2019年05月31日

今月(2019年5月)もっとも売れた本は『おしりたんてい かいとうとねらわれたはなよめ』(`・ω・´)


今日のなぞなぞ
「2019年5月の月間ベストセラーは?」



5月30日(2019年)、「今月日本でもっとも売れた本」が発表されました。
(日販調べの月間ベストセラー(総合・ビジネス・フィクション)を末尾の↓「付録」のコーナーにまとめます


去年(2018年)の年間ベストセラーは↓こちら。
(2018)今年の年間ベストセラー本20冊

先月(2019年4月)のランキングは↓こちら。
今月(2019年4月)もっとも売れた本は『樹木希林のことば』(4ヶ月連続Σ(・ω・ノ)ノ)

最新のランキングは↓こちら。
カテゴリ:ベストセラー


※ この記事は毎月末に更新している、ベストセラー本の「定点観測」です。ある分野を定期的に観測することで、ちいさな変化にいち早く気づくことができる。これはジャーナリストの池上彰さんも推奨している、未来予測の方法です(『見通す力』)。

もちろん売れている本がすべて良書とは限らない。ベストセラーリストを眺めながら、今の(今後の)”時代の空気”を一緒に感じてみましょ。というのが、このエントリの意図です。よかったら、何らかの「発見」を持ち帰っていってくださいねv





 『おしりたんてい』新作が1位の快挙



出版取次会社の日本出版販売(日販)によると、
5月のベストセラーは、『おしりたんてい かいとうと ねらわれた はなよめ』

新刊が出るたびにチャートに顔をみせていた常連シリーズが、ついに。
アニメの人気や書店での「なぞときイベント」の盛りあがりもあいまって、月間1位の快挙。
どんな事件もププッと解決いたします♪
令和最初のベストセラーは、『おしりたんてい』でした(`・ω・´)


ちなみに、今月の4位は同シリーズの新刊『おしりたんてい カレーなる じけん』です。
おしりたんていがヒットチャートを埋め尽くす日は近い。


関連記事:
【深い】大人になったあなたが読みたい絵本10冊【美しい】



4ヶ月連続でトップを走っていた樹木希林さんの『一切なりゆき 樹木希林のことば』は今月は2位。




3位は、4月9日に発表された「2019年本屋大賞」の受賞作、瀬尾まいこさん『そして、バトンは渡された』です。
また今月は、同大賞で2位に輝いた小野寺史宜さんの『ひと』が、フィクション部門の3位にニューエントリしています。



----------
2019年本屋大賞

大賞
瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』
2位
小野寺史宜『ひと』
3位
深緑野分『ベルリンは晴れているか』
4位
森見登美彦『熱帯』
5位
平野啓一郎『ある男』
6位
木皿泉『さざなみのよる』
7位
三浦しをん『愛なき世界』
8位
知念実希人『ひとつむぎの手』
9位
芦沢央『火のないところに煙は』
10位
伊坂幸太郎『フーガはユーガ』

翻訳小説部門

1位
アンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件』
2位
トーン・テヘレン『きげんのいいリス』
3位
陸秋槎『元年春之祭』

本屋大賞
https://www.hontai.or.jp/

----------

 ビジネス書は『父が娘に語る〜経済の話。』が3位



ビジネス書部門では、『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』が3位。
先月8位のニューエントリから大きくジャンプアップしました。

今月の新着は2冊です。
小池浩さん『借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんがあえて教えなかったトンデモナイこの世のカラクリ』が8位に。
堀江貴文さんの新刊『疑う力 「常識」の99%はウソである』が10位に新顔をみせています。





1位は先月と変わらず、SHOWROOMの前田裕二さんの『メモの魔力 The Magic of Memos』
2位も変わらず『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』

メンタリストDaiGoさんの『最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法』は4位です。

関連記事:
最近読んだ「好きを仕事に」する本10冊





 フィクションは『ひと』が2位に新着



フィクション部門では、前述のとおり本屋大賞関連の『ひと』が2位にニューエントリしています。
二十歳にして両親を失った「僕」の、めぐる”運命”の物語。

1位は本屋大賞受賞作の『そして、バトンは渡された』
本屋大賞、つよいね。
2位は西尾維新さんの「物語」シリーズ新作『余物語』

関連記事:
最近読んだ西尾維新5冊――メタフィクショナルな西尾試論



以前の記事(最近読んだライトノベル10冊〜恋愛・ミステリ・異世界〜)で紹介した「転スラ」の新刊『転生したらスライムだった件 14』は今月は8位。

9位は、記事(最近読んだ「幸せについて考える」本10冊〜三大幸福論を中心に〜)でレビューした『すぐ死ぬんだから』でした。







日販のサイト(http://www.nippan.co.jp/)で各ジャンルのトップ10が確認できます。この記事では取りあげていない「ノンフィクション部門」などのランキングも。
ぜひ”一次情報”にもあたってみてくださいね。


それでは、「付録」にて。
今月の総合・ビジネス・フィクションのベスト10をど〜ぞ〜♪


ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a


※ ↓付録の「〜位」の横の記号は、先月からの順位の変動をあらわします。
△ …… ランクアップ、= ……変わらず、▼ …… ランクダウン

【関連記事】

(2018)今年の年間ベストセラー本20冊
カテゴリ:ベストセラー
今月(2019年4月)もっとも売れた本は『樹木希林のことば』(4ヶ月連続Σ(・ω・ノ)ノ)
【深い】大人になったあなたが読みたい絵本10冊【美しい】
最近読んだ「好きを仕事に」する本10冊
最近読んだ西尾維新5冊――メタフィクショナルな西尾試論
最近読んだライトノベル10冊〜恋愛・ミステリ・異世界〜
最近読んだ「幸せについて考える」本10冊〜三大幸福論を中心に〜

【関連リンク】

日本出版販売株式会社
http://www.nippan.co.jp/
本屋大賞
https://www.hontai.or.jp/

【付録】


 2019年5月の月間ベストセラー 総合

(日販調べ。「全集」「文庫」「ゲーム攻略本」を除く総合ランキング。5月30日時点)

1位 △

2位 ▼

3位 =

4位 △

5位 △

6位 ▼

7位 △

8位 ▼

9位 △

10位 △


 2019年5月の月間ベストセラー 単行本ビジネス
(日販調べ)

1位 =
『メモの魔力 The Magic of Memos』
2位 =
『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』
3位 △

4位 ▼

5位 ▼

6位 =

7位 =

8位 △

9位 ▼

10位 △


 2019年5月の月間ベストセラー 単行本フィクション
(日販調べ)

1位 =
『そして、バトンは渡された』
2位 △

3位 △

4位 △

5位 △

6位 ▼

7位 △

8位 ▼

9位 ▼

10位 ▼
【関連する記事】
posted by akika at 22:40| ベストセラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログパーツ アクセスランキング