2016年12月30日

『魔女ポリ』は2017年年初リリース、すこしだけ物語世界を紹介、レ・ミゼラブルはいいぞ(MJPJ#2)

 
今日のなぞなぞ
「新作『魔女と双子のポリティクス』のリリース日が”だいたい”決まった?」


mjpjlogo.jpg

以前の記事(5巻《最終巻》をリリース、新作のお知らせ(G.O.W.PJ#11)(MJPJ#1))でちらっとお知らせした、新刊『魔女と双子のポリティクス』ですが。
リリース日がだいたい決まりました。
『魔女ポリ』は……


2017年年初リリース


です。アバウト^^;
プライスマッチ(※)がどれくらいの期間で適用されるか読めない……など、
内部的な事情で、今回は事前にリリース日程をお伝えすることができないかもしれません。

※ どのお店で買うかによって価格が異なってしまうのを修正し、均一にすること。ネットショップのほか、リアルの家電量販店などでもプライスマッチを宣言している企業があります。「よそより1円でも高ければ〜」ってやつ。


決まり次第このブログでお伝えしますが、
”サプライズリリース”になってしまったらすみません。


今回プライスマッチを用いるのには、”ある理由”があります。
その理由は……リリース日当日にお知らせしますv
(事前に告知できるようなら、前もってお伝えします)
楽しみにしていてくださいね♪


追記)
プライスマッチの申請はとおりませんでした。
ほんとうは、全二巻のうちの(1)巻を”永久無料”にしたかったのですが……。
思わせぶりなことをいってしまってすみません^^;


以前の記事(4巻をリリース、5巻を予約受付、3巻の無料キャンペーンについて、新作のお知らせ?(G.O.W.PJ#9))では「年内にリリースできたらいいな」と書きましたが、
年末年始は大手出版社の無料お試し本やセールがあまりにも多くて。
ちょっとだけ時期をずらすことにしました。
しばしお待ちくださいね。



☆★☆




mjpjlogo.jpg


『魔女と双子のポリティクス』は、


「魔女のウワサ」が流れる国の
”文化”と”社会”を描く、異世界ファンタジー。



ライトノベルです。
異世界ものですが、”転生”ではなくハイ・ファンタジー(※)。

※ 現実とは異なる世界で展開される物語。



舞台となる国は、十年前におこった大火のせいで、
治世のありかたが、がらっと変わっちゃってる
のね。

で、そのことが人々の暮らしにいろんな影響を与えている……。



アクション要素もあるといえばあるんだけど、バトルがメインのお話ではないかな。
どちらかというと、そこで暮らす人々の生活感のほうに重きを置いています。


たとえるならば、
『ソードアート・オンライン』とか『オーバーロード』とか『アクセル・ワールド』とかよりも、『まおゆう』『狼と香辛料』『ログ・ホライズン』のほうに惹かれるひとにオススメな雰囲気。







あ。でも『魔女ポリ』を読んでも、このあたりの異世界ものの影響はあまり感じられないかもしれません。
これらの作品にふれるよりも前に書いたお話なので。

むしろ、「明確に影響を受けている」と自分で思うのは、じつは
ラノベでもファンタジー小説でもなく、「レ・ミゼラブル」という作品です。
小説でなくて、ミュージカル版のほうね。
ミュージカル版を”原作”として、映画にもなっています↓。


レ・ミゼラブル ブルーレイ [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2014-03-05)
売り上げランキング: 272



罪を赦され、正しく生きることを誓うジャン・ヴァルジャン。
しかし、「過去」を消すことはできず、警官ジャヴェールが彼を追い続ける……。

薄幸の娼婦、身よりのない幼い娘、がめつい夫婦、
使命に燃える青年と、恋に破れた悲しい女性。

それぞれのキャラクターの「運命」が
19世紀フランスの社会情勢とからみあい、濃厚な物語を織りなす……。


映画もすごく良いんだけど、
私が影響を受けたのは舞台の方
です。

帝国劇場でちょくちょくやってる、ミュージカル。
音楽はトム・フーパー監督の映画版↑といっしょ。



『魔女ポリ』では、まさに「盗っ人とそれを追う者」がでてきます。
後半には「社会運動に燃える男たち」が登場するし、
「悲しい恋物語」もある。
「貧富の差」もたびたびでてくるモチーフです。


「レ・ミゼ」では、山場を前にそれぞれのキャラクターが”想い”を歌う
「One Day More」という名曲があるのですが……

ぶっちゃけてしまうと、
嵐の前の静けさ的な演出で、この「One Day More」を参考にさせていただきました。





「レ・ミゼ」は音楽がとてもいいので、
まだの方は、サントラにもふれてみて。

全編が歌でできている映画(舞台)なので、ポップスのアルバムを聴く感じで楽しめます♪


Les Miserables (Deluxe Edition)
Various Artists
Imports (2013-03-26)
売り上げランキング: 51,832




そんなこんなで今日は


「レ・ミゼ」はいいぞぉ〜☆(*´∇`*)ミ☆



というお話でした。


「魔女と双子のポリティクス」もよろしくね。


ストーリーの牽引力は、これまでリリースしてきたどの作品よりも強いかもしれません。
ひっぱる。
100パーセントの純エンターテイメントですv


今後とも
皆さまにご満足いただけるコンテンツを提供できますよう、努力してまいる!


ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪ 


あきか(@akika_a


【関連記事】

5巻《最終巻》をリリース、新作のお知らせ(G.O.W.PJ#11)(MJPJ#1)
4巻をリリース、5巻を予約受付、3巻の無料キャンペーンについて、新作のお知らせ?(G.O.W.PJ#9)
何度でも聴きたいミュージカル(舞台・映画)のサントラ10枚






 
【関連する記事】
posted by akika at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング