2017年03月20日

【ココ】シャネルの生き方や性格がわかる本16冊【ガブリエル】

 
今日のなぞなぞ
「ココ・シャネルの人生や思想を知る本(と舞台と映画)は?」



「シャネルの生き方や性格がわかる本16冊」を↓「付録」にまとめました。

↓リストは以前の記事(香水はあなたがキスしてほしいところに――『ココ・シャネル 女を磨く言葉』より)で紹介した↑『ココ・シャネル 女を磨く言葉』の末尾で「参考資料一覧」として挙げられている本(と演劇、映画)です。

本書はシャネルの名言集。
心に刻みたい金言格言に、高野てるみさんの”熱い”解説コラムがからむ良書ですv
「ココ・シャネルの生き方と仕事」と題した年表も載っています。


ココ・シャネルは、ご存じのとおり
あのファッションブランド、シャネル(CHANEL)の創始者。
20世紀初頭のモードに革命を起こした”偉人”です♪

本名はガブリエル・シャネル(Gabrielle Bonheur Chanel)
「ココ」は、ナイトクラブのシンガー時代に歌っていた曲(「コ・コ・リコ」「トロカデロでココを見たのはだれ?」)にちなんでつけられた、愛称です。


ココの人生は波乱に満ちている。


修道院(孤児院)で育ったココ。歌い手としての夢は破れたけれど、
最愛の人物、ボーイ(アーサー・カペル)との出逢いと前後して、デザイナーの頂点へとのぼってゆく。
そして突然訪れる、ボーイとの「死別」……。


一方、ココはその性格にも
ひと筋縄ではいかない、悪魔的な魅力
があったといいます。


天才肌、知性と美貌、努力家、仕事人、いたずらっ子、驚くべきエネルギー。
ときには「虚言」でまわりをふりまわすことも……。



知れば知るほど、
もっと<シャネル>のことを知りたくなる。


私達を惹きつけてやまない
ココ・シャネルがわかる16冊(+舞台2演目・映画3本)をど〜ぞ〜♪


ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪

あきか(@akika_a


※ 高野てるみさんは挙げていないのですが、私からも1冊追加させてください。
↓『パーソナリティ障害』ではココ・シャネルの性格傾向が”診断”されています。シャネルがメインテーマの本ではありませんが、人物像をみていくうえで参考になる本。



【関連記事】

香水はあなたがキスしてほしいところに――『ココ・シャネル 女を磨く言葉』より
パーソナリティ(障害)の10のカタチ

【付録】

シャネルの生き方や性格がわかる本16冊


 書籍
 舞台(プログラム)
 映画(プレスシート)


書籍


 1.


 2.


 3.


 4.


 5.


 6.


 7.


 8.


 9.


 10.


 11.


 12.


 13.



 14.


 15.


 16.


舞台(プログラム)


『ココ・シャネル 女を磨く言葉』の「参考資料一覧」では「舞台プログラム」として以下の2作品が挙がっています。演目そのものと同時に、プログラム(パンフレット)も資料にされたのだと想像します。


『COCO』

『ガブリエル・シャネル』


映画(プレスシート)


※ 「舞台」と同様、『ココ・シャネル 女を磨く言葉』の「参考資料一覧」では「映画プレスシート」として以下の3作品が挙げられています。プレスシート(メディアや取材者向けのプログラム、資料)も参照されたのだと想像します。


ココ・シャネル [DVD]
ココ・シャネル [DVD]
posted with amazlet at 17.03.20
東北新社 (2010-01-20)
売り上げランキング: 23,077

ココ・アヴァン・シャネル [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-11-03)
売り上げランキング: 3,626

シャネル&ストラヴィンスキー [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2011-08-03)
売り上げランキング: 19,992

 
【関連する記事】
posted by akika at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 10冊シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング