2016年12月01日

【電子書籍】ソリッドシチュエーション・ミステリ『狼ゲーム』をリリースしました

 
今日のなぞなぞ
「イッキ読み必至のミステリ小説は?」



電子書籍サイトのアマゾンkindleストアで
ソリッドシチュエーション(※)ミステリ『狼ゲーム』をリリースしました。

※ 移動や行動が制限された状況での極限心理を描く映画等に用いられるジャンル名。「SAW」や「CUBE」などが有名。


今回は楽天kobo版はありません。
kindleのみのリリースです。

現在↑「1巻」と↓「プレミアム・エディション」(後述します)を配信中。
「2巻」は12/2リリース。
3巻以降も随時上梓していきます。

追記)
2〜5巻《最終巻》もリリースしました。


☆★☆



『狼ゲーム』は、
人狼の館に閉じこめられた十二人を描く本格ミステリ(※)。

※ 謎とその論理的解決をなによりも重視する、推理小説のサブジャンル。


狼の手によって、ひとりが死に。
 人間の手によって、ひとりが殺される。

時間を追うごとに増えてゆく「謎」。

 密室のなか、絶対的な不可能犯罪が連鎖する。


……そんな物語です。


”人狼ゲーム(汝は人狼なりや?)”というパーティーゲームをモチーフにしています。
人狼ゲームは、かんたんにいうと
「会話を通じて互いの正体をさぐる」テーブルトークゲーム。


本書ではこのゲームが、惨劇を解決に導くカギとなります。
……とはいっても、人狼ゲームを知らなくても問題なく読めるようになっています。
(むしろ、いわゆる”リアル人狼”ものとはちょっと毛色が違う感じ)


本書の主人公(語り手)のエミルは、人狼ゲームなんてさっぱり知らない女の子。
ミステリ研究会のバン先輩に、ゲームのルールをレクチャーしてもらうシーンなんかもあります。

あ、このエミルと先輩の掛け合いはけっこう面白いので、
心して読んでみて。くすりと笑ってしまうかも。

バン先輩は、以前の記事(【電子書籍】恋愛&本格ミステリ『アトカタモナイノ国』をkindle、koboでリリースしました)で紹介した『アトカタモナイノ国』のクリスみたいな雰囲気v
ひたすらエミルを口説きまくってます(笑)。



細かなあらすじ、商品概要などはアマゾンの「商品の説明」をご覧ください。
また、↓公式サイトでは、「キャラクターの紹介」や「推理の手がかりとなる図表」の展示など、いろいろなコンテンツを用意しています。
ぜひ、遊びにきてみてくださいね。

狼ゲーム-ソリッドシチュエーション本格ミステリ-特設サイト 狼ハ、ダレダ。
http://okamigame.16mb.com/




☆★☆



今回は「ロジックの構築」にとても力を注ぎました。

事前に読んでくださった私の物書き仲間も
「(推理の場面で)きぃぃぃーーーーっとなった」とおっしゃってくれました。
どういう意味のきぃぃぃーーなのかはわかりません(笑)。


それから、前作にもあった、どんでん返し。
今作のどんでん返しは、とくに強烈です。
最後の最後で、事件の意味がガラリと変わる。

ラストはほんとうに、議論が分かれそうな結末になっています。



☆★☆



『狼ゲーム』は全5巻。
総計530枚(400字詰原稿用紙換算)の特大ボリュームです。


この年末。
濃厚なミステリに、ノンストップで酔いしれろ!



……というわけで、
ノンストップで読める、完全版『狼ゲーム(プレミアム・エディション)』もリリースしました。

こちらは1〜5巻とくらべてちょっと高いのですが、
物語全編を一挙に収めています。

また、通常版にはない


「あとがき――結末の議論のための補助線」
「特典イラスト5枚」


を追加収録
しています。

あとがきは私の書き下ろし。
イラストはいとこが描いてくれました。
私信。いとこよ、ありがとう♪


プレミアム版は
「早く先が読みたい!」「気に入った、課金してやろう」「応援してしんぜよう」
という方のための


おひねり、投げ銭版


といった位置づけです。
物語じたいはまったくいっしょなので、
とくにこだわりがなければ、1〜5巻のほうをお読みくださいね。


☆★☆


最後に。
予告編ムービーを制作しましたので、
本書をひもとく前に、ど〜ぞ〜♪






はたして、狼ハダレナノカ……。
後半になるほど、どんどん面白さが加速する。
スピード感あふれる、徹夜本。


頭脳をフル回転させながらお読みくださいv



『狼ゲーム』っていう本が
オススメだよぉ〜☆(*´∇`*)ミ☆



というお話でした。



ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a



追伸)
お持ちのサイト・ブログ等で本書を紹介してくださった場合はご一報いただけると嬉しいです。
email.jpg
--------------------------------
献本について

お持ちのサイト・ブログ等で『狼ゲーム』を紹介していただける方に、1〜5巻を献本(無償提供)しております(プレミアム・エディションは献本対象外です)。
ご自身のサイトのURLとご希望の巻数をご記入の上、メール(akika_54☆yahoo.co.jp)かTwitter(@akika_a)でご連絡ください(メールアドレスの☆は@に変更)。

ご紹介いただいた際は、記事(『狼ゲーム』を紹介してくださったサイトたち(G.O.W.PJ#4))に該当ページを追加掲載させていただきます。この掲載を希望しない場合はその旨も明記してください。

【記入例(メール)】
狼ゲーム1巻の献本を希望します。
モモログ。
http://yaplog.jp/momo-shih_tzu/

【記入例(ツイッター)】
@akika_a 1〜5巻すべての献本を希望します。私のブログで紹介はしますが、そちらのサイトでの掲載は不要です。 http://yaplog.jp/momo-shih_tzu/
--------------------------------

【関連記事】

じつは読書案内? 『狼ゲーム』に出てくる定番推理小説10冊
【電子書籍】恋愛&本格ミステリ『アトカタモナイノ国』をkindle、koboでリリースしました
【電子書籍】恋愛&ミステリ小説『闇に走れば』をアマゾンkindle、楽天koboでリリースしました
【電子書籍】異世界ファンタジー『魔女と双子のポリティクス』をリリースしました
【電子書籍】アマゾンkindleで樋口一葉論(大つごもり、にごりえ、わかれ道)をリリースしました

【関連リンク】

狼ゲーム-ソリッドシチュエーション本格ミステリ-特設サイト 狼ハ、ダレダ。
http://okamigame.16mb.com/
狼ゲーム トレーラー/okamigame trailer(YouTube)
https://youtu.be/ETEkyHfevu8






【関連する記事】
posted by akika at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444506259
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング