2012年11月07日

同人誌「ニッケルイエロー」に恋愛&ミステリ小説を寄稿しました

 
ニッケルイエローVol2表紙

同人誌「ニッケルイエロー」vol.2 に、
「闇に走れば」という小説を寄稿しました。



「ニッケルイエロー」はブルーアイリスさんが主催する、電子同人誌。
以前の記事(同人誌「ニッケルイエロー」にプレカリ文学を寄稿しました)で、
創刊号を紹介しました。

第2号ということで、新しい創り手さんも加わり
より華やかな彩りになっています。

無料で閲覧できるので、よかったら見てみてください♪


ブルーアイリス グラフィックアーツスタジオ 絵画の制作・販売 電子出版業
http://blueiris.jp/



追記)
現在「ブルーアイリス」のサイトでは「ニッケルイエロー」の公開が終了していますが、
↓電子書籍サイト「ブクログのパブー」で閲覧できます。

ニッケルイエローVol2(ブクログのパブー)
http://p.booklog.jp/book/59529



☆★☆



今回は、恋愛&ミステリを投稿させていただきました。
……といっても、べつに2つの作品を掲載したわけではなく。

恋愛小説でもあり、ミステリでもある。
ジャンル不定な感じが「ニッケルイエロー」っぽいかな、と。
恋愛要素よりもミステリ色のほうが強いかも。


夜の海。車にのった男女。途切れたガードレール。雨……。


そんな場面から、物語ははじまります。


いとことの再会。恋敵の登場。脅迫。交錯する想い。
そして主人公たちは、十年前のある事件を起点として
逃れられない"運命"へとのみこまれていく……。



おおげさに紹介すると、そんな感じ。
プロットはちょっとこみ入っているかもしれないけど、読みやすいものになっていると思います。
イッキ読み必至!


じつは「闇に走れば」という小説のタイトルは
↓私の好きな谷山浩子さんの歌からとりました。


----------------------------------------------
空飛ぶ日曜日
空飛ぶ日曜日
posted with amazlet at 12.11.07
谷山浩子
ポニーキャニオン (1991-05-21)
売り上げランキング: 240540

空飛ぶ日曜日 - 谷山浩子(iTunes)

1. 闇に走れば
2. 風のあたる場所
3. BLUE BLUE BLUE
4. 再会
5. FLYING
6. メリー・メリー・ゴーラウンド
7. うさぎ
8. 空飛ぶ橇I
9. ほおずきランプをともして
10. 恋するニワトリ
11. 少女は…I
12. 少女は…II
13. 少女は…III
14. 空飛ぶ橇II
----------------------------------------------

タイトルは……というよりも、
小説の冒頭は、この歌がモチーフです。
(著作権的にNGなので歌詞は引用していません)


以前の記事(「魔法少女まどか☆マギカ」に学ぶ4つの人生訓)でもお話しましたが、
私は谷山浩子さんの音楽と詞が大好きで。
小説のネタ出しとなると、もう伴侶のように谷山さんのCDを聴きながらブレストしている。
すっごくイメージがふくらむんですv

ショートショートをふくめれば、もう10本以上
谷山浩子さんの歌をモチーフにした作品を書いているかも。


というわけで、「闇に走れば」という歌を出発点にした小説ですが。
できあがってみれば、ずいぶん歌の世界から飛躍したお話に仕上がってしまいました。
「二次創作」と呼ぶことすらできないほどだけど、
好きな歌にあたらしいイメージを吹きこむことができたかなぁ、なんて
ひとりのファンとして個人的に悦に入っています。

もちろん、小説も歌も単体で楽しめますが、
せっかくなので
よかったら、曲とセットで、読んでみてくださいね。


☆★☆



vol.2 には

星野真奈美さんの「午前0時の時計台 お菓子の匂いに誘われて」
ブルーアイリスさんの「フローラの追憶 第二部 女神達の溜息」


という作品も収録されています。
「時計台」は、色あざやかでちょっと不思議な世界が素敵なファンタジー小説。
「フローラ」は、創刊号から連載中の恋愛エンターテイメントです。
表紙や扉絵イラストも、必見♪



↓「ニッケルイエロー」vol.2 に参加している作家一覧(敬称略)
<小説>
星野真奈美
http://nagai.koborezakura.com/
姉崎あきか
http://poonyoponyo.seesaa.net/
ブルーアイリス
http://blueiris.jp/
<イラスト>
平田みな子
http://ameblo.jp/milkpowder3/
たかはしいちこ
http://strawberry-11.p1.bindsite.jp/
ブルーアイリス




それでは。
ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか



【関連記事】

同人誌「ニッケルイエロー」にプレカリ文学を寄稿しました
「魔法少女まどか☆マギカ」に学ぶ4つの人生訓

【関連リンク】

ブルーアイリス グラフィックアーツスタジオ 絵画の制作・販売 電子出版業
http://blueiris.jp/
ニッケルイエローVol2(ブクログのパブー)
http://p.booklog.jp/book/59529
言葉の大樹
http://nagai.koborezakura.com/
イラストブログ*いちごとキャラメル
http://ameblo.jp/milkpowder3/
Strawberry-11
http://strawberry-11.p1.bindsite.jp/

 
【関連する記事】
posted by akika at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!星野真奈美です。

まずはお礼から。
当サイト「言葉の大樹」の紹介ありがとうございます!
とてもうれしいです。

『闇に走れば』の創作秘話が興味深いです。
あのお話は歌から着想されていたのですね。
どんな歌なんだろうと気になってさっそく聞いてみました。
寄せては返す波のような調べで優しい感じもありますが
ほの暗さを感じる不思議な曲ですね。
歌詞とお話がリンクする部分にはちょっぴり反応してしまいました。(笑)

少しだけ『闇に走れば』の感想の追加を。

キャラクターの違いの出し方が面白く
姉崎さんはよく人間を観察されているなと思いました。
タクトがなにごとにも精力的で前向きなのに対し
ヒナは現状維持がいいと思っている。
この描写を見た時
確かに人間ってこの二つのタイプに分けられるかもと思いました。

あと、言いそびれてしまっていましたが
講談社ミステリーランドと『透明人間の納屋』のおすすめありがとうございます!
たまっていることを片づけつつ
小説の書き方の本とともに読んでみたいなと思いました〜。

北の方では早くも雪が降るそうです。
風邪にはくれぐれもお気をつけて!
Posted by 星野真奈美 at 2012年11月13日 21:06
星野真奈美さん

こちらこそ、リンクをはっていただきありがとうございました♪
そうなんです。実は歌をヒントに生まれたお話でして。
疾走感のある夜の雰囲気が素敵な曲ですよね。
三拍子というのも、個人的にツボです。

追加の感想、ありがとうございますv
タクトとヒナの対比……言われてみればそんなところも、
「闇に走れば」の歌の影響があるかもと気づきました。
あの歌の語り手は「動かないで」とか「このまま」など、
”現状維持”の言葉ばっかり使ってますよね。

『透明人間の納屋』はミステリはミステリなのですが、
後半、あるひとの生き方・来し方を描いていて、
ほとんど文学に漸近しているような作品だと私は思いました。
お口にあうと嬉しいです♪
こちらも”子供向け”の皮をかぶった”大人向け”の小説(笑)。

星野さんもお体に気をつけてお過ごしくださいね〜。





Posted by あきか at 2012年11月14日 17:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング