2012年12月13日

キミイチ!〜一歩を踏み出すための魔法の合言葉

 
今日のなぞなぞ
「第一歩を踏み出すための魔法の合言葉は?」




キミイチっ!


"行動"することが大切なのはわかっているけど、
なかなか第1歩が踏み出せないあなた。


今日はそんなあなたの背中をドカンと押してくれる
情熱の1冊をご紹介。


さて↑冒頭の「キミイチ!」というかけ声はなんなのかというと、今日紹介する
『1度きりの人生だから絶対に後悔したくない! だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ』という本の愛称です。
公式ニックネーム。


一歩踏み出すことが大事――。
それは、きっとみんなわかっていると思う。

じゃあ、どこからその気持ちを湧き起こすのか。
その答えはこの本のなかにあるし、その役割はこの本にしか担えない。


理屈でなく心で読むビジネス書。
魂の自己啓発書。



そんな良書です。


☆★☆



本書には、「これでもか!」というくらい
こちらの感情を揺さぶる仕掛けが散りばめられています。


表紙をめくると、いちばんはじめに目にはいる言葉。
それは――。


これから、僕の情熱を君たちに伝染(うつ)そう。




続くプロローグでは、
”一歩を踏み出せない”多くのひとに寄りそい、

「まわりの目が恐い」
「失敗したらどうしよう」

と、その理由・不安を代弁していく。

そうだよなぁ、とうなづきながら次のページをひらくと
見開きで――。


img002
「だけど、本当にそれでいいのだろうか?」


広大な空と大地。
たたずむ、ひとりの<自分>。

ぐっ、ときます。涙腺うるうる。


表紙はもとより、目次もとてもカッコいい。
(「装丁がクールなビジネス書は売れる」という法則に違わず、
この本も発売1ヶ月を経る前に増刷したそうです)


ぜんぶで50の章(コトバ)があるのですが、
ひとつひとつに見出しがついています。


01 REGRET[後悔] 
07 WALL[壁]
17 ACCELERATOR[アクセル]



のように。
もちろん、「越えられない壁は違う力を使って超えることができる」……というように
内容をまとめるサブタイトルもついているのですが、

01 REGRET[後悔] 

と、単語・英語の短いタイトルがずらり並ぶと、
なんだかそこから濃厚な物語がはじまりそう。



……待てよ、いや、そうか。私という人生は
壮大な物語であるはずだ。

もう、物語や詩のように理屈でなく感情で読むしかない。
……そんな気分になってくる。


☆★☆



368done

実は、この「論理でなく心で」というのは、
著者の吉岡先生が伝えるメッセージのひとつだったりするんです。

吉岡先生は言います。


理性で考えると行動にブレーキがかかる。
感性の声を聴き、すぐにアクセルを踏むことだ。



と。

ハッとしました。




この本はとにかく、
私たちが動きだすために創られています。


吉岡さんの50の文章があり、
松下幸之助やヒャダインさんなど「一歩を踏み出した”先輩のコトバ”」が50個ある。
あなたが踏みだす一歩を書き込む欄も、50個ある。



とことんこちらの感情を揺さぶってくる、
デザイン面でも、本のテーマを補強している。

そんなトリックが仕掛けられた、スゴい本です。


☆★☆


373done

最後に、カンタンに著者の紹介をすると。


吉岡秀人先生は医師。
……という枠にはとどまらない"すごい人"です。

30歳で単身でミャンマーにわたり、
1万人以上の魂を救ってきた。
今では医療だけでなく、児童養育施設の運営、医師・看護師の育成にも力を注ぐ……。

テレビ番組の「情熱大陸」に3回も登場しているので、
ご存じのひとも多いかもしれません。


たとえ、助からないとわかっている子供にも、
ひたすら手を差し伸べ続ける……。


宗教家ではないけれど、
現代のマザーテレサといっても言い過ぎじゃない、すごい人です。


発展途上国の子供を救え!小児外科医吉岡秀人の戦い
http://japanheart.exblog.jp/
ジャパンハート JAPAN HEART −国際医療協力・海外医療ボランティア医師団−
http://www.japanheart.org/




すごい人、本物の人が語る言葉は
いやおうなく、こちらの思考や行動を変えてしまうチカラがある。



ところで、毎度のように言いますが、
こういう"読者の年齢を限定している"すべての本は、


20代じゃない人が読んでも役に立ちます。


☆★☆



なんだかあまり本書の内容について触れていない、
イレギュラーなレビューになってしまいましたが。


誤解を承知で言いきってしまえば、実は


本書の内容なんてどうでもいい


のです。
あなたが一歩踏み出せればそれでいい。


その証拠に、この本の帯にもなっている吉岡先生の言葉を引用します。


心に響くコトバが一つでもあったら、
本を投げ出してもいいから、
すぐに行動してほしい。




面白そう、読んでみたいな……。
――そう思ったあなたの感性は、すでに一歩を踏み出しているはず。


……じゃあ、いつ読むのか?
今だろ!
(東進予備校ふうに)





内容にあまり踏み込まなかったのは、じつはもうひとつ理由があって。
↓本書の公式サイトやソーシャルウェブで、”50のコトバ”のひとつひとつがフリーで公開中です。

---------------------

【1歩を踏み出す50のコトバ14】
「もう僕がいったい何発撃ってると思う?」
(情熱大陸3回出演、1万人の命を救った医師・吉岡秀人著『君が1歩を踏み出す50のコトバ』より)


---------------------

ツイッターだと、こんな感じ。
私のヘタな引用よりは、特設サイトを見てみてくださいな♪ ……というタネでした。


「キミイチ」特設サイト
http://www.subarusya.jp/kimiichi50/
「キミイチ」Facebookページ
http://www.facebook.com/kimiichi50
「キミイチ」Twitterページ
https://twitter.com/kimiichi50

 


そんなわけで、
一歩を踏み出す勇気の合言葉は……。


キミイチっ!



ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか


追記)
↓ustreamより、吉岡先生の動画。若者に向けた講演会です。
「目の前の世界に積極的に関わっていけ」と強調されていて、ぐっときます。



Video streaming by Ustream


【関連リンク】

発展途上国の子供を救え!小児外科医吉岡秀人の戦い
http://japanheart.exblog.jp/
ジャパンハート JAPAN HEART −国際医療協力・海外医療ボランティア医師団−
http://www.japanheart.org/
「キミイチ」特設サイト
http://www.subarusya.jp/kimiichi50/
「キミイチ」Facebookページ
http://www.facebook.com/kimiichi50
「キミイチ」Twitterページ
https://twitter.com/kimiichi50

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング