2015年01月07日

2010年代を見通す7つの大胆予測

 
今日のなぞなぞ
「2010年代はどんな時代か?」

P1510843done

新春記念記事として、
「2010年代を見通す7つの大胆予測」をまとめます。

テン年代も中盤。
独断と偏見で、未来を大胆に予想します。

……といっても、実はあんまり「大胆予測」ではなく。
これからの時代の雰囲気をわりと抽象的な言葉で連ねているだけなので、
当たるも当たらないもないのだけど。

”いま”と”未来”の空気を
なんとな〜くでも感じられるものになっていれば嬉しいです♪


(もくじ)
・文化的ゲリラ、テロ
・高速新陳代謝〜鍵は「妖怪ウォッチ」
・見える化する概念〜サブカルチャーの消失
・EXILEとAKBはなぜ大所帯になるのか
・モノを残さない消費のカタチ
・SF社会〜未来予測時代
・希望と不安のたしかな両立



 文化的ゲリラ、テロ


2ちゃんねる、フェイスブック……インターネットの普及で、小さくスタート→大ヒットというサービスがたくさん現れました。この流れが今後はウェブを飛び出してリアルに波及してゆく。立役者は3Dプリンタとクラウドソーシング、クラウドファンディング(※)。モノ、サービス、作品……あらゆる文化がぽんぽん突発的に生まれる、めっちゃ面白い時代かもしれません。

※ ネットを通じて、不特定多数のなかから人材や資金を募る手法。



 高速新陳代謝〜鍵は「妖怪ウォッチ」


昨日流行していたものが、今日は見向きもされない……。流行り廃りの高速回転は、これからも加速していく。そんななか、私が注視しているのは「妖怪ウォッチ」♪ これがポケットモンスターのように、どの世代の子供にも愛されるロングセラーになっていくかどうかが、「時代の新陳代謝速度」を測る指標になるかも。


妖怪ウォッチ2 真打 特典同梱(激レア「Zメダル」ブチニャンメダル)
レベルファイブ (2014-12-13)
売り上げランキング: 24


 見える化する概念〜サブカルチャーの消失


たとえば、壁ドン(※)。少女マンガでたまにみられる胸キュンシーンだったのだけど、「壁ドン」という言葉・概念が広まることで、「ああ、あれね」と陳腐化してしまう。ツンデレもフラグも、いろいろな概念がものすごい速さで名づけられるようになりました。同様、「サブカルチャー」という言葉はすでに一般化しているので、もう「サブ」ではありえない。アングラ的なエネルギーがすぐさま無害化されてしまう、そんな時代。

※ 男の子が女子を壁に追いつめてドキドキさせる行為。



 EXILEとAKBはなぜ大所帯になるのか


ヒットのキーワード、それは……「中の人がうじゃうじゃやってる(ファンの方、すみません(>_<))コンテンツが、好みの細分化と多様性を受け容れたまま、ユーザーが大きく関与できる形でパッケージングされること」です。アイドルグループも、各種SNSもニコニコ動画も初音ミクも、ざっくり言うと、ぜんぶこれ。ざっくり。


O.R.I.O.N. (CD+DVD)
O.R.I.O.N. (CD+DVD)
posted with amazlet at 15.01.06
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
rhythm zone (2014-12-10)
売り上げランキング: 243

O.R.I.O.N. - EP - 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE(iTunes)


 モノを残さない消費のカタチ


高級ナベを買うなら、品のいいレストランに食べにいきたい。一生もののファッションを身にまとうより、そのときどきで気に入ったものを選びたい。自動車はリースかシェアでいいし。ゲームはソフトを買うんじゃなくて、ダウンロードして楽しめばいいし……。断捨離の時代、ストックではなくフロー型の消費でスマートに暮らす人が急増!




 SF社会〜未来予測時代


自動運転。人工知能。ドローン(無人航空機)。まるでSF小説のような世界がどんどん実現しつつあります。その人の病気のリスクや仕事の適正までテクノロジーが診断してしまう様子は、まるでアニメ「サイコパス」の世界。ビッグデータ(※)の収集と予測の精度があがることで、今まで占いやスピリチュアルが担っていた分野にも競合相手が出現だ。

※ 従来では考えられなかったような、数・量のデータの集積物のこと。

PSYCHO-PASS サイコパス Blu-ray BOX 6枚組
東宝 (2014-10-15)
売り上げランキング: 1,737


 希望と不安のたしかな両立


いつの世にも、希望と不安は同居しているけど、双方の可能性がくっきりはっきりと両立する時代になっている実感があります。経済も福祉も良くなって、みんなが暮らしやすくなるかもしれない。でもそうはならないシナリオも明確に描ける。技術革新で地球にやさしい社会が実現するかもしれない。でも、けっきょく一部だけにとどまる見こみも大きい。


世界がどちらに転んでも、
しなやかに生きていける知恵を身につけるために。


みんな、いっぱい
本読もうよぉ〜☆(*´∇`*)ミ☆




というわけで、
今年も……


ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪ です。


本年もよろしくお願いいたします。



あきか(@akika_a



【関連記事】

最近読んだ「未来を予測する」本10冊
『一般意志2.0』vs『「みんなの意見」は案外正しい』vsビッグデータ
正月に決めた「今年の目標」が達成できない7つの理由





posted by akika at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 7つの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング