2014年05月10日

最近読んだ「文字の少ない」本10冊〜右脳を活性化させるために

 
今日のなぞなぞ
「右脳を活性化させるためには?」


「最近、左脳でしかものを考えてないよなぁ」と感じているみなさま、こんにちは。
私も言語脳です^^;


なので、ときおり
言葉や論理にたよらない読書をしたくなる。

忙しい毎日のなか、置いてけぼりの右脳を活性化させるために。
今日は、”文字の少ない本”10冊をど〜ぞ♪


はたして、
あなたのお口にあう書はございますでしょうか?


 極彩色の異界


世界中の”奇怪な”スポットを集めた写真集。得てして異文化はよそ者とって奇怪なはずだけれど……。「いや、たぶん地元のひともヘンだと思ってるだろこれ」というようなスポットばかりです。極彩色の異界を右脳で感じろ! ↓続編も出ています。


 詩じゃない、アートだ。


ちんろろきしし。とんいくしみと。てんじじじ。ぴぱじ! ……ふっかつのじゅもん(※)じゃなくて、この本からの引用です。意味をなす以前の文字と抽象画の連続。単語というまとまりすら崩しているので、詩集というよりアート。でも、イミフメイの音の響きが、私達の潜在意識になにかしらのイメージをたちあげる。瞑想するかのように、読んでください♪

※ ふっかつのじゅもん : ゲームソフト「ドラゴンクエスト」T・Uで、ゲームを途中から再開するためのパスワード。

 お宝……(^¬^)ジュル


古今東西の”性的な”珍品・秘宝を収蔵した、各地の「秘宝館」の写真集。すでに廃館してしまったミュージアムの記録もあり、資料としても貴重。ロウ人形、交尾ショー、性教育……。えろえろな異界を、本能で駆け抜けろ!

 直観で記銘すべき言葉たち


「僕の存在価値って何でしょ?」「ないッ!」。……ひょんなことからマグロ船に乗りこんでしまった、自己啓発オタクのサラリーマン。エッセイ漫画です。おもしろい。船員たちの言葉たちはあまりにも「正しすぎ」。いかなる解釈もしないで、そのままの言葉を記憶にとどめるべし。

 名作をとことんアレンジ♪


哲学者ニーチェの「ツァラトゥストラはかく語りき」を下敷きにした、ストーリー漫画です。教会の兄弟をめぐる出自の謎、ミステリアスな女性、聖職者をもおそう社会不安……。これを読んだだけでは、ニーチェの思想はよくわからないかもしれないけど、物語が面白いので◎。マンガは脳によいのです♪

 あるある……いや、なしなし


コンビニバイト歴10年の著者による、コミックエッセイ。コンビニあるある……くすりと笑ってしまう話が多いのですが。なかには「いや、ないだろ」というような驚きの逸話まで。左脳で読んでしまいがちな本ですが、ありのままの現実を直観で味わってみて。

 頽廃と崩壊の官能学


廃墟の写真集。一枚の写真のなかに、流れ抜いた時間、ひとびとや自然のかつての営みが色濃く感じられます。廃墟ってなんでこんな美しいんだろうね。まっさらな気持ちで、鑑賞して感じたものは、すべて受けいれて。右脳の読書タイムを♪

 機能と混沌のパズル学


工場の写真集。はりめぐらされたパイプ、ひとつひとつに意味がある。廃墟とはまた違った、美しさがあります。廃墟がファンタジーなら、工場はSF。じっくり時間をかけて読むことをオススメします♪

 カタチでカンガエル。


写真の撮り方教則本。カメラの設定から、構図、アングル、演出の仕方まで、これ1冊でOK。まあ、この本でなくてもいいのですが、写真が趣味でないひとも、たまにはフォトやイラスト、デザインのハウトゥー本を読んでみることをオススメします。ふだん「言語で」ばかり考えているあなたは、とくに! 

 クソババンバ!


伝説のギャグ漫画、再臨! 勇者ニケと魔法使いククリの旅が、ふたたびはじまります♪ 打倒、大魔王。……そんな物語なのに作者は、「壮大にならないように」につねに心がけているそうな。ギャグの言語感覚が素晴らしすぎる。メガロッパ!



追記)
人工美と自然美の両方が楽しめる「トンネル本」を追加♪


世界中のトンネルを集めた写真集。人工物のほか、氷河、海中、樹木のトンネルも。奥行きを感じさせる構図ばかりで、吸いこまれそうになります。『雪国』も『千と千尋の神隠し』も、トンネルはいつでも”異界への入口”だ。


お口にあう本はございましたでしょうか?


ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a


【関連記事】

【深い】大人になったあなたが読みたい絵本10冊【美しい】
最近読んだ「世界観が独特な」本10冊
最近読んだ「世界観がダークな」本10冊
幻想と異形の獣人写真集――シャルル・フレジェ『WILDER MANN (ワイルドマン)』






【関連する記事】
posted by akika at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング