2011年10月23日

今後伸びる(かもしれない)スマートフォン関連株

 
今日のなぞなぞ
「これから伸びる(かもしれない)スマホ関連株はどれ?」


全国のスマートフォンユーザーのみなさん、こんにちは。
スマホ、使いこなしてますか〜??



ところで。
2015年までに全世界でスマートホンの普及が11億台を突破する
という試算が出ているようです。


量販店の携帯電話販売台数に占めるスマートフォンの割合は、今年の6月にはじめて5割を超えました。
現在も、新しい携帯を買う方の10人に5、6人はFOMAやガラパゴスケータイではなく、スマホを選んでいるようで。

ガンガン普及してますね。


↓参考リンク。asahi.com のニュースです。
各社の人気機種の動向や、シェア状況なんかも載ってます♪



「auもiPhone販売」の報道後も売れ続けたiPhone 4、新型「iPhone 4S」はどうなる? - e-ビジネス情報(提供:BCN) - デジタル(asahi.com(朝日新聞社))
http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201110140003.html





スマホ市場がこれから伸びるのは確実るんるん
それなら、スマホ関連株に投資すればマーケットの成長に乗れるだろう。


……ということで。
スマートフォンに関連する銘柄がまとまっている雑誌を紹介。




「ネットマネー 2011年 11月号」(産経新聞出版)


雑誌「ネットマネー」の最新号です。
書店で見かけた方も多いかな。



スマホIT株の大相場がくる!


という特集で、
スマホIT株ががんがんピックアップされています。

その数……


236銘柄exclamation



円高のニュースが耳にはいらない日はない、今日このごろ。
あらたな「内需株」を吟味してみるのもいいですよね〜♪




……と、
ここで記事を終えてしまったらちょっと危ない。



なんの考えもなしに、

スマホ市場が伸びる→じゃあ、スマホ関連株に乗っかっておけ

と短絡するのはケガのもと(>_<) かもしれないです。




まずはじめに。


1.スマホ市場が拡大するからといって、
あなたが投資した会社の業績が伸びるかどうかは、別の話。




……まあ、そりゃそうですよね。
ヒットを飛ばせる企業もあれば、なかなか軌道に乗れない会社もあるんだから。


それから。


2.その会社の業績が伸びるのと、
その会社の株価が上がるのとは、また別の話。



以前の記事(ドラクエが売れるとスクエニ株が下がる!?)でもふれたお話です。

"ウワサで買って、事実で売れ"

という相場格言。

売上が伸びていることが確認された時点で、
株価が爆下げする可能性があるんだよ、ということです。



最後に。


3.スマホ市場が伸びることは、すでに
マーケットにじゅうぶん織りこまれている。




スマートフォンがこれからどんどん普及していくことは、
みんな知ってる。



多くの投資家が、もう「スマホ関連投資」をしているわけで。


みんなが"これからも爆上げだろ"と思っているときは、
そこが天井だったりもするのが相場の怖いところです。


80年代のバブルのときもそう。
みんなが"不動産価格は上がり続ける!"と思っていた時代でした。


中国株もそう。
多くのメディアが新興国株への投資を取りあげる頃には、
あんまり中国投資のうまみがなくなっていた……ということもありました。





「ネットマネー」のようなマネー雑誌には、
いろいろな証券マンの方がよく記事を書かれていると思いますが……。



証券会社のひとは基本ポジティブ!

です(笑)。



お客さんが株を買ってくれてナンボの商売ですからね。
現物取引が主流の現状では、

景気は回復基調、今が買いだ!

っていう観方に傾きやすい。



くわえて、
マネー雑誌のスポンサーの多くがやっぱり証券会社だったりする。


「株ねぇ……、買わないほうがいいよ?」

という内容は載せにくい
んですよね。



そのへんを頭にいれながら、
しっかりと自分の視点で考えて、銘柄を選びましょ♪


という話でした。





……ところで。

「ネットマネー 2011年 11月号」(産経新聞出版)

では、最後の最後に

ドンデン返しパンチ

があります。



日本のファイナンシャルプランナーの先駆者といわれる、
野田真さんの連載。

これが、本号で最終回を迎えているのですが……。


野田さんは言います。


---------------------

日本人が預貯金に向かう行動は合理的。


「自分だけがトクをする、助かる」行動のむなしさ、つまらなさ。


いま盛んに言われる
「FXがどう」「金はまだ買いか」「長期投資がベスト」
などなどの声には何ともいえないむなしさを感じる。


---------------------



さらに。


株や投信が企業を育てる……というのは建前。
本質は、ただの欲望。



……というようなことも言っています。



なんか、すごいですよね。
投資雑誌の最後に、こんな記事。




だから投資をするな!
とか、欲を持つな!

……という話をしたいわけではなくて。


以前の記事(なぜお金を稼ぐのか?)とおなじように、

「自分がなぜ投資をするのか」


……を早いうちに考えておくのもアリなんじゃないかな〜と思うこの頃。



そんなこんなで。


ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪




あきか



【関連記事】

ドラクエが売れるとスクエニ株が下がる!?
なぜお金を稼ぐのか?

【関連リンク】

「auもiPhone販売」の報道後も売れ続けたiPhone 4、新型「iPhone 4S」はどうなる? - e-ビジネス情報(提供:BCN) - デジタル(asahi.com(朝日新聞社))
http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201110140003.html

【今日紹介した本】

「ネットマネー 2011年 11月号」(産経新聞出版)
amazon楽天
 
posted by akika at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融リテラシー・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング