2015年04月05日

【新しい脳】進化心理学を学びたい人のための11冊【究極要因】

 
今日のなぞなぞ
「進化心理学を学ぶための本は?」



「進化心理学を学びたい人のため11冊」↓「付録」にまとめました。
↓リストは↑『だまされ上手が生き残る』のあとがきで石川幹人さんがオススメしていた11冊です。


進化心理学とは……
人間のさまざまな認知機能や心理的現象を「進化の過程で生まれた(残された)もの」として説明しようという学問的アプローチ


のこと。
適応主義心理学とも呼ぶようです。

生物学、心理学はもちろん、社会心理学や社会学、脳科学、人類学ともクロースオーバーする、刺激的なジャンルv


本書は、あとがき以外でもところどころで関連書を紹介しています。
進化心理学への理解をふかめたいと思っている方は”情報のハブ”として◎。


それから、各章のあいだに

「進化心理学は何でないか」

というコラムが載っていて。
これが、誤解されがちな進化論や進化心理学と接するうえで、とても助けになる。


「人間は進化の頂点」ではない!
「遺伝決定論」ではない!
「なんでも進化で説明できる」のではない!
「現状肯定の理論」ではない!
「マジョリティの理論」ではない!
「優生思想」ではない!
「意識内容の説明理論」ではない!
「遺伝子至上主義」ではない!
「独立した分野」ではない!



の9つなのだけど、たとえば……

私は”進化”とか”適応”とか”淘汰”とか聴くとなんとな〜くサツバツとした印象を抱いていました。
以前の記事(最近読んだ「金融を学べる」本10冊)で紹介した、



↑この本なんかは、現代社会を部分的に進化論で説明していて(生き残れない弱いヤツは必ずいる、みたいな)
それはそれは美しき残酷な世界観(※)なのですが。


みんな、そろそろ「勝ち組」「負け組」
とか区分けするの、やめよおよぉ〜☆(*´∇`*)ミ☆


と思っている私は、なんとなく
「進化心理学に対して否定的なスタンスをとらなきゃいけないのかなぁ」
などと考えていたところでした。

でも、「『優生思想』ではない!」のコラムで石川幹人さんは言います。


「良好な機能」だと思っていたものは、今ここの環境にかぎった、たまたまの「良好」であるのかもしれません。

多様性を育む環境づくりのほうが(中略)ずっと価値のあることです。進化心理学の成果は、そういった方向に使っていきたいものです。


もしかして進化論について誤解してるかも……
と感じているあなたに、オススメ♪



あ、ちなみに↑※「美しき残酷な世界」は、
アニメ「進撃の巨人」のエンディングテーマ曲のタイトルです。

「進撃の巨人」が描くような
”サヴァイブ系”の物語(戦わなければ生き残れない)の世界観が、
ゼロ年代以降、フィクション・サブカルチャーの分野で目立っています。

詳しくは、以前の記事(碇シンジは夜神月を止められない――宇野常寛『ゼロ年代の想像力』)を参照してみてくださいね。


進撃の巨人EDテーマ 美しき残酷な世界 (通常盤)
日笠陽子
ポニーキャニオン (2013-05-08)
売り上げランキング: 71,374

美しき残酷な世界【通常盤】- EP - 日笠陽子(iTunes)





そんなこんなで、
今日もはげしく脱線してしまいましたが。あらためて


「進化心理学を学びたい人のための11冊」をど〜ぞ〜♪


ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a


【関連記事】

最近読んだ「金融を学べる」本10冊
碇シンジは夜神月を止められない――宇野常寛『ゼロ年代の想像力』
パーソナリティ(障害)の10のカタチ
カテゴリ:社会学・現代思想
タグ:心理学

【付録】


進化心理学を学びたい人のための11冊


 1.


 2.


 3.4.5.



心の仕組み~人間関係にどう関わるか〈下〉 (NHKブックス)
スティーブン・ピンカー
NHK出版
売り上げランキング: 480,403

 6.7.8.




 9.


 10.


 11.


 
【関連する記事】
posted by akika at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 10冊シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416822829
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング