2016年10月03日

【失踪】人間が消える小説10冊【神隠し】

 
今日のなぞなぞ
「”人が消える”本ベスト10は?」


P1610316done

「人間が消える小説10冊」をまとめました。
死体消失等のミステリ以外で、”不思議さ”と”読みごたえ”を基準にセレクト。
(トリック小説は8位のカーだけです)

読書の秋に、本格的な”世界の謎”をど〜ぞ〜♪


  第10位


小説10冊と言っておきながら、今回も10位は漫画(笑)。仕事、家族……すべてのしがらみを捨て、みずから失踪する自伝風コミック。ユーモアのなかに生きることの本質が描かれる名作。

  第9位


写真のなかから消えてしまった昔の恋人”ユナ”。知人と話すうちにカズキは、写真だけでなく「ユナの存在」自体が世界から消滅してしまっていることに気づく。記憶と存在をめぐる、珠玉の恋愛ミステリ。

  第8位


この世と異界をつなぐ森。あるバンガローでひとりの少女が姿を消し、そして戻って来た。
彼女が語る、神隠しの真相は? 幻想ミステリの名作短編です♪

  第7位


「レベル7まで行ったら戻れない」……。次々とあらわれる不可解すぎる現象が、ひとつの犯罪に結びついてゆく傑作サスペンス。少女の失踪の理由を知ったとき、あなたは驚愕する。

  第6位


コンピューター制御されたハイテク誘拐! タネ明かしをされた状態で話が進むので”謎”はあまりないけれど、面白くてイッキに読んでしまう。「失踪もの」から不思議な要素を抜いたともいえる「誘拐もの」ですが、名作が多いジャンルですv

  第5位


またたく間に人間が”消失”し、崩壊した大都市。なぜか生き残った13人が、謎の大災害と戦う。極限状態の心理や人間の本性がとてもエグくて、ページをめくる手がとまらない。

  第4位


都市伝説や怪談をモチーフにしたライトノベル。”怪異そのもの”である少女が登場し、ヒロインはかわいかったりするんだけど、世界観はわりとダーク。全13巻の後半部分は、異界に親しむがゆえ、ぴりぴりと病んでいく主人公たちがホラーです。


☆★☆


  第3位


その村には、ひとつの掟がある。70歳を過ぎた人間は「山に捨てなければならない」。一方、捨てられた老人たちは、過酷な自然のなかで「デンデラ」という共同体を築いていた。人が消える民話は多いけれど、行方不明者たちは、もしかしたらみんな「デンデラ」にいるのかも……?

  第2位



うちゅうのほうそくがみだれる(※)のがこんなに怖ろしいとは思いませんでした。ある家族の失踪事件の謎を、物理学・数学・宇宙論・量子力学・歴史学……を使って解いていくすごいプロットです。三等星は消え、π(円周率)の値は狂いはじめる。

※ ゲーム「ファイナルファンタジーV」のラスボスのセリフ。

  第1位


消えたひとりの少女。誘拐か、神隠しか、それとも……。オカルトから科学、哲学、人類学までを幅広く用いながら、世界と異界のキワのキワに迫る。本書を読むと”目に見えないセカイ”の論理学がはっきりと感じられるようになります。さあ、一緒に覚醒しましょv



追記)
秘境の集落での失踪(神隠し)を描いた小説を見つけたので追加♪


昆虫のフィールドワークのため、秘境の集落「仮巣」に滞在する夫婦。医者もいないのに、なぜか年寄りまでもが”健康的すぎる”不思議な村。ある夜、夫は禁を破ってお社に立ち入り、そのまま行方不明になってしまう……。

閉鎖社会、うとまれる”よそ者”、隠された習俗……。そんな和風ホラー・伝奇的な要素だけでも私の大好物なのですが、恋愛ものでもあり、ちょっとネタバレしてしまうと、個人的に大好きな「親子三代」ものでもある。独特な世界観にひたりながらイッキ読みしてしまいました。




お口にあう本はございましたでしょうか。

トリックミステリ以外の「人間消失もの」……けっこう豊饒ですよね。
ひき続きこのジャンルで面白い本をリサーチちゅうです。
オススメの本がありましたら、教えてください♪

あ。ちなみに、9位は私が書いた小説です。
ステマ(※)すみませんでした^^;
珠玉の……とか今更ながら恥ずかしくなってきた(笑)。

※ ステルスマーケティング。宣伝だと気づかれないように第三者のふりをして行なう宣伝行為のこと。


それでは。

ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪

あきか(@akika_a


【関連記事】

マツコ・デラックスの文章がおいしくて、中村うさぎの自分探しが身につまされる1冊〜吾妻ひでお・菜摘ひかるについて
【電子書籍】恋愛&本格ミステリ『アトカタモナイノ国』をkindle、koboでリリースしました
【超心理学】真冬に読みたいオカルト本10冊【ノンフィクション】
最近読んだ「怪談・都市伝説」本5冊
最近読んだ「世界観がダークな」本10冊
【ミステリ】読み始めたら止まらない徹夜本10冊【SF】
【徹夜本】地下東京に広がる腐海――貴志祐介『新世界より』の社会システムと生態系がすごい
カテゴリ:10冊シリーズ






【関連する記事】
posted by akika at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 10冊シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442477222
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング