2014年01月17日

セミナーにハマる前に……

 
今日のなぞなぞ
「自己啓発セミナーにハマる前にすべきことは?」



セミナー好きのみなさま、こんにちは。
自己啓発、してますか?


今日紹介するのは、自己啓発本。
……といっても、自分を高めるための本ではなくて
自己啓発セミナー業界についてのルポタージュです。


記者・ジャーナリストである柿田さんが、体験や取材にもどづいて


人はなぜ
高額で長時間のセミナーに虜になるのか



を解き明かしていきます。


非日常、シェア、一体感
独特な造語、達成感、未達成感……など


多くのセミナーに共通する
のめりこませる仕掛けを暴いていく。

かなり面白いです。
どんなからくりで、人は対象にのめりこんでいくのかという視点で読めば、
セミナー業界にかかわらず、さまざまなビジネスの企画や広報にも応用できるかもしれません。
99年の本ですが、古さはまったく感じませんでした。



☆★☆




本書は新聞連載されていたこともあり、わりと”社会派”な内容です。
どちらかといえばセミナーに対する批判的な物言いが多い。
「セミナーを全否定するわけではないが……」と前置いてから


学生がセミナー合宿中に死亡した事件や
セミナーをきっかけとして精神疾患を発症してしまう参加者たち、
カリキュラムの一環として、受講者に勧誘活動を強要する団体などの例をひいて


その危険性に強く警鐘を鳴らしています。


おなじようなテーマの本としては、
塩谷智美さんの『マインド・レイプ』が有名ですね。





☆★☆




実は私自身、仕事などでいろいろなセミナーにお世話になった経験が多く。
まさに「いろいろなセミナーがあるなぁ」と肌で感じています。

なかには欺瞞に満ちたものもあれば、
これはすごい。本物だ! と思えるようなものもありました。


心やコミュニケーションを扱うものもあれば、
純粋にテクニカルな指導に終始している講義もあるので
すべてのセミナーをひと口に語ってしまうわけにはいかないのだけど、


セミナーに夢中になるあまり、借金を背負ったり
端から見れば”不幸に”なってしまう人たちがいるのは問題だ、と感じています。
(それでも、本人は”幸せ”と感じている場合があるので難しい……)


とはいえ、
私が危惧しているのはセミナーの存在それじたいではありません。

むしろ、
必要以上に過剰にのめりこんでしまうその人の”選択肢のなさ”

こそがヤバいんじゃないかな、と考えます。



☆★☆




ここには宗教なんかも含めてしまっていいと思うけど、
セミナーなどの”教義”はそれじたいがロジックとして「完璧」なので、
論理的に批判しにくいという性質があります。

ひとたびコミットしてしまうと、
どんな反対意見も通らない。
(だからこそ、カリキュラムとしての勧誘活動や献金も正当化できてしまう)


その「完璧さ」というのは、
数学に例えるとイメージしやすいと思います。


2進法の世界は2進法のなかで「閉じて」いるので、
「1+1は2」だとどんなに言っても
2進法の人には1+1は10でしかないわけです。

それぞれのロジックのなかでは、
それぞれが”正しい”。

だから反論は通らない。



☆★☆




じゃあどうするのか。
その人が2進法も3進法も10進法も選べるようになっていればいい、と私は思います。

ひとつのセミナーに過剰にのめりこむ前に、
世のなかには様々な価値観、考え方があることを知っておく。

そうして100の”教義”を学んだあとに、
特定のひとつを選ぶのなら、それはそれである種の選択だと思います。



じゃあ、見聞を広めるためにどうするのか。
もうお気づきだと思います。
そのためには……



みんな、たくさん
本読もうよぉ☆(*´∇`*)ミ☆




と、今回もそういう話になるのですが(笑)。



実をいうと、自己啓発セミナーや自己啓発系の本の多くは
かなりの部分に「アドラー心理学」の応用が入っています。




以前の記事(読書家5氏(伊藤真・本田直之・勝間和代・土井英司・和田裕美)の厳選オススメ本)でも、
和田裕美さんが「もっとも読み返した本」として挙げていたアドラー。

自己啓発に親しんでいる人が読んだら、驚くと思います。
「知ってる話ばっかりじゃん!」って。


セミナーに行く前に、
アドラーくらいは読んでほしい。

もっと極端なことを言えば、


セミナーに行く前に自己啓発書を100冊読め!



そうすれば、徹底的に相対化できるはず。
複眼でものを見て、スマートに生きてこうぜ! というわけです♪



そんなこんなで。
今日もシメの言葉は……



ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a


【関連記事】

読書家5氏(伊藤真・本田直之・勝間和代・土井英司・和田裕美)の厳選オススメ本
徹夜本見つけました――新堂冬樹『カリスマ』〜あわせて読みたい「カルト宗教」本
心の時代を生きるための本10冊






 
posted by akika at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング