
ボノボ(ピグミーチンパンジー)のように互いに性的接触をして興奮を抑える。

アリのようにコロニーを作り、なわばり争いを繰り返すバケネズミ。
危険因子を排除するため、品種改良されたフジョウネコ……。


↑冒頭の地下東京の世界は、たとえるなら
「風の谷のナウシカ」の「腐海」みたいな感じかな。

さまざまに進化した異様な生物たちが
おそましくも美しい。


コウモリの糞を起点とする
ユニークな食物連鎖が成り立っていて面白いです。


あ、『蟲師』の世界とかが好きなひとにもオススメかも。

風の谷のナウシカ [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2014-07-16)
売り上げランキング: 368




↓アニメ化。漫画化もされているようです♪





☆★☆



……なんだかこれだけ書いても
本書の魅力の一割も伝えられてないような気が今日はします^^;


とにかく、

この濃厚な世界観にどっぷりひたってくださいね(笑)。




『新世界より』っていう本が
オススメだよぉ〜☆(*´∇`*)ミ☆



というお話でした。



ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか


【関連記事】

徹夜本見つけました――貴志祐介『悪の教典』〜あわせて読みたい「倒叙ミステリ」
『エンタテインメントの作り方』を読んでびっくりした話
【ミステリ】読み始めたら止まらない徹夜本10冊【SF】
【新しい脳】進化心理学を学びたい人のための11冊【究極要因】
徹夜本見つけました――新堂冬樹『カリスマ』〜あわせて読みたい「カルト宗教」本
【電子書籍】異世界ファンタジー『魔女と双子のポリティクス』をリリースしました







 
posted by akika at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

徹夜本見つけました――貴志祐介『悪の教典』〜あわせて読みたい「倒叙ミステリ」

 
今日のなぞなぞ
「鬼畜道を体験する方法は?」


さようなら常識人。
こんにちは鬼畜道。


……今日は、そんな感じの
読み始めたらとまらない徹夜本の紹介です♪


主人公は町田市にある高校の教師。
これがとってもよい先生で。
生徒たちが可愛がっていたワンコが保健所に連れていかれたとき、
みんなに黙って取り戻しに行っちゃうような、熱いセンセイ。


この優しい先生が”鬼畜”であることがすぐにあきらかになります(性的な意味でも)。

自分に都合の悪い人間を、あらゆる手段でおとしいれていく、外道者。



☆★☆



えっと。
いわゆる倒叙的なサスペンスなのね。
犯人(悪役)側の視点が描かれている、悪漢小説(ピカレスク)。

以前の記事(徹夜本見つけました――新堂冬樹『カリスマ』〜あわせて読みたい「カルト宗教」本)で紹介した『カリスマ』みたいな魅力があります。


先生の、鬼畜っぷりが
表から裏から丸見え



なの。
おぞましいくらいに。

不良学生を退学させるよう仕組んだり。
弱みをもつ同僚を脅して操ったり。

でも、その”裏”が見えていない周りの人たちは
先生を尊敬し、信頼のまなざしを向ける。


「いや、違うよ! みんな騙されてるんだってば!!!」

って叫びたくなる。
そのもどかしさが、ページをめくる手を早めていく……。



☆★☆



でね。
鬼畜先生側の視点で読んでるわけじゃん。

すると、先生に感情移入している自分に気づくんだよね。
”悪の計画”が土壇場でうまくまわらなかったり、
苦しい言い逃れをせざるを得ない状況になったりすると、

「いやもっといいやり方があるだろ、がんばれ!」と
外道を応援しはじめている自分に気づく。


倒叙ミステリの怖いところです。
探偵にエールを送りながら、一方で
犯人が”うまく逃れる”方にも期待してしまう……。



殺人シーンもあります。
かなり、壮絶な。

あなたは、鬼畜先生に感情移入しながら、
惨殺の場面を読む
ことになります。

うまくやりおおせるよう、応援しながら。
ターゲットをひとり残らず殺せるかどうか、ハラハラしながら……。


それは、もはや
シリアルキラーの疑似体験です。


さようなら。いままでの自分。
こんにちは。鬼畜に目覚めた、あらたな私……。




伊藤英明さん主演で、映画化もされています。
イッキ読み必至のピカレスク。
オススメです♪



悪の教典 DVD スタンダード・エディション
東宝 (2013-05-24)
売り上げランキング: 19,498



☆★☆


『悪の教典』は厳密な意味での倒叙ミステリではありませんが、
倒叙ものの魅力がぎゅっとつまった名作です♪

なので今日は「あわせて読みたい」倒叙ミステリをいくつかピックアップしてみますねv




以前の記事(最近読んだミステリ10冊〜本格から社会派まで〜)で紹介した、石持浅海さんのオーソドックスな倒叙。経営者らが集まる箱根のコテージ。主人公は、周到な計画で完全犯罪を成し遂げた。はずだったが……。ほかにも、石持浅海さんの小説には倒叙の名作が多いのでオススメv



隣人が犯してしまった罪をかばうため、天才数学者が知略をめぐらせる。倒叙ミステリですが、「どんなトリックを使ったのか」という点が伏せられて語られるので通常のミステリのハラハラ感もあります。東野圭吾さんもさまざまな趣向をこらした倒叙ものが魅力的な作家さんです。



漫画です。……というか、このブログはいったい何回『DEATH NOTE』を紹介すれば気がすむのかというくらいデスノ推しですね(笑)。倒叙ミステリの最高峰だと思っていますv 天才×天才の頭脳・心理戦に酔いしれろ!



以前の記事(【電子書籍】恋愛&ミステリ小説『闇に走れば』をアマゾンkindle、楽天koboでリリースしました)で紹介した、恋愛&ミステリです。過去の犯罪を暴こうとする友人が、幼なじみのふたりに「暗い選択」を迫る。……作者は私です。毎度のことながら、手前味噌&宣伝すみません^^; 電子書籍のみのリリースです。



そんなわけで。
今日は


『悪の教典』っていう本が
オススメだよぉ〜☆(*´∇`*)ミ☆



というお話でした。



ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか


追記)
貴志祐介さんの『新世界より』もレビューしました♪
『悪の教典』とは違うテイストだけど徹夜本!


【徹夜本】地下東京に広がる腐海――貴志祐介『新世界より』の社会システムと生態系がすごい




【関連記事】

徹夜本見つけました――新堂冬樹『カリスマ』〜あわせて読みたい「カルト宗教」本
最近読んだミステリ10冊〜本格から社会派まで〜
【電子書籍】恋愛&ミステリ小説『闇に走れば』をアマゾンkindle、楽天koboでリリースしました
【ミステリ】読み始めたら止まらない徹夜本10冊【SF】
最近読んだ本格ミステリ10冊〜ロジカル思考力をバキバキ鍛えるために
【徹夜本】地下東京に広がる腐海――貴志祐介『新世界より』の社会システムと生態系がすごい
『エンタテインメントの作り方』を読んでびっくりした話
【電子書籍】ソリッドシチュエーション・ミステリ『狼ゲーム』をリリースしました






posted by akika at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

最近読んだ「怪談・都市伝説」本5冊

 
今日のなぞなぞ
「怖い話を蒐集するための本は?」

1520770done


夏なので怖い話をしようと思う。

ある家の話。
ひとりっ子だったA君に、弟が産まれた。

はじめは弟をかわいがっていたA君。でも、しだいに
大好きなママを奪われるような気がして、弟のことが憎くなってくる。

A君は思いついた。
ママのおっぱいに毒を塗って、弟を殺害してしまおう。と。


ある夏の夜、
母への嫉妬に狂った兄の計画は実行された。


問題:次の日に死んでいたのは誰か?



答え:お隣のおじさん
(お父さん……と答えたあなたは、95点(笑))



……。
そんな小咄はさておき(笑)。


今日紹介するのは
怖い話都市伝説を集めた本。

猛暑ならぬ酷暑の夏、涼を求めて。
あるいは、
怪談研究家のあなたは、さらなるネタを仕入れるために。



とびっきりの5冊をど〜ぞ〜♪



 都市伝説、というメディア


いちばんのオススメは本書。有名無名な都市伝説の数々をピックアップし、その”ルーツ”をめぐる考察をくわえています。都市伝説のあやふやさ……「それは本当に起きた話なのか?」という謎を、過去の報道や聞きこみをとおして、可能なかぎりあぶりだしていく。海外の都市伝説との比較も。蒐集家も研究家にとっても読み応えのある1冊。続編↓も出ています。



 怪談、という地史


スナック、アパート、路地、横丁……。都会のすき間に漂う闇、実話怪談を集めている本書。新宿出身の著者らしく、「場所」や「都市」へのこだわりが強く感じられる筆づかいです。実話なのでしっかり”オチ”がないものも多く、不気味さが後をひきます。臨場感のある怪談が読みたいなら、この1冊。

 心霊写真、というアート


写真集……といっても、心霊写真集です。翻訳本なので、日本の写真はありません。キリストやマリア、天使がうつっていたり、日本の心霊写真の雰囲気とはだいぶ違う。古い、デジカメがない時代のフォトが多く、レトロアートの風情です。写真にそえられた解説はとっても理性的で、「これは偽物。トリックだ」と断言しているものも。


 UMA、UFO、オーパーツ


NHKの同番組の連動書籍です。UFO、ツチノコ、クリスタルスカル……。ジャンルを問わず、あらゆるオカルトの”現在”がまとめられています。否定せず、安易な肯定もしない、科学的な視点が◎。これからどんな”謎”があきらかになっていくのか、私も楽しみですv


 放送禁止、そして……


伝説のTV番組「放送禁止」。知っている人は知っている人と思いますが、私はあれを観たとき、飛びあがりました。フェイクドキュメンタリーだと知らずに観ていたので、画面のなかでいきなり人が死にはじめて鳥肌が……。映像的なトリック満載で、すごい作品です。

で、その「放送禁止」を手がけた長江俊和さんが、出版界に殴りこみ、”禁書”を出してしまった。どんでん返したっぷりの小説。期待を裏切ることなく、サスペンス、ミステリファン大満足の物語に。↓『出版禁止』とセットでど〜ぞ♪

……というか、「放送禁止」の方も、まだなら絶対観てみてください。TV版も劇場版も、本気でオススメします!










お口にあう本はございましたでしょうか?


ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a


【関連記事】

【超心理学】真冬に読みたいオカルト本10冊【ノンフィクション】
最近読んだ「世界観がダークな」本10冊
【失踪】人間が消える小説10冊【神隠し】







posted by akika at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

おおみそかに読みたい1冊〜今年もお世話になりました♪

 
今日のなぞなぞ
「おおみそかに読みたい本は?」




今年もお世話になりました。
みなさま、よいお年をお迎えください。


……というわけで、年の瀬の今日は
「おおみそかに読みたい1冊」を紹介します。


樋口一葉「大つごもり」



……。
そのまんまだな、ひねりなさい(笑)。



以前の記事(【電子書籍】アマゾンkindleで樋口一葉論(大つごもり、にごりえ、わかれ道)をリリースしました)でちらっと紹介した、
明治時代の文豪、一葉の小説です。


原文は擬古文調で、ちょっと難しい。
なので↑島田雅彦さんの現代語訳を推奨。
翻訳を読んだ、あるいはあらすじを知っている方は↓原文で味わうのがオススメです♪




☆★☆



「大つごもり」はタイトルのとおり、おおみそかのお話です。


主人公のお峰は、山村家というところでお手伝いさんとして働いている。
この山村家の奥さんが、めっちゃ厳しいひとで。
いっつもお峰につらくあたる
のね。
でもお峰は「正直は我身の守り」と、マジメに健気に働く。

というのも、お峰には三之助っていう義理の弟がいて。
貧しい弟一家を助けてあげたいという気持ちがとても強い。


さて、日は大勘定(年末の決算)迫る、おおみそか。

お峰は三之助一家に「二円」を入れてあげなくてはならない。
ところが、山村家の奥さんにすっとぼけられて、
頼んでいた「二円」の借金ができなくなってしまった。


どうする、お峰!


と、引きだしのなかに札束が。
誰にも見られていない……はずだ。


ほしいのは、ただ二円。


どうする、お峰!!!




こんな感じのあらすじ。
正直者のお峰は、はたして盗みをはたらいてしまうのか!?
(ちなみに明治時代の二円は、今の一万〜数万円くらいの価値です)


ラストにすごいどんでん返しがあります。
よくできているプロットで、私好みv



以前の記事(【電子書籍】アマゾンkindleで樋口一葉論(大つごもり、にごりえ、わかれ道)をリリースしました)では、
「大つごもり」と<女性の労働>をからめた論文を紹介しているので、
「大つごもり」が面白かった方は読んでみて!


☆★☆



それでは、みなさま
今年もありがとうございました。

来年も素敵な本にめぐり逢えるよう願いをこめて、


ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか


【関連記事】

【電子書籍】アマゾンkindleで樋口一葉論(大つごもり、にごりえ、わかれ道)をリリースしました
【泣ける】女性作家が描く切ない恋愛小説10冊【沁みる】
【語り手】文学理論を学びたい人のための15冊【テクスト論】
【jazz】ジャジーで昭和歌謡風なレトロ系ポップス10枚【rock】





加爾基 精液 栗ノ花
加爾基 精液 栗ノ花
posted with amazlet at 16.01.04
椎名林檎
EMIミュージックジャパン (2008-07-02)
売り上げランキング: 10,367

大吟醸
大吟醸
posted with amazlet at 16.01.04
中島みゆき
ポニーキャニオン (1996-03-21)
売り上げランキング: 6,434



 
posted by akika at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

この写真がすごい!〜写真を撮るなら”すごい”写真に学べ

 
今日のなぞなぞ
「”すごい”写真を撮るための本は?」





フォトグラファーのみなさま、こんばんは。
”すごい”写真、撮れてますか〜?


というわけで、今日は
すごい写真を撮るための2冊。


プロアマを問わず古今東西の”すごい”写真を収めたフォトエッセイです。
選者・文章は作家の大竹昭子さん。

アート性、メッセージ、構成、被写体……。

もうパラパラ眺めているだけで圧倒される写真ばかりなのですが、
本書の肝は


その写真が「なぜすごいのか」を言葉で説明していること。


たとえば↓こんな感じ。

なぜ裸の体にこのようなものをかぶっているのか、理由がわからないまま、少年の透明感に吸い寄せられる。
金属製のメッシュが、手が届きそうで届かない距離を感じさせる。
物憂い、それでいて意志を感じさせる伏し目がちな表情。
孤高の気配をもたらしているカゴのへこみ。


この女性の動作には、前後の時間が感じられない。
跳ぶ前も跳ぶ後もなく、この瞬間だけがいきなり到来したかのようだ。
(中略)
肉眼では見ることのできない形象ゆえに、瞬間冷凍に似た奇妙さが漂う。



写真とは、一瞬を切り取ることで
世界を「異化」させる表現形式
だ……と思います。

詩やアート、すべての芸術に通底する
言葉にならない”すごさ”。

とても感覚的な領域を
丁寧に言葉に置き換えていく試みに感服
しました。


写真を眺めているだけでも勉強になりますが、
しっかり言葉にしてその写真を味わうことで
「自分もたとえばこういう意図で撮ってみたらどうだろ〜」と試行錯誤できる。

すべてのフォトグラファーにオススメな良書です♪



☆★☆




でね。
ものすごく話が変わるのですが、
「ドラゴンクエスト 4コママンガ劇場」というシリーズがあってだな。

名前のとおり、
名作ロールプレイングゲーム「ドラゴンクエスト」をネタにした4コマ漫画です。

プロの漫画家さんの作品だけでなく、
読者の投稿作品を集めた「4コマクラブ」という企画もあって。
(↑とは別の本です)

これがすごく面白い。

もちろん、絵や構成なんかはプロ作家さんのほうが綺麗です。
でも、たくさんのアマチュア作品から厳選された「4コマクラブ」は
パンチ力があり、

はっきり言えばプロのものよりネタが光ってるんだよね。
(「4コマクラブ」出身でプロの漫画家になった方もいます)


ちなみに。
私はこれにせっせと投稿していました(笑)。



なにが言いたいかっていうと。

プロが魂を込めて作った1冊より、
厳選されたアマチュア作品を寄せ集めたほうが、力がある場合が多い。




本日紹介した『この写真がすごい』は、
「誰が撮ったか」ではなく「作品のすごさ」というただ1点で厳選された
コンピレーション
です。


ほんとうに、
すごい写真ばかり
です。



☆★☆



そんなこんなで、今日は


すごい写真をみて
いっぱい感性を磨こうよぉ〜☆(*´∇`*)ミ☆




というお話でした。


ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか


【関連記事】

最近読んだ「文字の少ない」本10冊〜右脳を活性化させるために
【深い】大人になったあなたが読みたい絵本10冊【美しい】
タグ:写真集






posted by akika at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログパーツ アクセスランキング