2011年11月08日

3歳児が飲んではいけない2億本の缶コーヒー〜アイディア出すならバカになれ!

  
今日のなぞなぞ
「アイディア出すならバカになれ!?」


osn0039-049_m.jpg


新しいアイディアを生むのにいつも苦労しているあなた、こんばんは。
企画のスペシャリスト、あきかです。




……なんて、いきなり大言壮語を吐いておりますが。

会社勤め時代・フリーランス時代となんらかの形で企画、プランニングに関わっている私です。
企画について、ここらで一席ぶたせていただいてもバチはあたりますまい。


というわけで。今日は

アイディアの出し方

のお話です。



考えてみれば、このブログでは企画書の書き方のについては取りあげているものの(「もしドラ」の企画書をかいてみた〜就活学生のための企画書の書き方講座)、
肝心なアイディアを発想する方法については、ぜんぜん触れていません。


新しい企画を生む方法について、
いっしょに考えていきましょ♪


 世にある商品を叩き台にする



今日紹介するのは、

すでに世に出ている商品を叩き台にして、
新しい企画を発想する方法


です。


といっても、もちろんコンセプトをパクるわけじゃない。
売れている商品をマネて、2匹目のドジョウを狙うわけでもありません。


あくまで、既存の企画をとっかかりとして、
新たなアイディアを生みだす
ことが目的です。


叩き台を、叩いて叩いて、
原型がなくなるくらいぶっ壊す。


……そんなやり方。


それでは。
さっそく実践してみましょ。



まず、叩く商品を選びます。


今回叩かせていただく商品は……




『「その他大勢のダメ社員」にならないために20代で知っておきたい100の言葉』千田琢哉(PHP研究所)

このブログで何度も登場している(「20代が使うべき・使ってはいけない100の言葉」「20代〜100の言葉」――かんき出版のフェイスブックで紹介していただきました「ビジネスパーソン」のための読書術!)、
千田琢哉さんの著作です。
「20代〜100の言葉」シリーズ。


『「その他大勢のダメ社員」にならないために20代で知っておきたい100の言葉』は、
いわゆる"できる社員"と"できない社員"の違いを100個の事例で解説していく本です。



「企画書のぶ厚さは自信のなさの裏返し」

など、ハッとする言葉がたくさん。
「なるほど!」とか「やべっ。これ俺だわ」とかしてみてくださいね♪


「どうせなら世の中を変えるような発想をしろ」「会社を背負うような企画を出せ」といった、
企画に関する章もありますv


『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』(かんき出版)
『人生を最高に楽しむために20代で使ってはいけない100の言葉』(かんき出版)

とおなじように、いい本なのですが。
今日の目的は書籍のレビューでないので、紹介はこれくらいにして。


この本をいじり倒して、
新しい、あなただけのアイディアを生んでみましょ。



 ブレストで大事なこと



アイディア出しの手法として、

ブレーンストーミング(ブレスト)

というものがあります。

当然のように知っている、使ってらっしゃる方も多いと思いますが。
いちおう説明しておくと。


ブレーンストーミング(Brainstorming)とは、
アレックス・F・オズボーン(Alexander Faickney Osborn)という広告マンの方が提唱した、発想法です。

直訳すると、「脳を混ぜ合わせる」というイメージかな。

ひとりでもいいのですが、
基本的には複数名で、あるテーマについて案を出しあうことで、
発想のケミストリー(化学反応)! が起こり、
ポンポンと新たなアイディアが連想されていく……というもの。


かなり有効な方法です。経験上、そう思います。
いろいろなアイディアがどんどん出てくる。
それに、

ブレストって面白いんです。


私はブレストが大好き。


あるひとがボソっとつぶやいた案が
笑いのツボにはいってしまい、腹筋が痛くてたまらない。


……そんなブレスト経験をお持ちの方も多いんじゃないかな。


語弊をおそれずにいえば、


ブレストは基本的に、
爆笑しながらやるもの


かもしれません(笑)。


ブレストでいちばん大事なのは……

出てきた意見・アイディアを否定しないこと。




教科書的には、


1.判断・結論を出さない(結論厳禁)
2.粗野な考えを歓迎する(自由奔放)
3.量を重視する(質より量)
4.アイディアを結合し発展させる(結合改善)



がブレストの4原則とされていますが。

要は

「それは実現できないだろ」とか
「もっと良く考えてから喋れよ」

と言っちゃいけないということ。



企画をブラッシュアップしたり、企画書に落としこんだりというのは
最終的にはひとりでやる作業かもしれません。

でも、アイディア出しの段階でブレストを行うのは、
とっても良いこと。なにより、楽しいですし♪




ではでは。

『「その他大勢のダメ社員」にならないために20代で知っておきたい100の言葉』を、
ガンガン叩いていきましょう。

(今回はブログのエントリーなので、私ひとりでブレストしてますが、
ほんとうはみんなでワイワイやるのが正解です♪)

 数を変えるとターゲットが変わる



「その他大勢のダメ社員」にならないために20代で知っておきたい100の言葉


"ダメ社員"と"できる社員"の違いを若手に示し、
読者が優秀なビジネスパーソンに育っていってほしい……というコンセプトの本ですが。


ここで使われている"数字"を変えてみましょ。


「その他大勢のダメ社員」にならないために30代で知っておきたい100の言葉
「その他大勢のダメ社員」にならないために40代で知っておきたい100の言葉




ターゲット層がちょっと上になりました。
当然っちゃ当然だけど(笑)。

働き盛り、脂の乗ってきたビジネスパーソンに、
「アンタ、このままじゃ危ないかもしれないよ!」と警告するような意味合いが出てきましたね。

ここから、容易に違う企画に生まれる変わるハズ。
↓こんなふうに。


(企画案)
→「サラリーマン、35歳。〜生涯賃金に6000万円差がつく別れ道で、君は……!?」
→「あなたがいつまでも出世しない100の理由」



逆に、対象を下げてみましょう。


「その他大勢のダメ社員」にならないために10代で知っておきたい100の言葉


お。
ちょっと『13歳のハローワーク』的な本になりました。

図書館に行けば、たぶんYA(ヤングアダルト)コーナーに置かれているでしょう(笑)。


(企画案)
→「10代の君は、働くオトナたちより賢い!」
→「13歳からのビジネス流儀」



もっと下げちゃいましょう。


「その他大勢のダメ社員」にならないために3歳児が知っておきたい100の言葉


英才教育に新ジャンル誕生! です。
「できる社員」に育てるためには、物心つくころからの教育が大切なんですね。



もっと! もっと、さかのぼりましょう。


「その他大勢のダメ社員」にならないために戦国武将が知っておきたい100の言葉


もう前世まで、きちゃいましたね。

歴史好きなビジネスマンを狙い撃ち! です♪


(企画案)
→「豊臣秀吉に学ぶ100の出世術」
→「信長はなぜ天下統一できなかったか」



今度は「100の言葉」の方を変えてみます。


「その他大勢のダメ社員」にならないために20代で知っておきたい2億の言葉


……なんかすごい。
ホントに2億個の名言が載っているなら、未曾有の領域かも。


 言葉を変えるとコンセプトが変わる


次は数字をそのままに。
名詞のほうをいじってみます。



「その他大勢のダメ社員」にならないために20代で知っておきたい100冊の本


読書案内の本になりました。
ちょっとこのブログのコンセプトと近いかも(笑)

ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪ です。



「その他大勢のダメ社員」←ここを変えてみましょう。
こっちも、いくらでも広がります。

いくらでも当てはまると、逆に迷う。

今回は、

"にならないため"

というキーワードで、google検索をかけてみました。



「第2のオリンパス」にならないために20代で知っておきたい100の言葉


……。
いきなり時事ネタが検索トップに^^;
日経ビジネスオンラインの記事でした。

↑は20代から経営者目線で物を見ましょう、という本になるかもしれませんね。


(企画案)
→「新卒学生は社長を目指せ!」



第2のオリンパスにならないために:日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20111024/223383/




どんどん行きます。


「垂れ尻」にならないために20代で知っておきたい100の言葉


アンチエイジング!


「都合の良い派遣社員」にならないために20代で知っておきたい100の言葉


読者が正社員以外にも広がりました。


「水っぽいサンドイッチ」にならないために20代で知っておきたい100の言葉


100個の知恵袋!?


「器が小さい人」にならないために20代で知っておきたい100の言葉


大物志向でいきましょ♪



ここからはもう、検索をかけなくても、
「こういうふうになったらイヤだなぁ」というのを
なにも考えずに、連想ゲームでポンポン挙げていけばいいだけです。

「垂れ尻」からスタートしてみます。



「たれぱんだ」にならないために20代で知っておきたい100の言葉




「それはないだろ!」というツッコミはしないのが、
ブレストの掟!
 ……ですよ?


(企画案)
→「"ゆるかわ"だけじゃ、あなたはモテない!――女を磨く100のレシピ」
→「超実践! "ゆるキャラ"で村おこし 〜キャラクターだけが独り歩きしない、地域密着型ブランディング〜」



「さびれた動物園のパンダ」にならないために20代で知っておきたい100の言葉


(企画案)
→「『出会いがない』と嘆く前に、街へ出よ!――イケメンが集まる100の人気スポット」
→「旭山動物園に学ぶ 恋愛マーケティング成功術」


こんな感じで、
ガンガン案を出してみてくださいな。

 反転させると"あるある本"になる



たんに反対語にするだけでも、バリエーションが増えます。



「その他大勢のダメ社員」になるために20代で知っておきたい100の言葉


"できない社員"がやりがちなこと100選。

会社あるある。
あるある本ですね。


「その他大勢のダメ社員」の部分も反転させてみましょう。


「少数のスーパー社員」になるために20代で知っておきたい100の言葉



……あれ。
もとの本とそんなに変わらないじゃん。

反対の反対は賛成なのだ。



「その他大勢のダメ社員」にならないために20代で知らないほうがいい100の言葉


知らない方がいい言葉をあえてまとめてみました!
どんな本だよ。

怖いもの見たさ狙いですね(笑)。


(企画案)
→「20歳までに憶えていると呪われる言葉100選……○の鏡、お○○さん……」


 ジャンルを変えると企画が変わる



そろそろ本じゃないものにも飛んでみましょ。


「その他大勢のダメ社員」にならないための缶コーヒー



ちょっとフリスクのブランディング戦略に近いですね。



フリスクは、「SHARPENS YOU UP!」のキャッチコピーで、
「食べるとキレ者になるよ」っていうイメージを演出しています。


「その他大勢のダメ社員」にならないための消臭剤


お金持ちのひとの家は綺麗。
一説によると、プロの泥棒さんは、
部屋の汚さを見てその家に金があるかどうか判断するらしいです。

とうぜん、できる=稼げるビジネスマンは匂いにも敏感なわけです。


「その他大勢のダメ社員」にならないためのフレンチレストラン


なにごともまず、形から。
20代の頃から高級な店に行きつけることで、
将来ステータスアップした自分の姿をありありとイメージできるわけですね。


「その他大勢のダメ社員」にならないためのゴキブリホイホイ


ここまで来ると、
もうこじつけの言葉とか浮かばないです💦。


 いっそ、全部やってみる



いっそ、これまでのことを全部やってみましょうか。


3歳児が飲んではいけない2億本の缶コーヒー



kid0045-009_m.jpg
「うほおおおおおぉおぉぉぉ!!!」



……あれ。
やっぱり今回も一発ネタじゃん(笑)。





とにかくっ!

アイディア出しは質より量。



今日の方法を使えば、
善し悪しを問わなければ、いくらでも着想をひねり出せるはずです。


企画書制作に取りかかるまえに、
とことんアホになって、
まずは1000個の案をとりあえず出してみましょ。

(100個というひともいますが。
とにかくまず量を出す……これは企画に関わる多くのひとが認めている真実です)


まず、100個出す。


すべてはそこからはじまります。






今日の記事の写真素材は↓のサイトのものを使わせていただきました。

プロカメラマンのフリー写真素材・無料画像素材のプロ・フォト
http://pro.foto.ne.jp/




ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか



【関連記事】

「もしドラ」の企画書をかいてみた〜就活学生のための企画書の書き方講座
「20代が使うべき・使ってはいけない100の言葉」
「20代〜100の言葉」――かんき出版のフェイスブックで紹介していただきました
「ビジネスパーソン」のための読書術!

【関連リンク】

第2のオリンパスにならないために:日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20111024/223383/
プロカメラマンのフリー写真素材・無料画像素材のプロ・フォト
http://pro.foto.ne.jp/

【今日紹介した本・商品】

『「その他大勢のダメ社員」にならないために20代で知っておきたい100の言葉』千田琢哉(PHP研究所)
amazon楽天
「13歳のハローワーク」村上龍amazon楽天
FRISK(フリスク) ペパーミントamazon楽天
『たれぱんだ』末政ひかる (小学館)amazon楽天
 
posted by akika at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング