2015年07月04日

マツコ・デラックスの文章がおいしくて、中村うさぎの自分探しが身につまされる1冊〜吾妻ひでお・菜摘ひかるについて

 
今日のなぞなぞ
「”おいしい文章”……とは?」




マツコぉぉぉ!!!(庄司智春さん風に)


……というわけで^^;
今日紹介するのはマツコ・デラックスさんと中村うさぎさんの”書簡本”。


マツコさんはテレビでもおなじみの、ゲイの女装家。
中村うさぎさんは、ライトノベルでデビューしエッセイストとして活躍している作家です。

「魂の双子」と認めあったこのふたりが、”往復書簡”というカタチで
たがいの人生や価値観を語りあう。

帯のキャッチコピーなどでは
「あのふたりがガチバトル!」みたいな売られ方をしているのですが、
じつはそんなにバトルはしてません(笑)。
むしろ読んでてほんわかしてしまうくらい、仲良しなふたり。

そもそもマツコさんが世に出るきっかけをつくったのが、
中村うさぎさんだそうです。


☆★☆


P1540600done


書簡という形式なので(一部対談も掲載されていますが)
ひとつひとつのトピックがぐんぐん深まる。
対談本にありがちな、ある種の”散漫さ”はほとんどありません。


週刊誌に連載されていたこともあり、
時事ネタなんかもたまに出てくるのですが、
話はすぐ、互いの生き方のほうへと揺りもどる。

もちろん時事ネタより、
人生哲学の部分のほうが、だんぜん面白い
です。


中村うさぎさんの書くものの力強さはお墨つきなのですが
(中村うさぎさんについては後述します)
マツコさんの文章がとてもよかった。

バイブスがあるというか、なんというか。
比喩がユニークだったり、ユーモアもきいていて
毒とやさしさをあわせもっていて、自己批評も痛切。


マツコさんの文章を読むのははじめてだし、
そもそもマツコさんに対して物書きという認識がなかったので、
ほんとうに、不意打ちをくらった感じです。

雑誌編集をしていたり、もともとは活字メディアのひとだったんですね。
ちょっと引用してみます。


アタシみたいに自分にも他人にも厳しくなりきれない分、生き易いのと、アンタみたいに自分にも他人にも厳しい分、生きづらいのであれば、アタシは後者でありたいと切望する。たとえそれで善良の民でなくなったとしても。



……こんな感じです。
おちゃらけている部分もあるけど、真剣な話の方がぜんぜん多い本。


逃げるように帰った実家から母親に追い出され、ボロアパート暮らしのくせして、借金してまで女装している頃よ。上の階から女の喘ぎ声が聞こえてきた時、心の叫びというかなんと言うか、無意識の内、口に出してこう叫んでいたわ。「チンポもいらない、ゲイとしての幸せなんていらないから、だから神様、アタシにたらふくメシを喰わせて、日の目を見させて!」



↑この部分はマツコさんファンの間では有名かも。
不遇の時代の魂の叫びです。


全4巻。
じつは試しに1巻だけ読むつもりだったのですが、
あまりにも名著だったので全巻一気に読んでしまいました。








↓1、2巻はタイトルをリニューアルして文庫になっています。





追記)
おなじく週刊誌連載の、おふたりの「人生相談」コーナーも単行本化しました↓。
読者のお悩みをうさぎ×マツコが”真剣に”ぶった斬ります。



☆★☆



んでね。
こんどは中村うさぎさんの話なんだけど。

……このひとは紹介が難しい。


ブランド品を買いあさる、買い物依存におちいったり、





ホストクラブ通いにハマったり、





美容整形に大金をつぎこんだり、





短い期間、デリバリーヘルスを体験したり





……と、これだけ聴くと
破天荒とか、身体を張った芸風の書き手なのねとか思われてしまいそうですが、
じっさい本人は「私は魂の異形」みたいなことを言っていたりもするのですが、

”奇行”のすべては、果てのない「自分探し」だし、
むしろその過程でどんな内面を獲得するか、
ある意味ではどの本も「内的世界のロードムービー」といった雰囲気です。

買い物がとまらない、もうフツーじゃなくなってることは
自分でもよくわかってる、でも、
自分が衝動と感情の奴隷であることを、強く認識しながらも
”地獄”を選んでいく。


影響されそうで、読むのがちょっと怖いな。そう思うひともいるかもしれないですが、
メタ認知(※)が非常に効いている書き方なので、そこまで飲みこまれることなく読めます。

※ 自らの状態を客観的に把握すること。



買い物もホストも美容整形も、
「1冊かくのにいったいいくら使ってんだよ!」とツッコミたくなるほどで
それだけコストがかかっている本をこんな値段で読めるなんて、
本ってすごい。
やっぱり、ノーリスク・ハイリターンの投資は読書だよね!

……なんて軽いノリでまとめてしまうのがはばかられるほど。、
ほんとうに、強いものが宿っている作家さんです。



吾妻ひでおさんの一連の失踪・アル中日記に近い客観性があると感じました。
吾妻さんのアルコール中毒描写も、ミョーに客観的で戯画化されて描かれています。
↓マンガだけど、名著ちゅうの名著なのでまだ読んでいなければぜひ♪






☆★☆



中村うさぎさんの本で私が一番好きなのが
『愚者の道』



みずからを「愚者」と一人称で呼んで、
もはや哲学書かと思われるくらい抽象的な言葉をつむいでいく。

ひたすら語られるのは、中村うさぎさんの自意識について。
自意識の檻のなかで、問いを繰り返し、問いのまわりを逡巡する。


抽象的であるからこそ、普遍的です。
読者自身の内面の葛藤として、読める。
私たちはいったい、なにを求め、どこへ向かおうとしてるんだろうね。


もうね。反面教師として読んじゃってもいいと思います。
中村うさぎさんのようなスタイルの欲望追究では、けっして満たされることはない、と。
ご本人も、そういう読み方してもいいよ、とおっしゃっていた気がします。


☆★☆



んでね。
中村うさぎさんの紹介をすると、どうしても連想してしまうのが
菜摘ひかるさん。

以前の記事(【泣ける】女性作家が描く切ない恋愛小説10冊【沁みる】)では


『依存姫』という小説を紹介したけれど、
フィクションはじつはこの1冊だけで。
菜摘ひかるさんもエッセイがメインの作家です。

性風俗の現場での経験をとても強い文章でつづっています。
29歳で夭折。

フェミニズムの文脈で評価されているわけではないけれど、
フェミニズム好きなひとにもオススメです。痛快!






文体や言葉のえらび方もすごく心地いい、”おいしい文章”。
マツコさんもうさぎさんもそうだけれど、
そのひとの魂(マツコさんふうにいうならば「実相」)から出ている言葉は、
なにかが違いますよね。

文体に音楽があったり、
選ばれた言葉がさまざまな意味に結びついているとか、
切実さがにじみでていたり
それこそバイブスがあるというか……。

うーん、うまく伝わってるかな。
そういう本や文章に出逢えたとき、私はすごく幸せな気持ちになります。



そんなわけで今日は

マツコ・デラックスさん
中村うさぎさん
吾妻ひでおさん
菜摘ひかるさん



の紹介でした。


いつも厳選したオススメ本しか紹介していないけれど、
(じつは、ひとつの記事の裏には「読んだけどレビューしなかった本」が大量にあるのです。それこそ、山のように)

今回紹介したものは、なかでもとくに推したい本ばかり。
「おいしい文章」にふれて、すてきな読書ライフがすごせますよーに、
と願いをこめてピックアップしました。
良い本に飢えているあなたは、1冊だけでも、手にとってみてくださいねv




ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a


【関連記事】

【泣ける】女性作家が描く切ない恋愛小説10冊【沁みる】
最近読んだ「うさたま」10冊(中村うさぎ×倉田真由美)








 
posted by akika at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会学・現代思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング