2017年01月15日

もうすこしの間だけこのままでいさせて……(MJPJ#7)

 
今日のなぞなぞ
「読書ブログなのに、なぜほかの本を紹介しないのか?」



以前の記事(【電子書籍】異世界ファンタジー『魔女と双子のポリティクス』をリリースしました)で紹介した『魔女と双子のポリティクス』

(※ 無料キャンペーンは終了しております)

ただいまKindleストアで全巻を無料配信しています。


(1)巻の無料配信期間
2017年1月11日(水)17:00 〜 16日(月)16:59
(2)巻《最終巻》の無料配信期間
2017年1月14日(土)17:00 〜 16日(月)16:59


(ストア側の判断により期間が変動する可能性がありますのでご注意ください)


無料開放は明日(16日)16:59まで。


”魔女のウワサ”が流れる国の
文化と社会を描いたファンタジー
小説です。

よろしくね。


☆★☆



mjpjlogo.jpg


でね。
今日はお礼というかお詫びというか……。


このブログは「読書ブログ」なので、『魔女ポリ』にかぎらず色々な本を紹介するのがほんらいのはずなのだけど。
最近は、ほかの本にいっさい言及していない状態になっています。

それから、ツイッターやグーグルプラスなどSNSも、
告知ばかりの投稿になってしまっていて、フォローしてくださっている方々にはほんとうにもうしわけない。
タイムライン、やかましいよね。


でも。
もうすこしだけ。
無料キャンペーンが終了するまで、あと1日だけ。
魔女ポリ一色に染まったままでいさせてください。




えっと。
この作品にどことなく”ミュージカルっぽい雰囲気”があるのは、以前の記事(【電子書籍】異世界ファンタジー『魔女と双子のポリティクス』をリリースしました)でもお話させていただいたのですが。

じつは私自身、ミュージカル劇団にいたことがあるのね。
キャストもスタッフも、作曲とかもいろいろやってたんだけど、

うちの劇団では開演直前に役者たちが
「音楽にのって心のままに感情を解放する」習慣
があって。

ようは、歌やダンスナンバーにのって、
好きなようにはしゃぐ時間




で、その時間には「その舞台に使われている曲しか流してはいけない」という掟があった。
どんなにノリのよい音楽でも、関係ない曲はかけてはいけない。


どうしてなのかはわからないけれど。もしかしたら
気持ちがよそにそれてしまうのを防いでいたのかもしれません。



だから、ミュージカルを意識した『魔女と双子のポリティクス』という小説の紹介でも、おなじように、リリース後はほかの本の話はしないようにしてきました。

意味があるのかどうかは関係なくて、
ただ私自身のこだわりです。



☆★☆




たあいのないこだわりですが。
もうすこしの間だけ、このままでいさせてください。


キャンペーン期間が終わったら、
ほかの本の紹介も再開します。




それでは。


今後とも
皆さまにご満足いただけるコンテンツを提供できますよう、努力してまいります。



ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪ 


あきか(@akika_a


【関連記事】

【電子書籍】異世界ファンタジー『魔女と双子のポリティクス』をリリースしました
何度でも聴きたいミュージカル(舞台・映画)のサントラ10枚
5巻《最終巻》をリリース、新作のお知らせ(G.O.W.PJ#11)(MJPJ#1)
『魔女ポリ』は2017年年初リリース、すこしだけ物語世界を紹介、レ・ミゼラブルはいいぞ(MJPJ#2)
新刊のリリース日は1月11日(水)、同時に無料配信キャンペーン(MJPJ#3)
『魔女と双子のポリティクス』の関連ツイートまとめ(MJPJ#4)
(予告)無料キャンペーンのラスト2日間は全巻を無料開放いたします(MJPJ#5)
『魔女と双子のポリティクス』全巻を無料配信ちゅう(MJPJ#6)




ラベル:魔女ポリ
【関連する記事】
posted by akika at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング