2017年09月29日

【定点観測】今月もっとも売れた本〜2017年9月の月間ベストセラーは『マスカレード・ナイト』

 
今日のなぞなぞ
「2017年9月の月間ベストセラーは?」



9月29日(2017年)、「今月日本でもっとも売れた本」が発表されました。
(日販調べの月間ベストセラー(総合・ビジネス・フィクション)を末尾の「付録」のコーナーにまとめます


昨年(2016年)の年間ベストセラーは↓こちら。
(2016)今年もっとも売れた本〜2016年の年間ベストセラー(ニッパン調べ)

先月(2017年8月)のランキングは↓こちら。
【定点観測】今月もっとも売れた本〜2017年8月の月間ベストセラーは『続ざんねんないきもの』




※ この記事は毎月末に更新している、ベストセラー本の「定点観測」です。ある分野を定期的に観測することで、ちいさな変化にいち早く気づくことができる。これはジャーナリストの池上彰さんも推奨している、未来予測の方法です(『見通す力』)。

もちろん売れている本がすべて良書とは限らない。ベストセラーリストをまじまじと眺めながら、今の(今後の)”時代の空気”を一緒に感じてみましょ。というのが、このエントリの意図です。よかったら、何らかの「発見」を持ち帰っていってくださいねv




+*+* *+*+* *+*+* *+*+* *+*+* *+*+* *+*+*

トップは『マスカレード』第三弾



出版取次会社の日本出版販売(日販)によると、
9月のベストセラーは、『マスカレード・ナイト』
ベストセラー作家、東野圭吾さんの新作ミステリです。
一流ホテルを舞台に展開する「マスカレード」シリーズの第三弾。

第一作は『マスカレード・ホテル』
第二弾は『マスカレード・イブ』ね。

今作もぶっちぎりの面白さで初登場1位に輝きました。
どの書店でも「祭りか!?」と思うくらい、ものすごい数が入荷されています。
東野圭吾さんはこのブログでも何度も著作を紹介しています♪


関連記事:
最近読んだミステリ10冊〜本格から社会派まで〜
最近読んだ「考える力を鍛える」本10冊
【ロジック】新本格ミステリの名作100冊【プロット】






7月19日に発表された芥川賞・直木賞の受賞作『影裏』『月の満ち欠け』、および本屋大賞と直木賞(第156回)をダブル受賞した『蜜蜂と遠雷』は、総合部門でもフィクション部門でもランキング圏外でした。次の話題作が待たれます。

----------
第157回芥川龍之介賞候補作品

今村夏子『星の子』
温又柔『真ん中の子どもたち』
(受賞!)沼田真佑『影裏』「文學界 2017年5月号」に収録)
古川真人『四時過ぎの船』


芥川龍之介賞(公益財団法人日本文学振興会)
http://www.bunshun.co.jp/shinkoukai/award/akutagawa/

----------
----------
第157回直木三十五賞候補作品

木下昌輝『敵の名は、宮本武蔵』
佐藤巖太郎『会津執権の栄誉』
(受賞!)佐藤正午『月の満ち欠け』
宮内悠介『あとは野となれ大和撫子』
柚木麻子『BUTTER』


直木三十五賞(公益財団法人日本文学振興会)
http://www.bunshun.co.jp/shinkoukai/award/naoki/

----------
----------
2017年本屋大賞

大賞 『蜜蜂と遠雷』恩田陸
2位 『みかづき』森絵都
3位 『罪の声』塩田武士
4位 『ツバキ文具店』小川糸
5位 『桜風堂ものがたり』村山早紀
6位 『暗幕のゲルニカ』原田 マハ
7位 『i(アイ)』西加奈子
8位 『夜行』森見登美彦
9位 『コンビニ人間』村田沙耶香
10位 『コーヒーが冷めないうちに』川口俊和

翻訳小説部門

『ハリネズミの願い』トーン・テレヘン著、長山さき訳
『すべての見えない光』アンソニー・ドーア著、藤井光訳
『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』ピ−タ−・トライアス著、中原尚哉訳
『熊と踊れ』アンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ著、ヘレンハルメ美穂 羽根由訳

発掘部門(過去の良作を「発掘本」として選定する部門)

『錯覚の科学』クリストファー・チャブリス、ダニエル・シモンズ著、木村 博江訳


本屋大賞
http://www.hontai.or.jp/

----------

+*+* *+*+* *+*+* *+*+* *+*+* *+*+* *+*+*

ビジネス書では『四季報業界地図』が2位




ビジネス書部門では、『「会社四季報」業界地図 2018年版』が初登場2位。
毎年かならずベストセラーリストに顔を出す常連さんです。
就活学生、がんばれ!


関連記事:
【就職活動】面接で落とされないためのたった1つの裏技
「もしドラ」の企画書をかいてみた〜就活学生のための企画書の書き方講座
いまどきの人材担当者が新卒学生に求める3つのポイント事情
『就活地獄』と『絶対内定』――就活本のススメ
就職力を養うための40冊――就活生と、こじらせ学生のための読書術



ところで。
「四季報」はじつは↓電子書籍(Kindle)版も上梓されています。
”持ち歩こうと思わなくても持ち歩ける”のはかなりのメリットかも。



+*+* *+*+* *+*+* *+*+* *+*+* *+*+* *+*+*

フィクションは伊坂幸太郎の新作が5位




フィクション部門では、伊坂幸太郎さんの新作ミステリ『ホワイトラビット』が5位にニューエントリ。
先月初登場1位に輝いた、おなじく伊坂幸太郎さんの『AX(アックス)』は4位です。


関連記事:
面白いお話、買いました。――新潮社編「Story Seller」シリーズ
【ロジック】新本格ミステリの名作100冊【プロット】





日販のサイト(http://www.nippan.co.jp/)で各ジャンルのトップ10が確認できます。この記事では取りあげていない「ノンフィクション部門」などのランキングも。


当ブログの記事(今年もっとも売れた本〜年間ベストセラーの調べ方)もあわせてご覧ください♪


それでは、


ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a


※ ↓付録の「〜位」の横の記号は、先月からの順位の変動をあらわします。
△ …… ランクアップ、= ……変わらず、▼ …… ランクダウン

【関連記事】

(2016)今年もっとも売れた本〜2016年の年間ベストセラー(ニッパン調べ)
【定点観測】今月もっとも売れた本〜2017年8月の月間ベストセラーは『続ざんねんないきもの』
最近読んだミステリ10冊〜本格から社会派まで〜
最近読んだ「考える力を鍛える」本10冊
【ロジック】新本格ミステリの名作100冊【プロット】
【就職活動】面接で落とされないためのたった1つの裏技
「もしドラ」の企画書をかいてみた〜就活学生のための企画書の書き方講座
いまどきの人材担当者が新卒学生に求める3つのポイント事情
『就活地獄』と『絶対内定』――就活本のススメ
就職力を養うための40冊――就活生と、こじらせ学生のための読書術
面白いお話、買いました。――新潮社編「Story Seller」シリーズ

【関連リンク】

日本出版販売株式会社
http://www.nippan.co.jp/
芥川龍之介賞(公益財団法人日本文学振興会)
http://www.bunshun.co.jp/shinkoukai/award/akutagawa/
直木三十五賞(公益財団法人日本文学振興会)
http://www.bunshun.co.jp/shinkoukai/award/naoki/
本屋大賞
http://www.hontai.or.jp/

【付録】


2017年9月の月間ベストセラー 総合


(日販調べ。「全集」「文庫」「ゲーム攻略本」を除く総合ランキング。9月29日時点)

1位 △

2位 =

3位 ▼

4位 △

5位 ▼

6位 △

7位 ▼

8位 △

9位 △


10位 △


2017年9月の月間ベストセラー 単行本ビジネス

(日販調べ)

1位 =
『スタンフォード式 最高の睡眠』
2位 △

3位 △

4位 ▼

5位 ▼

6位 △

7位 △

8位 △

9位 △

10位 ▼


2017年9月の月間ベストセラー 単行本フィクション

(日販調べ)

1位 △
『マスカレード・ナイト』
2位 △
『この世の春(上)』
『この世の春(下)』
3位 △

4位 ▼

5位 △

6位 △

7位 △

8位 △

9位 ▼

10位 △
【関連する記事】
posted by akika at 17:49| Comment(0) | ベストセラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ブログパーツ アクセスランキング