2022年12月01日

(2022)今年の年間ベストセラー本20冊(1位は80歳の壁、2位は人は話し方が9割)



出版取次会社の日本出版販売(日販)およびトーハンは12月1日(2022年)、「今年日本でもっとも売れた本」を発表しました。
(日販調べの年間ベストセラー(総合)のトップ20を記事末尾↓にまとめます)




 年間1位は『80歳の壁』


年間ベストセラーは日販調べ・トーハン調べともに、

『80歳の壁』

でした。
寝たきりや要介護という「壁」を乗り越え、80歳以降も元気に過ごすことを提唱する新書。
ワイドショーで紹介されたことで話題を呼び、年間1位に輝きました。


2位は、日販では『人は話し方が9割』
トーハンでは『WORLD SEIKYO vol.2』『WORLD SEIKYO vol.3』

前者は、昨年の年間ベストセラーや今年上半期のチャートでも1位に輝いた、コミュニケーションスキルの本。
後者は、聖教新聞社の宗教出版です。

関連記事:
(2021)今年の年間ベストセラー本20冊(1位は人は話し方が9割、2位はスマホ脳)
上半期(2022年)のベストセラー本は『人は話し方が9割』๐・°(৹˃ᗝ˂৹)°・90%๐






3位は、日販では『ジェイソン流お金の増やし方』。厚切りジェイソンさんによるマネーリテラシー本。
トーハンでは『同志少女よ、敵を撃て』。本屋大賞受賞作品です。




4位以降も『20代で得た知見』や、コムドット・やまとさんの『聖域』など話題の本がチャートイン。
「パンどろぼう」「だるまさんが」等、子供向けの人気シリーズも顔をみせています。


全体の結果を受けて、日販は……

モノやサービスの価格が高騰していることや世界情勢などを背景に、自身の生活に影響が出ている状況が続いている。そうした状況を反映してか、今回の年間ベストセラーでは、自身の未来に訪れる「老後」、自分らしい「生き方」、そしてそれらを支える「お金」といった、より生活に身近なテーマに関連する作品が関心を集め、多くランクインした。



と分析しています。
インフレや世界情勢の変化は今年だけで終わるものではないので、この傾向は今後のチャートにも影響を及ぼすかもしれません。



テレビのニュースや新聞で目にする「年間ベストセラー」の情報ソースは、出版取次会社の日販やトーハンのニュースリリースです。
以前の記事(今年もっとも売れた本〜年間ベストセラーの調べ方)でもお話ししたとおり、日販やトーハンのサイトで確認できます。
ジャンル別のランキングなどもあるので、ぜひ”一次情報”にもふれてみてくださいね♪

日本出版販売株式会社
http://www.nippan.co.jp/
TOHAN website
http://www.tohan.jp/



それでは2022年の「年間ベストセラー」20冊をど〜ぞ♪

 2022年の年間ベストセラー


(日販調べ。「全集」「文庫」「コミック」を除く総合ランキング。集計期間=2021年11月22日〜2022年11月21日)

1位

2位

3位

4位

5位

6位

7位


8位

9位

10位

11位

12位

13位

14位

15位

16位

17位

18位

19位

20位



ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪

あきか(@akika_a

【関連記事】

上半期(2022年)のベストセラー本は『人は話し方が9割』๐・°(৹˃ᗝ˂৹)°・90%๐
(2021)今年の年間ベストセラー本20冊(1位は人は話し方が9割、2位はスマホ脳)
(2020)今年の年間ベストセラー本20冊(1、2位は鬼滅、3位はどうぶつの森)
(2019)今年の年間ベストセラー本20冊(1位は希林、2位はおしり)
(2018)今年の年間ベストセラー本20冊
(2017)今年もっとも売れた本〜2017年の年間ベストセラー(ニッパン調べ)
(2016)今年もっとも売れた本〜2016年の年間ベストセラー(ニッパン調べ)
今年もっとも売れた本〜年間ベストセラーの調べ方

【関連リンク】

日本出版販売株式会社
http://www.nippan.co.jp/
TOHAN website
http://www.tohan.jp/
芥川龍之介賞(公益財団法人日本文学振興会)
http://www.bunshun.co.jp/shinkoukai/award/akutagawa/
直木三十五賞(公益財団法人日本文学振興会)
http://www.bunshun.co.jp/shinkoukai/award/naoki/
本屋大賞
http://www.hontai.or.jp/





【関連する記事】
posted by 姉崎あきか at 14:08 | TrackBack(0) | ベストセラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング