2011年12月10日

【泣ける】女性作家が描く切ない恋愛小説10冊【沁みる】

  
今日のなぞなぞ
「恋愛小説ベスト10は?」

003.JPG

「切ない恋愛小説10冊」をまとめました。
日本の女性作家の作品から、"読みやすさ"と"奥深さ"を基準にセレクト。

カフェでのリラックスタイムや移動中などに、ゆったりとど〜ぞ〜♪




 第10位


小説10冊と言っておきながら、1発目は漫画。きっと、多くの女の子はナナに憧れながらハチの生き方を選んでいる。「マンガはNANAしか読まない!」っていう作家もいるくらい、小説じゃないけど挙げておきたい作品。

 第9位


ハツのにな川に対する気持ちは、たぶん恋ではない。でも「その人じゃないとだめ、他に代わりはいない」という想いは、恋愛のそれに限りなく近い。第130回芥川賞受賞作品。

 第8位


日本じゅうの誰もが、オトナになる前に一度はこの本を読んでいる。……そんなふうに思うほど。いつの時代も小中高校生に愛されている、村山由佳さんのロング&ベストセラー。

 第7位


整形・ホスト・買い物・セックス……過剰に求めるほど、ワタシはどんどん空っぽになってゆく。菜摘ひかるさんの文章は、エッセイも含めてとても強いものが宿っている。夭折がほんとうに残念です。

 第6位



恋するという気持ちは、こんなにも自然に狂気へと漸近していく。美しくも悲しいラストシーンがいつまでも心に残る。堀田あけみさんの作品では、『愛をする人』(角川文庫)も良いです。

 第5位


日本じゅうの誰もが、この本を読んでオトナになってゆく。……そんなふうに思うほど、多くの人の"恋愛のバイブル"になっている1冊。読んだ後は、ほろ苦いジントニックが飲みたくなる。山田詠美さんのロングセラー。

 第4位


すべてが塩に染まり、ひとがいなくなった日本。残された二人。白くさみしげな世界のなかで、真奈と秋庭の言葉にならない想いのやり取りがとても切ない。『図書館戦争』シリーズの有川浩さんのデビュー作。有川さんは、ひとの感情や思惑などをほんとうに的確に文章にする作家さんです。買いやすい表紙になって(笑)番外編を追加した角川版も出ているけど、個人的には電撃文庫版の方が好き。


 ランキング圏外

トップ3の発表の前に、ランキング圏外から1冊紹介。



ハワイ島を舞台に。"ローカルガール"アユが、いくつかの恋をして、いくつかの恋を失う物語。「切ない恋愛小説」というには、けっこうポジティブでさわやかな読後感があるので、圏外にさせていただきました。


 第3位


わたしが「センセイ」と呼べば、センセイは「ツキコさん」と応える。ただそれだけのしずかなお話なのに、流れてゆく時間がとても切ない。一緒にものを食べたり、お酒を飲んだり、おなじ道をふたり歩いたり……ささいな情景がどんどん心に刺さって泣きたくなる。川上弘美さんの作品では『溺レる』 (文春文庫)という短編集も、すごく切ないです。

 第2位

酌婦(娼婦)のお力の孤独な悩みが胸に迫る。想ふお方は妻子持ち、意を決して別れたけれど……慕ってくれる常連客は金持ちハンサムでやさしいけれど……。明治の文豪、樋口一葉女史の「にごりえ」です。有名な<お力の独白>の部分は、ほかに例をみないくらいの迫力。恋愛小説を超えた恋愛小説、だと思う。原文では非常に読みにくいので、伊藤比呂美さんの現代語訳を推奨。2度目は原文で読んでみると、より沁みる。原文は青空文庫でも読めます。

 第1位


「帰れないところまで連れていって見捨てて。あなたにはそうする義務がある」。読みながら胸がしめつけられて、つらくて、もうどうにかして! と言いたくなるような。切なすぎるというか、苦しいっていうレベル。後半は電車のなかで読んじゃだめ。ぜったい泣いちゃうから。恋愛小説ファンが10人いれば、9人は『ナラタージュ』をまずはじめに薦めるだろう、不朽の名作。

追記)
『ナラタージュ』の映画化が決定しました。
2017年10月よりロードショーv

 番外編

ベスト10のあとは、「番外編」としてキラリと光る名品をご紹介。



男性作家、しかもミステリなので「番外編」。ラスト1行で恋愛小説がミステリにひっくり返る、たくらみに満ちた1冊。「読後、ぜったいにもう一度読み返したくなる」ということで話題になった作品です。ラブストーリーとしても推理小説としても逸品。


切なくないので選外(笑)。おっさんが女子高生に恋をして、陰ながら彼女を守る"天使"になります。超ユーモア。とことん笑いました。これだけ笑える小説は、ほかにない。ラストはちょっとホロリとさせられるけど。カンニング竹山さん主演の映画も良い。



ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a


追記)
「10代のうちに読んでおきたい小説10冊」もまとめました。
半分以上が切ない恋愛小説を挙げているので、こちらも見てみてくださいねv

【恋愛】10代のうちに読んでおきたい小説10冊【青春】


【関連記事】

【恋愛】10代のうちに読んでおきたい小説10冊【青春】
最近読んだ純文学(J文学・L文学)10冊〜青山七恵さんの”ぼっち文学”について
【家事】頑張りすぎてるママのための育児本17冊【育児】
恋愛小説、みんなのオススメは?――大手サイト・NAVERまとめからリンクをいただきました






 
【関連する記事】
posted by akika at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 10冊シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/239645801

この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング