2013年12月14日

最近読んだ10冊U

 
今日のなぞなぞ
「雑食家はなにを食べるか?」


雑食家のみなさま、こんにちは。
ライトノベルから六星占術まで、私も雑食です。



というわけで。
今回も、最近私が乱読した、ジャンル不問な本のなかから、
"良かった10冊"をぷちレビューしていきます。

去年書いたパートTはこちらです↓
最近読んだ10冊


あなたのお口にあう書はございますでしょうか?



 人生における必読書


ユダヤ人の心理学者が、ナチスの強制収容所での体験を赤裸々につづっています。『アンネの日記』と並んで、世界中で読まれているロング&ベストセラー。「言語を絶する感動」……なんて言葉じゃ足りない。”人間”をふかく知るために、人生における必読書と断言します。

 青春の、リアル


「自由というものは、ときに、僕らをしばりつけてしまう」。恋愛や家族、夢に踏み迷う大学生たちの場面場面を、きらきらと澄みわたる文章で切り取った青春小説。透き通った文章だけど、リアルな生々しさがあります。どうにもならない、出口のない問題を前に、僕らはなにを想えばいいのだろう……。朝井リョウさんといえば『桐島、部活やめるってよ』(集英社文庫)が有名ですが、『もういちど〜』の方が名作です。

 どろどろどろ……嫌汁出まくりミステリ


読後感最悪(笑)! 人間の暗部、イヤな部分をえぐり出す”イヤミス”の傑作です。少女漫画「青い瞳のジャンヌ」をこよなく愛する中年の”少女”たちに、不穏な事件が。女の世界特有の愛情と嫉妬、見栄の張りあい、陰口……もう、どろどろどろどろどろどろ。どんでん返しもズバ! っと決まってる。オススメのイヤミスを訊かれたら、私はこの本をトップに挙げます。

 もはや大喜利


「どうしてひと言オレに相談しなかったんだ?」「遅くなるからです」。以前の記事(20代が使うべき・使ってはいけない100の言葉)でプッシュした、千田琢哉さんの「100の言葉」シリーズより1冊。上司や同僚、恋人のやれやれな言葉にどう切り返すかという想定問答集。「もはや大喜利か!?」と思えるほど。くすりと笑ってしまいます。まわりに流されず、自分を大切に生きていきましょ、という本。

 ちょっと邪道な読書術のために


年末年始に読みたくなる、細木数子さんの占い本。その年の運勢を知って、指針を立てましょ。ちなみに私は木星でなく天王星人ですが、たまたまそばにあった木星人を読みました。なぜか。「30代のための〜」という本は、20代が読んでも役に立つのと同様。運命星なんて気にせず、ぜんぶ自分のこととして読めばいい。雑誌の星占いも、私は12星座すべて読みます。占い師から見ればちょっと邪道かもしれないけど、本はどんなふうに読もうが自由です♪

 ”新本格”に絞った評論集


ミステリ評論は数あれど、”新本格ミステリ”(※)に特化した論集はあまりない。各有名作品の解説を読むほどに、ミステリへの愛が育まれます。「新本格を識るための100冊」を挙げてくれているのがうれしい。ぜんぶ読みたくなります。

※ 新本格ミステリ : 1980年代に日本でおこった新しいミステリの流れ。綾辻行人さんの『十角館の殺人』を嚆矢とするのが定説。

 闇の炎に抱かれて消えろ!


ダークフレイムを操る少年が、邪王心眼の使い手の少女と契約し、追試をクリアすべく数学を教えます。なんじゃそりゃ。アニメ化されているので有名な作品です。ファンタジーじゃない、いたって普通の高校のラブコメですが、かわされる会話はなにやら魔術めいています。なぜって、ヒロインが中二病(※)だから! キャラが魅力的すぎます。物語なんてどうでもいい、キャラクター小説の理想像。六花がかわいいですv

※ 中二病 : 洋楽にかぶれる……など、背伸びしがちな思春期の言動をいう。近年は意味を変え、「邪気眼」など自分が異能力者であるかのようにふるまう症状を指すようになった。厨二病とも。

 みずからをピンチにさらせ!


ピンチや逆境をどれほど乗り越えたか……それが、その人の価値を決める、と思います。攻めが必要なのに、守りに徹してしまいがちなこの時代。ピンチを快く迎えられる自分になるために。来年は攻めの年にしたいなぁ……なんて個人的に思いました。

 たらふく、本を食え!


読書好きなあなたに、もっともオススメなライトノベル。物語を食べる妖怪と元覆面作家の学園ミステリ&コメディ。ライトノベルらしくキャラクターがすごく魅力的なのですが、本書は読み進めるほどに謎が謎を呼び、目を離せなくなっていきます。一級のサスペンスとしても◎。日常の謎系。太宰治好きもチェック。遠子先輩がかわいいですv

 女子のための、合コン必勝法


美貌? 性格? いえいえ、モテる女子に必要なのは、”キャラ”です。魅力を活かすために、自分をどう演出するか。(職業、タイプなど)こういう男に愛されるためには、どのキャラで攻めるべきか……など、かなりテクニカルな合コン攻略本です。参加者のメンツに応じて、変幻自在に自分のキャラをあやつれれば上級者。チームプレイの指南もアリ。あなたはどんな自分にもなれる……自分の可能性を制限しないために、合コン行かないひとも読んでみて。




あなたのお口にあう書はございましたでしょうか?


ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか





【関連記事・カテゴリ】

最近読んだ10冊
20代が使うべき・使ってはいけない100の言葉

 
【関連する記事】
posted by akika at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382668258
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング