2015年10月07日

最近読んだ「うさたま」10冊(中村うさぎ×倉田真由美)

 
今日のなぞなぞ
「うさたま……とは?」

1580733done


うさぎ……ぃます……。

というわけで、今日は
最近私が乱読した”うさたま”10冊をぷちレビューしていきます。


うさたまとは……
以前の記事(マツコ・デラックスの文章がおいしくて、中村うさぎの自分探しが身につまされる1冊〜吾妻ひでお・菜摘ひかるについて)で紹介した作家・中村うさぎさんと、
漫画家・倉田真由美さんのふたりのこと。

くらたまさんは『だめんず・うぉ〜か〜』でも有名ですね。




恋愛や人生の本音、その裏の裏までを語りつくす
魅力的なエッセイの書き手
たち。

もちろんライトで読みやすい作品ばかりですが、
なかには「愛」や「死」などをテーマに据えている文章も。


かるい気持ちで読みはじめたら、
想いのほか、ふかく考えさせられてしまった。

……そんな秋の夜長の読書タイムをお約束するラインナップですv

あなたのお口にあう本はございますでしょうか?


 マーケティングのおともにも

うさたまの霊長類オンナ科図鑑
中村 うさぎ 倉田 真由美
角川書店
売り上げランキング: 587,059

世に生きるすべての女子を「分類」する、まさに”図鑑”です。「ヨゴレ自慢女」「私が悪いの女」……など、生態系は多種多様。ある意味、”あるある本”なのですが、女性をターゲットに商品・サービスを開発をしているあなたなら、マーケティングの参考にも使えるかも。くらたまさんのゆるいイラストがかわいいv

 「愛」とは……


小説です。これはすごい。オススメです。ホストクラブをめぐるお話が、男女両方の視点で描かれているのですが、とくにカリスマホスト・リョウの視点で語られるパートが読み応えがあります。お金によって与えられる「愛」に、私はアガペー(※)を感じた。それはもはや、真実の愛と区別がつかないかもしれない。

※  神の無限の愛。無償の愛。

 らぶちゅう


倉田真由美さんの恋愛エッセイ&イラスト。ファッション誌「anan」の連載の書籍化です。霊長類くらたま科の求愛日誌。「わかる、わかる」と何度も口にしてしまいそう。

 らぶらぶちゅう


↑の続編。恋愛研究家のくらたまさんが先陣を切って、いろいろ想い悩んでくれているので、なんだか心強いね。ゆるいイラストがかわいいですv

 ド根性、アンチエイジング!


ありとあらゆる手段を講じて、”歳をとること”に抗う中村うさぎさん。その魂の叫びがひとつひつとの文章ににじむ。本領発揮ともいえるエッセイです。でも、以前の記事(マツコ・デラックスの文章がおいしくて、中村うさぎの自分探しが身につまされる1冊〜吾妻ひでお・菜摘ひかるについて)でお話したように、じぶんをとても客観視して戯画化する書き手なので、呑みこまれることなく読めます。

 旦那さんはゲイです


夫を泣かせてまで、デリヘルの世界に踏みこんだ中村うさぎさん。これは、その頃のエッセイです。ちなみに、旦那さんは同性愛者。しかも外国人。日本の永住権を得るため、ふたりは結婚しました。

 カーストの垣根を越えて


この言い方がふさわしいかわからないけれど……「ギャル×オタク」の対談。もちろんふたりともとっくに学校は卒業しているけれど、スクールカースト垣根を越えて、おしゃべりしている雰囲気です。以前の記事(ネットいじめ、スクールカースト、キャラ戦争)でお話したとおり、カーストなんて「地形効果」が変わればすぐに霧散する。じじつ、本書のふたりはどことなく通じあっている感じがありますv

 とまべちっ!


科学者・苫米地英人先生と中村うさぎさんの対談です。苫米地先生が、オカルトや都市伝説にも漸近するような理論を大真面目に語り、中村うさぎさんがどこかうさんくさそうに博士を眺める……そんな構図。とまべちっ!

 毒舌ゴシップたいむ!


中村うさぎさんの毒舌が、芸能人や政治家を斬りまくります。悪口とは、こう書くのだというお手本^^; 面白い……けれど、今読むとネタがずいぶん古いね(笑)。夕刊フジに連載されていたものをまとめた1冊です。続編は↓こちら。



 「生」と「死」


以前の記事(マツコ・デラックスの文章がおいしくて、中村うさぎの自分探しが身につまされる1冊〜吾妻ひでお・菜摘ひかるについて)で紹介した本の終盤では、中村うさぎさんが倒れてしまい、マツコさんとの往復書簡が一時途絶えるというアクシデントがありました。本書は、その頃のエッセイ。

心肺停止状態から復活をはたした、病床日記……かと思いきや、ぜんぜんそんなノリではなく、相変わらずの語り口で社会を批評したり、ひたすら「ドラクエ10」をやっていたりします(笑)。生きるとは、たとえ死の淵にあってもひたすら自分の道を歩んでいくことなのかなぁ……とか、考えさせられたりさせられなかったり。

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ
スクウェア・エニックス (2014-08-07)
売り上げランキング: 45





お口にあう本はございましたでしょうか?


ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか



【関連記事】

マツコ・デラックスの文章がおいしくて、中村うさぎの自分探しが身につまされる1冊〜吾妻ひでお・菜摘ひかるについて
ネットいじめ、スクールカースト、キャラ戦争
【泣ける】女性作家が描く切ない恋愛小説10冊【沁みる】
最近読んだ純文学(J文学・L文学)10冊〜青山七恵さんの”ぼっち文学”について







【関連する記事】
posted by akika at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング