2019年07月31日

今月(2019年7月)もっとも売れた本は『もっと ざんねんないきもの事典』くコ:彡


今日のなぞなぞ
「2019年7月の月間ベストセラーは?」



7月31日(2019年)、「今月日本でもっとも売れた本」が発表されました。

去年(2018年)の年間ベストセラーは↓こちら。
(2018)今年の年間ベストセラー本20冊
先月(2019年6月)のランキングは↓こちら。
今月(2019年6月)もっとも売れた本は『樹木希林のことば』(返り咲きΣ(・ω・ノ)ノ)
最新のランキングは↓こちら。
カテゴリ:ベストセラー




 『もっと ざんねんないきもの事典』が新着1位


出版取次会社の日本出版販売(日販)によると、
7月のベストセラーは、『おもしろい! 進化のふしぎ もっとざんねんないきもの事典』

先月まで激しい首位争いをしていた『おしりたんてい かいとうと ねらわれた はなよめ』『一切なりゆき 樹木希林のことば』をさしおいて、「ざんねんないきもの」シリーズの新作がトップ。

今月は絵本や児童文学が多くエントリしています。夏休みv


関連記事:
【深い】大人になったあなたが読みたい絵本10冊【美しい】


総合部門の月間ベストセラートップ10は以下のとおり。

 2019年7月の月間ベストセラー 総合

(日販調べ。「全集」「文庫」「ゲーム攻略本」を除く総合ランキング。7月31日時点)

1位
『おもしろい! 進化のふしぎ もっとざんねんないきもの事典』今泉忠明
2位
『一切なりゆき 樹木希林のことば』樹木希林
3位
『ノーサイド・ゲーム』池井戸潤
4位
『希望の糸』東野圭吾
5位
『おしりたんてい かいとうと ねらわれた はなよめ』トロル
6位
『かみさまにあいたい』当原珠樹
7位
『ころべばいいのに』ヨシタケシンスケ
8位
『かいけつゾロリ うちゅう大さくせん』原ゆたか
9位
『魔女ののろいアメ』草野あきこ
10位
『おしりたんてい カレーなる じけん』トロル




 第161回芥川賞・直木賞受賞作が決定



7月17日、築地の新喜楽でおこなわれた選考委員会で第161回芥川賞・直木賞の受賞作が決まりました。
芥川賞は今村夏子さんの『むらさきのスカートの女』
直木賞は大島真寿美さんの『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』が受賞しています。

今月のフィクション部門のチャートでは、『むらさきのスカートの女』が第10位にランクインしています。

また、4月9日に発表された「2019年本屋大賞」関連では、大賞に輝いた瀬尾まいこさん『そして、バトンは渡された』が、同部門4位に顔をみせています。

----------
第161回芥川龍之介賞候補作品

(受賞!)今村夏子『むらさきのスカートの女』「小説 TRIPPER (トリッパー) 2019年春号」に掲載)
高山羽根子『カム・ギャザー・ラウンド・ピープル』「すばる 2019年5月号」に掲載)
古市憲寿『百の夜は跳ねて』「新潮 2019年6月号」に掲載)
古川真人『ラッコの家』「文學界 2019年1月号」に掲載)
李琴峰『五つ数えれば三日月が』「文學界2019 年6月号」に掲載)

芥川龍之介賞(公益財団法人日本文学振興会)
http://www.bunshun.co.jp/shinkoukai/award/akutagawa/

----------
----------
第161回直木三十五賞候補作品

朝倉かすみ『平場の月』
(受賞!)大島真寿美『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』
窪美澄『トリニティ』
澤田瞳子『落花』
原田マハ『美しき愚かものたちのタブロー』
柚木麻子『マジカルグランマ』

直木三十五賞(公益財団法人日本文学振興会)
http://www.bunshun.co.jp/shinkoukai/award/naoki/

----------
----------
2019年本屋大賞

大賞
瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』
2位
小野寺史宜『ひと』
3位
深緑野分『ベルリンは晴れているか』
4位
森見登美彦『熱帯』
5位
平野啓一郎『ある男』
6位
木皿泉『さざなみのよる』
7位
三浦しをん『愛なき世界』
8位
知念実希人『ひとつむぎの手』
9位
芦沢央『火のないところに煙は』
10位
伊坂幸太郎『フーガはユーガ』

翻訳小説部門

1位
アンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件』
2位
トーン・テヘレン『きげんのいいリス』
3位
陸秋槎『元年春之祭』

本屋大賞
https://www.hontai.or.jp/

----------



 ビジネス書は『心。』が2位にニューエントリ



ビジネス書部門では、稲盛和夫さんの『心。』が新着2位。
”心のありかた”が人生を決める。ロング&ベスト&ミリオンセラーの『生き方』の続編のような位置づけです。


関連記事:
心の時代を生きるための本10冊


ビジネス書部門の月間ベストセラートップ10は以下のとおり。

 2019年7月の月間ベストセラー 単行本ビジネス
(日販調べ)

1位
『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング オーラ・ロスリングほか
2位
『心。』稲盛和夫
3位
『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』ロルフ・ドベリ
4位
『学びを結果に変えるアウトプット大全』樺沢紫苑
5位
『新聞という病』門田隆将
6位
『最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法』メンタリストDaiGo
7位
『あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる』堀江貴文
8位
『メモの魔力 -The Magic of Memos-』前田裕二
9位
『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』ヤニス・バルファキス 関美和訳
10位
『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』伊藤羊一





 フィクションは『ノーサイド・ゲーム』がトップをキープ



フィクション部門では、『ノーサイド・ゲーム』が、先月にひき続き1位をキープしています。池井戸潤さんの新作書下ろし小説です。
大泉洋さん主演で、今月からドラマの放映がはじまりました。序盤から熱い展開♪


関連記事:
『下町ロケット』は少年ジャンプで漫画化されると思う
【徹夜本】半沢直樹・下町ロケットの進化形――池井戸潤『七つの会議』のサスペンス効果がすごい



今月はベストセラー作家の新作ラッシュです。
東野圭吾さんや百田尚樹さん、伊坂幸太郎さん、畠中恵さん、宮部みゆきさんなどの新刊がニューエントリしています。


フィクション部門の月間ベストセラートップ10は以下のとおり。

 2019年7月の月間ベストセラー 単行本フィクション
(日販調べ)

1位
『ノーサイド・ゲーム』池井戸潤
2位
『希望の糸』東野圭吾
3位
『夏の騎士』百田尚樹
4位
『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ
5位
『クジラアタマの王様』伊坂幸太郎
6位
『蜘蛛ですが、なにか? 11』馬場翁
7位
『てんげんつう』畠中恵
8位
『さよならの儀式』宮部みゆき
9位
『俺、つしま 2』おぷうのきょうだい
10位
『むらさきのスカートの女』今村夏子






日販のサイト(http://www.nippan.co.jp/)で各ジャンルのトップ10が確認できます。この記事では取りあげていない「ノンフィクション」「実用」「文庫」「ゲーム攻略本」などのランキングも。
ぜひ”一次情報”にもあたってみてくださいね。



ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a


【関連記事】

(2018)今年の年間ベストセラー本20冊
今月(2019年6月)もっとも売れた本は『樹木希林のことば』(返り咲きΣ(・ω・ノ)ノ)
【深い】大人になったあなたが読みたい絵本10冊【美しい】
心の時代を生きるための本10冊
『下町ロケット』は少年ジャンプで漫画化されると思う
【徹夜本】半沢直樹・下町ロケットの進化形――池井戸潤『七つの会議』のサスペンス効果がすごい

【関連リンク】

日本出版販売株式会社
http://www.nippan.co.jp/
本屋大賞
https://www.hontai.or.jp/
芥川龍之介賞(公益財団法人日本文学振興会)
http://www.bunshun.co.jp/shinkoukai/award/akutagawa/
直木三十五賞(公益財団法人日本文学振興会)
http://www.bunshun.co.jp/shinkoukai/award/naoki/





【関連する記事】
posted by akika at 23:59| ベストセラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログパーツ アクセスランキング