2012年12月15日

キミイチ――フェイスブックページで紹介していただきました

 
今日のなぞなぞ
「キミイチ! のあとに読む本は?」


以前の記事(キミイチ!〜一歩を踏み出すための魔法の合言葉)を、
「キミイチ」Facebookページで紹介していただきました。


「キミイチ」Facebookページ
http://www.facebook.com/kimiichi50



(↑フェイスブックにログインすれば見られます)




紹介していただいた記事は、

これから、僕の情熱を君たちに伝染(うつ)そう。


ではじまる、吉岡秀人先生の初の自己啓発書



のレビューです。
(「キミイチ」はこの本の公式ニックネーム)


「とても熱いご紹介をいただきました!」とおっしゃっていただきましたv
情熱の連鎖です(笑)。


まだの方は、読んでみてくださいね。


キミイチ!〜一歩を踏み出すための魔法の合言葉
http://poonyoponyo.seesaa.net/article/306923635.html



☆★☆



さて。
『キミイチ』を読んで

「そうだ、一歩踏み出そう」

という気持ちになりました。


じゃあ、その情熱を持ち続けるには、どうしたらいいか?


「吉岡先生の情熱を俺は受け継いだぞ、さあ行動あるのみだ!」
と、"今は"奮いたっているかもしれないけれど、
じつは、感情というのはとても消えやすい。


3日後に「まあいいやサボっちゃえ」とならないために、
今日は『キミイチ』の次に読むべき本を紹介します。


☆★☆





以前の記事(営業マンは笑うな――セールスマンが絶対に読んでおきたい3冊)でも出てきた石井裕之さんの著作です。
ベストセラーにもなった本なので、すでに読まれた方も多いかな。

心のブレーキ=「潜在意識の現状維持メカニズム」を外して
願いを実現する方法を解いた本です。
このなかに

2.なぜ、感情やヤル気は長続きしないのか

消えていく感情を定着させる唯一の方法


という章、節があります。


モチベーションを維持する方法。
ざっくりというと、それは……


ちいさくてもいいので、行動あるのみ


ということなのですが、
ここで簡潔にまとめてしまっても、石井さんの意図はぜんぜん伝わらないので^^;
できれば、読んでみてくださいなv


「潜在意識の世界では、何かひとつが飛び抜けて成長するということはあり得ない」
「潜在意識だって疲れてしまう」



など、意識の持ち方についてさまざまな真実があきらかになると思います。

ちなみに、本書にはおまけのCDがついています。
CDの内容も、「行動力」と「その維持」について。
オススメです♪


そんなこんなで。


「キミイチ」と「ブレーキ」
さぁ、2冊セットで must buy! だ!!







ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか



【関連記事】

キミイチ!〜一歩を踏み出すための魔法の合言葉
営業マンは笑うな――セールスマンが絶対に読んでおきたい3冊

【関連リンク】

「キミイチ」Facebookページ
http://www.facebook.com/kimiichi50

 
 
posted by akika at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | レビューのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

恋愛小説、みんなのオススメは?――大手サイト・NAVERまとめからリンクをいただきました

 
今日のなぞなぞ
「切ない恋愛小説、みんなのオススメは?」


005done.jpg


以前の記事(【泣ける】女性作家が描く切ない恋愛小説10冊【沁みる】)が、
大手サイト・NAVER(ネイバー)様の「まとめ」からリンクをいただきました! 感謝です。


切なくて胸がキュンとなる恋愛小説まとめ(NAVER まとめ)

(※ 現在リンク切れのようなので、URLを削除しました)



NAVERは、「探しあう検索」サイト。
韓国のNHN Corporationという会社が運営し、本国では最大手のポータルサイトだそうです。
日本版はネイバージャパンというNHNの子会社が運営しています。

このサイトの「まとめ」のコーナーでは、様々な執筆者がありとあらゆる情報を"まとめ"ています。
nanapi(ナナピ)と並んで、ネットサーファーたちの主要な情報源となっている大手サイトです。


この「NAVERまとめ」でmoumooさんという方が、「切ない恋愛小説をまとめて紹介しているサイト」をまとめられたのですが、(まとめのまとめ……ややこしや)
そのひとつとして、当ブログの記事(【泣ける】女性作家が描く切ない恋愛小説10冊【沁みる】)が紹介されました。
moumooさん、ほんとうにありがとうございました。



探しあう検索NAVER(ネイバー)
http://www.naver.jp/
nanapi [ナナピ] | みんなで作る暮らしのレシピ
http://nanapi.jp/




うちのブログ以外で取り上げられていたのは、↓以下のサイトです。
ちょこっとレビューしながら、紹介させていただきますね。(レビューのレビュー……ややこしや)



☆★☆


恋にご無沙汰な人のための、切なくて胸がキュンとなる恋愛小説(Yuri Miyazaki)(2Read)

(※ 現在リンク切れのようなので、URLを削除しました)

作品は違うけど、このブログでも取り上げた山田詠美さんと川上弘美さんの小説が挙がっています。
山本文緒さんは良い作品が多くて候補が絞れなかったので、うちでは紹介しなかった。(1作入れてもよかったかなぁ)
男性作家では、盛田隆二さん、市川拓司さんをピックアップ。
『博士の愛した数式』はたしかに名作♪

博士の愛した数式 (新潮文庫)
小川 洋子
新潮社
売り上げランキング: 3022


☆★☆


失恋から立ち直りたい時に読む本(ライフハックちゃんねる弐式)
http://lifehack2ch.livedoor.biz/archives/50968106.html


瀬戸内寂聴さんの随筆など、小説以外のものも挙がっています。
江国香織さん、唯川恵さんはやっぱり人気。
田山花袋の『蒲団』など、渋いセレクトも。
……『泣いた赤鬼』は盲点だった! 恋愛ではないけど、すっごく泣ける。

蒲団・一兵卒 (岩波文庫)
田山 花袋
岩波書店
売り上げランキング: 121485




☆★☆


恋愛モードになったときに読むドラマ小説(カーリル)
http://calil.jp/recipe/7964007


ミステリの道尾秀介さんがピックされていました♪
ドラマにもなった、万城目学さんの『鹿男あをによし』も。
意外性のあるリストかも。

鹿男あをによし (幻冬舎文庫)
万城目 学
幻冬舎
売り上げランキング: 17040


☆★☆


甘く切なく愛しい、お勧め恋愛小説ありますか?(みみずん検索)
http://mimizun.com/log/2ch/english/1012614753/


永遠の名作『アルジャーノンに花束を』が挙がっています。
海外作品多め。ハーレクインロマンスの話題も出ています。

アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)
ダニエル キイス
早川書房
売り上げランキング: 2046


☆★☆


フォロワーさんおすすめの恋愛小説とかまんがとか(Togetter)
http://togetter.com/li/87021


このブログでも挙げた、島本理生さん、有川浩さん、山田詠美さんも入ってる。
『きみはペット』や源氏物語が原作の『あさきゆめみし』など、懐かしのマンガも。
人気の西加奈子さんや乙一さんも挙がっているし、ハズレのないリストかもしれません。



あさきゆめみし 美麗ケース入り 全7巻文庫セット
大和 和紀
講談社
売り上げランキング: 3515


☆★☆


恋愛小説(純愛)(オンライン小説投稿SNS「ノベリスト.jp」)
http://novelist.jp/category.php?cat_id=40


出版されている本ではなく、ネット小説。
サイトに投稿されたアマチュアによる恋愛小説のリストです。
名作もあるかも!?

☆★☆


心が温かくなる恋愛小説教えろ(デスクトップ2ch)


(※ 現在リンク切れのようなので、URLを削除しました)

ライトノベル系が多くピックされています。
有川浩さん、強し。
このブログでは<番外編>で紹介した『イニシエーション・ラブ』も。
……知る人ぞ知る『エレGY』が挙がってる!!

イニシエーション・ラブ (文春文庫)
乾 くるみ
文藝春秋
売り上げランキング: 3189


エレGY (講談社BOX)
エレGY (講談社BOX)
posted with amazlet at 12.01.12
泉 和良
講談社
売り上げランキング: 267975


☆★☆


高校三年生です。恋愛小説が読みたいです(携帯小説以外でお願いします><)……(Yahoo!知恵袋)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1239968862


当ブログでも1位だった『ナラタージュ』がベストアンサーに。
不朽の名作です♪

ナラタージュ (角川文庫)
島本 理生
角川書店
売り上げランキング: 114061


☆★☆


青春・恋愛小説おすすめランキング(春夏秋冬ブックサプリ)


(※ 現在リンク切れのようなので、URLを削除しました)

サイトの左側に恋愛小説のランキングがあります。
20位内のうち、『ナラタージュ』『センセイの鞄』『放課後の音符』は当ブログでも紹介した本です。
素敵な恋愛をしたいとき、など気分にあわせた本を紹介するカテゴリもあります。
良質な書評ブログ♪

センセイの鞄 (文春文庫)
川上 弘美
文藝春秋
売り上げランキング: 41526


放課後の音符(キイノート) (新潮文庫)
山田 詠美
新潮社
売り上げランキング: 149963


☆★☆


お勧めの恋愛小説教えて!!(デスクトップ2ch)


(※ 現在リンク切れのようなので、URLを削除しました)

川上弘美さん、村山由佳さん、有川浩さん、市川拓司さん、吉田修一さんなどが人気。
携帯小説アリ、純文学アリ、海外作品も。
さりげなく挙がっている『タイム・リープ』ですが、とっても面白い小説です。
ただし、恋愛小説としてでなくタイムスリップものとして。徹夜本!

タイム・リープ―あしたはきのう (上) (電撃文庫 (0146))
高畑 京一郎
メディアワークス
売り上げランキング: 17870


タイム・リープ―あしたはきのう (下) (電撃文庫 (0147))
高畑 京一郎
メディアワークス
売り上げランキング: 17429


☆★☆


恋愛小説の洋書(和訳)が読みたいです(教えて!goo)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5522595.html


K.C.マキノンの『ハーヴェスト・ムーン』という作品が挙がっています。
私は未読。

ハーヴェスト・ムーンハーヴェスト・ムーン
K.C. マキノン K.C. McKinnon

新潮社 1998-11
売り上げランキング : 1785875

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


☆★☆


皆でおすすめの本を紹介しよ‐★!! (キャスフィ)
http://www.casphy.com/bbs/test/read.cgi/lovenovel/1192624093/l50


携帯小説多め。
映画にもなった「恋空」は私も読みました。
そんななかで……樋口一葉の「たけくらべ」が入ってる!
一葉の「にごりえ」「わかれみち」「たけくらべ」はどれも切なすぎです(>_<)

恋空〈上〉―切ナイ恋物語
美嘉
スターツ出版
売り上げランキング: 148567


恋空〈下〉―切ナイ恋物語
美嘉
スターツ出版
売り上げランキング: 151441


たけくらべ 現代語訳・樋口一葉 (河出文庫)

河出書房新社
売り上げランキング: 68422


☆★☆


おすすめの恋愛小説を教えて下さい(楽天 みんなで解決!Q&A)
http://qanda.rakuten.ne.jp/qa6692094.html


ここでも『タイム・リープ』、『図書館戦争』シリーズ、『イニシエーション・ラブ』が出ていました。
質問者の意向に沿って、SFなど恋愛以外の要素がある作品が挙がっています。

図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)
有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-04-23)
売り上げランキング: 3721


☆★☆


女性向けのロマンチックな小説が読みたいので、オススメを教えて……(人力検索はてな)
http://q.hatena.ne.jp/1123777625


少女マンガ・少女小説路線。
ちょっと懐かしの作品が多い。
『時のかなたの恋人』の人気がとても高いです。

時のかなたの恋人 (新潮文庫)
ジュード デヴロー
新潮社
売り上げランキング: 171507


☆★☆



みなさんいろいろな本を推薦されていて、とっても面白いです♪
また、前とは違った切り口で恋愛小説を特集してみるのもいいなぁ、と思いました。
(以前の記事では男性作家や携帯小説はガン無視だったし^^;)


おすすめの作品などありましたら、教えてくださいね♪



あきか(@akika_a
 

【関連記事】

【泣ける】女性作家が描く切ない恋愛小説10冊【沁みる】
【恋愛】10代のうちに読んでおきたい小説10冊【青春】
最近読んだ純文学(J文学・L文学)10冊〜青山七恵さんの”ぼっち文学”について
【家事】頑張りすぎてるママのための育児本17冊【育児】





恋 (通常盤)
恋 (通常盤)
posted with amazlet at 17.02.13
星野 源
ビクターエンタテインメント (2016-10-05)
売り上げランキング: 75

 
posted by akika at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | レビューのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

「コピー力の基本」――川上徹也さんご本人のブログで紹介していただきました

 


以前の記事(「キャッチコピーの書き方」ガ脱イダラ、コウナッタ。)を、
川上徹也さんご本人のブログで紹介していただきました❗!



あられもない「キャッチコピーの書き方本」(カワテツの「出版プロモーションの裏側、全部見せます」)
http://ameblo.jp/kawatetu14/entry-11049330760.html





紹介していただいた記事は、川上徹也さんの著作



『キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック』(日本実業出版社)

のレビューです。


よかったら、読んでみてくださいね。

「キャッチコピーの書き方」ガ脱イダラ、コウナッタ。
http://poonyoponyo.seesaa.net/article/230041187.html





↑このエントリーで書いた


---------------------

この本でおれのクリエイティヴィティを見せつけてやる、
という気持ちをいっさい持っていない。


---------------------


という文言をとても喜んでくださって、引用されています。


実はここの部分、


「もし本人が目にしたら気ぃわるくしないかな〜」


とハラハラしながら載せた文章でした^^;
(まあ、この本は絶対"キャラを消す"ことを狙っているだろうという確信もあるにはあったんですが)

ホッと胸を撫でおろした次第です(笑)


---------------------

「わかってくれているな!」と思った

---------------------


とおっしゃってくださいました。
とてもうれしいです💓v




以前の記事(「20代が使うべき・使ってはいけない100の言葉」「20代〜100の言葉」――かんき出版のフェイスブックで紹介していただきました)でも、
レビューがレビューされ、それがまた紹介されて……ということがありましたが。

こういうやりとりは、ほんとに嬉しいです♪

ブログやっててよかった、と思える瞬間。



ちなみに。
「キャッチコピーの書き方」ガ脱イダラ、コウナッタ。 で紹介したほかの2冊


『コピーライティングのいろは匂へと―ワカバマークのライター君へ』脇田直枝(誠文堂新光社)
『広告コピーってこう書くんだ!読本』谷山雅計(宣伝会議)


は、「どちらも名著」だと川上さんもおっしゃっていました。



やっぱり……


3冊セットで must buy! だ‼!!



あきか



【関連記事】

キャッチコピーの書き方」ガ脱イダラ、コウナッタ。
20代が使うべき・使ってはいけない100の言葉
「20代〜100の言葉」――かんき出版のフェイスブックで紹介していただきました

【関連リンク】

あられもない「キャッチコピーの書き方本」(カワテツの「出版プロモーションの裏側、全部見せます」)
http://ameblo.jp/kawatetu14/entry-11049330760.html

【今日紹介した本】

『キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック』川上徹也(日本実業出版社)
amazon楽天
『コピーライティングのいろは匂へと―ワカバマークのライター君へ』脇田直枝(誠文堂新光社)amazon楽天
『広告コピーってこう書くんだ!読本』谷山雅計(宣伝会議)amazon楽天

posted by akika at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | レビューのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

「20代〜100の言葉」――かんき出版のフェイスブックで紹介していただきました

 
今日のなぞなぞ
「100の言葉、のあとに読む本は?」


以前の記事(「20代が使うべき・使ってはいけない100の言葉」)を、
かんき出版様のFacebookページで紹介していただきました☀。


千田琢哉氏ファンページ(かんき出版)
http://www.facebook.com/senda.kanki

(↑フェイスブックにログインすれば見られます)



紹介していただいた記事は、千田琢哉(せんだたくや)さんの著作

『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』千田琢哉(かんき出版)

『人生を最高に楽しむために20代で使ってはいけない100の言葉』千田琢哉(かんき出版)

のレビューです。

まだでしたら、読んでみてくださいね⤴。


20代が使うべき・使ってはいけない100の言葉
http://poonyoponyo.seesaa.net/article/223439711.html



 


ところで。
この「千田琢哉氏ファンページ(かんき出版)」では……なんと‼!

"20代が使ってはいけない100の言葉"が、現在ひとつずつ掲載されていってます。


---------------------

100NG words028
「(金曜の夕方になって)月曜の朝までで結構ですので。」
相手の時間を無意識に泥棒してはいないだろうか。気を遣っているふりをしながら、実は相手の時間を奪っていることに気づくとゾッとする。

---------------------

のように。


なんで!? そんな! 出版社が、売りたいはずの本の内容を無料公開しちゃっていいの⁉!?

って思った方は、このブログのいっこ前の記事(「書評ブログは矛盾している――フリービジネスとブログのあいまいな関係」)を参照してみてくださいな。

フリーで公開、はれっきとした販促活動だったりするんです。



ちなみに、このブログが紹介されているのは、
100NG words027 と 100NG words028 の間あたり。

「思わずうんうんとうなずいてしまうレビューでした」とおっしゃってもらいました。
嬉しいです🎵♪





それでは。
今日のなぞなぞの答えあわせ。


「100の言葉、のあとに読む本」は……





『千のプラトー―資本主義と分裂症』ジル ドゥルーズ、フェリックス ガタリ(河出書房新社)


ミルプラトー(mille plateaux)……1000の言葉(「プラトー」の原義は高原)。
ドゥルーズ&ガタリ。現代思想の雄です。


いっこ前の記事(「書評ブログは矛盾している――フリービジネスとブログのあいまいな関係」)でちょこっと触れた「ポストモダン」思想の代表作のひとつです。



なんで「ミルプラトー」を紹介したのかっていうと……。

「100の言葉」のあとは、千田!

……。

……すみません💦




この本では「リゾーム(地下茎)」という概念が提唱されていて、現代思想業界(?)ではとっても有名な著作なんですが……


正直いって、すごく難しい。


ずいぶん前に私も、わからないながら飛ばし飛ばし読んだんですが、


「ツリー(樹木)」……ひとつの権威(的なもの)の言説や思想におのれを絡めとられないで、
地下に根を張り、あらゆる現象から再帰的にじぶんを変容させていこうね♪


くらいのノリでしか理解してません^^;


たとえば、政治家や学者の言葉よりも、
好きなインディーズアーティストの歌のほうが、あらゆる意味で自分にとって大切だったりとか。


メディアを例にとれば、

テレビや映画で得た情報によってではなく、
ツイッター上で名もないフォロワーさんがつぶやいた言葉によって、私は生まれ変わりました! ……みたいな。



……あくまで個人的な理解です。

まあ、この本は「リゾーム」を実践するためにわざと論理立てずに(ときには支離滅裂なほど隠喩全開!)
書いているようなところもあるので、


論文としてじゃなく、「詩集」として読んじゃっていいんじゃないかな(笑)
ポエムだと思って読めば、それなにり感じるところもでてくるのが不思議。



とにかくっ。



「100の言葉」のあとは、千田!




あきか


【関連記事】
20代が使うべき・使ってはいけない100の言葉
書評ブログは矛盾している――フリービジネスとブログのあいまいな関係
【関連リンク】
千田琢哉氏ファンページ(かんき出版)

http://www.facebook.com/senda.kanki
【今日紹介した本】
『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』千田琢哉(かんき出版)
Amazon楽天
『人生を最高に楽しむために20代で使ってはいけない100の言葉』千田琢哉(かんき出版)Amazon楽天
『千のプラトー―資本主義と分裂症』ジル ドゥルーズ、フェリックス ガタリ(河出書房新社)Amazon楽天

posted by akika at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | レビューのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

節電ブーム、みんなの視点は?――朝日新聞社(WEBRONZA)からリンクをいただきました


今日のなぞなぞ
「ブロガーたちは”節電ブーム”をどう見ているか?」


まずはじめに。

8/21の記事(「節電ブームという『病』――"エコ格差"時代の幕開け」)が、
朝日新聞社のウェブサイト、WEBRONZA様からリンクをいただきました! 感謝です🎵。


「節電の夏」、なぜ軽くクリア? - 朝日新聞社(WEBRONZA)
http://webronza.asahi.com/science/2011082200002.html



WEBRONZAは、朝日新聞社が発行していたオピニオン誌「論座」のウェブ版といった感じです。
(雑誌は現在は休刊しています。リベラル系雑誌の代表、みたいな位置づけだったと思います)

「ウェブベースの新しい言説空間」として、「政治・国際」「経済・雇用」「社会・メディア」「科学・環境」など、
現在注目されているテーマについて名だたる執筆者たちによる解説や論考を日々配信しています(一部コンテンツは有料です)。


執筆陣による記事とはべつに、その話題に関連するニュースやブログを整理して掲載しているのですが、
「節電の夏」に"関連するブログ"のひとつとして、このブログの記事(「節電ブームという『病』――"エコ格差"時代の幕開け」)が紹介されていました。

WEBRONZA
http://webronza.asahi.com/



「節電の夏」、なぜ軽くクリア? のテーマでは、
朝日新聞・編集委員兼論説委員の竹内敬二さん、ソニーコンピュータサイエンス研究所取締役所長の北野宏明さん、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻教授の須藤靖さんなどが記事を執筆されています。



うちのブログ以外で、関連するブログとして紹介されていたのは、こんなエントリーです↓↓


今夏の節電と電力・エネルギー政策(移ろいゆく日々気にとめたことを忘れぬうちに)
http://blog.goo.ne.jp/naxnishi/e/5a1afe2bdf8647f95456714e20fa3ad6

本当は節電効果がない6つのこと【無駄】(NAVERまとめ)
http://matome.naver.jp/odai/2130959723991300001

原発と新エネルギー政策の論点整理 −戦略的最適解を明示せよ−(仮)(佐藤総研@政治経済外交軍事歴史文化芸術芸能森羅万象)
http://blog.livedoor.jp/ksato123/archives/52748107.html

原発運転停止を巡る「夏の電力不足キャンペーン」の大ウソ 〜東京新聞が社説にて糾弾〜(暗黒夜考〜崩壊しつつある日本を考える〜)
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/d61fa1d5352ed222be71be793161d94d




ちょこっとレビュー。


「移ろいゆく日々気にとめたことを忘れぬうちに」では、

余剰の東電電力が関電に供給されるという動きを取り上げ、
法規制(大口需要者に対する節電要請)により浮いた電力を高値で売るとはなんたることか! と電力会社をバッサリと斬っています。

さらに。
現在、「東電管内はIPP(卸電力事業)や自家発の火力発電がフル稼働」して電気を発生させ、電力を融通しあっていることから、
この夏の節電ブームが逆に、温室効果ガスの発生量を増やす結果につながっている可能性を指摘しています。鋭い視点です。


「NAVERまとめ」では、

冷蔵庫のカーテンや、サマータイム制度、打ち水など、
節電のために行っていた工夫なのに、かえって逆効果 な事例を紹介しています。
思いこみってこわいですね^^;


「佐藤総研@政治経済外交軍事歴史文化芸術芸能森羅万象」では、

日本の電力・エネルギー政策について、考えなければならないことを整理しています。
再生可能エネルギーとCO2削減等の環境問題は、表裏一体だが、微妙にズレている、ことも指摘。
ほんとうに。エコとエネルギー問題はちゃんと分けて見ないといけないですよね。


「暗黒夜考〜崩壊しつつある日本を考える〜」では、

東京新聞の社説を引用して、この夏の節電キャンペーンがデタラメだらけであることを解き明かしています。
脱原発の声が高まらないために、賠償金確保が目的の電気料金値上げのために、省エネ需要喚起のために、
政府と電力会社が一体となって、嘘っこの「電力不足」を訴えている……。
私としては政府や電気屋をあんまり悪者にしたくはないのですが^^;、この記事を読んで、ちょっと鳥肌がたちました。




う〜ん。
みなさん、いろんな視点でこの夏の節電ブームを見てらっしゃるんですね。
勉強になります💓


あきか(@akika_a


【関連記事】

節電ブームという『病』――"エコ格差"時代の幕開け
【私的メモ】事実より勘違いの方が広まりやすいという実例「地球温暖化をめぐる10の誤解」

【関連リンク】

「節電の夏」、なぜ軽くクリア? - 朝日新聞社(WEBRONZA)
WEBRONZA
今夏の節電と電力・エネルギー政策(移ろいゆく日々気にとめたことを忘れぬうちに)
本当は節電効果がない6つのこと【無駄】(NAVERまとめ)
原発と新エネルギー政策の論点整理 −戦略的最適解を明示せよ−(仮)(佐藤総研@政治経済外交軍事歴史文化芸術芸能森羅万象)
原発運転停止を巡る「夏の電力不足キャンペーン」の大ウソ 〜東京新聞が社説にて糾弾〜(暗黒夜考〜崩壊しつつある日本を考える〜)




ダーウィンの悪夢 デラックス版 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2007-07-06)
売り上げランキング: 15,367

不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2007-07-06)
売り上げランキング: 11,991

posted by akika at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | レビューのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログパーツ アクセスランキング