2015年01月18日

カモる人、カモられる人〜行動経済学(行動ファイナンス)のススメ

 
今日のなぞなぞ
「行動経済学(行動ファイナンス)とは?」




カモのみなさん、こんにちは。
今日は「行動経済学(行動ファイナンス)」のお話です。


行動経済学とは……
ひとが経済的な行動(買い物など)をするとき、
どんな心理が働いて、その結果どのようにふるまうかを研究する分野です。


えっと。
伝統的な経済学ではひとは「合理的な行動」をすると考えて
いろいろなモデルが構築されていたわけですが。
これがどうも実態と合わない。

べつにみんなが性能や価格を徹底比較! して
いちばん安くてサービスの良いところで「満足度を最大化」するように購入するわけじゃないし。
衝動買いとか、しちゃうし。


そこで経済学と心理学を融合したような
「行動ファイナンス」という視点が生まれました。


↑で「カモのみなさん」とかゆっちゃってるけど、
「感情に左右される経済人」というイミで、私たちは全員がカモなわけです。




☆★☆


P1340512done

流行りのジャンルなので、いろいろな本が出ていますが
今日紹介する『9割の人間は行動経済学のカモである』
日本に特化した「行動経済学本」なのでオススメ。


パズドラ。
なめこ栽培。
AKB48総選挙。
イチロー。
マイル修行……。



すでに行動ファイナンスに詳しいひとも、
国内の事情に照らし合わせて解説されているので、改めて復習として読めます。
読みやすくエッセンスを凝縮している本。

逆に、がっつり学びたい人は海外の本をどうぞ。
……というより、このテの本は複数読んで「身体に憶えさせる」のがいいと個人的には思います。

↓じゃっかん内容の重複はありますがどれも面白い♪






☆★☆


P1340516done

行動経済学は、人間の普遍的な行動原理をあばく研究です。
ゼロ年代あたりからじわじわ普及して、知っている方も多くなってきました。
するとどうなるかっていうと……。


企業はマーケティングに行動ファイナンスを使う!
必ず、使う!




原理を知らないままでいると、
消費者はカンタンに操られてしまう
わけです。
あなたは、どんどん買わされる。

逆に、行動ファイナンスを知っていれば、
「罠」がみえる
ようになる。


「あ〜、その手で来たか。
まあ、そんなカンタンには引っかからないけどね」

と、冷静な経済主体でいられる。
脱・カモ! です。




たとえば「サンクコスト(埋没費用)」という概念があります。


オンラインゲームとかで、
いままでたくさんお金や時間を使って、ここまでレベルがあがったんだから
今やめたらもったいないよな〜という感情。

「これまで投資したお金と時間」が埋没した費用。サンクコスト。
これは今ゲームをやめても続けても、戻ってはこないのだけど、
人はサンクコストをかけてきた行動ほど、断ち切れない。

株式投資でなかなか損切り(含み損のある株を売って、それ以上の損失を食いとめること)できない心理も
サンクコストや保有効果(持っているものの価値は高く感じる)によります。


サンクコスト、という言葉を知っていれば、
その種の感情を抱いたときに、「あれだ」と思えます。


マーケターのあなたにとっては、強力な攻撃ツール。
消費者のあなたにとっては、最強の防衛アイテム。



それが、行動ファイナンス。



かくして、
企業と消費者の攻防戦は、さらなる活況を帯びてゆく……。


☆★☆


P1340511done

でね。
今日は企業の中の人ではなく、消費者目線で話を進めたいのだけど。


すべてが防衛、防衛、だと
あんまり面白くないんじゃないか
……と思うわけです。

もちろん不要な出費は避けるに越したことはないけれど、
たとえば、さっきのネットゲームの例だと。


今までかかった時間やお金はサンクコストだ。
それはわかった。
だけど、このゲーム楽しいから、べつにやめなくていいじゃん。続けよう。


……そんな選択もアリなんじゃないかな。
(私はパズドラはやってないけど^^;)


問題なのは、カモであると知らないまま
カモでいつづけること
、です。
自分がカモであることに気づいていれば、
あえてカモのままでいることは、ひとつの「選択」
である。


カモられる幸せ、ってあるよね。
(深……くもないか(笑))

ほんとうは、気づいてたんだょ……ってヤツです。


☆★☆



そんなこんなで今日は
行動経済学とカモのお話でした。

最後に、カモ関連の本を紹介。




このブログで何度も推している漫画です。

勝てばとんでもない大金が手に入る。
負ければ膨大な額の借金を負う。

そんなライアーゲームに巻き込まれてしまう「バカ正直のナオ」。
彼女は元天才詐欺師・秋山の力を借り、嘘と欲望のゲームに立ち向かう……。


登場人物がカモり、カモられます。
カモ漫画の決定版。


確率論、心理戦、トリック、マネー。


当ブログ的には、何度推しても推したりないくらい。
ナオが「みんなを助ける」という行動原理に徹しているのも、テーマ性があります。

戸田恵梨香さんと松田翔太さん主演でドラマ化されました。
↓囚人のジレンマ(※)をモチーフにした劇場版もオススメ。
「ファイナルステージ」は原作を超えた映画かも。


※ 経済学ゲーム理論の用語。以前の記事(面白いライトノベル見つけました――土橋真二郎『扉の外』)で詳しく解説しています。


ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ スタンダード・エディション [DVD]
ポニーキャニオン (2010-09-15)
売り上げランキング: 17,164


↓小説版も出ています。
いわゆるノベライズだけど、ものすごいよく出来ています。
立ち止まって考えながら読めるので、映画版よりいいかも。
私は映像より先に小説を読みました。



それでは。

ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a


【関連記事】

面白いライトノベル見つけました――土橋真二郎『扉の外』
『一般意志2.0』vs『「みんなの意見」は案外正しい』vsビッグデータ
カテゴリ:キャッチコピー・広告・販促







この記事へのコメント
こんにちは〜

おひさしぶりに遊びに来ました^^

カモ。。
うーん、この世の中はカモだらけですからね 笑

感情を動かされると消費行動に走りますから

それが消費者心理ですよね
しかも100年前に解明されているという。。

うーん勉強は大事ですなあ
カモられないためにも
Posted by ヒロタロウ at 2015年01月21日 08:15
ヒロタロウ さん

おひさしぶりです♪
この世はカモだらけ……なんかもふもふですね(笑)。

人なので感情を持っているのは仕方ないけれど、
事前にいろいろわかっていれば、カモられない行動も選べるし
「あえてカモになる」のもまた一興かな。

また遊びにきてくださいね〜☆彡
Posted by あきか at 2015年01月21日 19:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング