2011年08月25日

営業マンは笑うな――セールスマンが絶対に読んでおきたい3冊

 
今日のなぞなぞ
「営業マンは笑ってはいけない!?」


なかなか営業成績が伸びずに、
試行錯誤しているあなた。
(※コールドリーディング)


こんにちは。
これから私が提案するのは、どんな業界でも通用する、
圧倒的なセールステクニックを身につける方法です。

年収は倍増し、あなたの資産は天井知らずに。
さらに、このノウハウを知っているだけで、マンネリ化を脱し、
日々新たな気持ちで仕事に向かい合うことができるようになります。(※ベネフィット)


成績を上げようとする営業パーソンはまず、
かける電話の本数を増やしたり、たくさんの訪問先をまわったり、
自分の営業の"件数"を問題にします。

そして、みずからのモチベーションをあげようと、自分を鼓舞し、
必死に"汗"をかきます(※一般論)


しかし、仮に眠らずに働いたとしても、1日は24時間。
あなたの時間は限られています。
アポイントの"数"や使う"時間"によって、成績の向上を目指すべきではありません。

"数"を問題にしているかぎりは、
多くの悩めるセールスマンが立っている場所から、抜け出すことはできません。(※反論)


読むだけで、あなたの営業の"質"が劇的に向上する
魔法のような本があります。
(※結論)




(※アイテム)



この本は、200ページ強。3時間もあればじゅうぶんに精読できる量です。

1、まずは、ご自分のペースで一読ください。

2、次に、第1章に書かれている「営業マンの落とし穴」を頭にたたきこみます。

3、続いて、第5章「説得力の武器を身に付ける」のテンプレートを使って、
実際にあなたが売りたい商品の「"検討します"を言わせないセールストーク」を実際に作成していただきます。

4、さらに、第8章「あなたのプロィールを感動ストーリーにする」のひな型を使って、
「魅力的な自己紹介」を作成してください。

5、ふたたび本を読みかえすことで、ノウハウを自分のなかに定着させます。

6、あとは作成した「セールストーク」と「プロフィール」を手元に持ち歩き、日々の営業で活用していただくだけです。
頭ではなく身体で"営業術"を体得したあなたは、昨日までとは違う、
「お客様から本当に信頼される」営業マンとして活躍している自分に気づくはずです。(※導入プロセス)


本書で"人を動かす"スキルを身につけると、
ほかにもいろいろな場面で応用ができます。

部下を適切に動かすためのマネジメントでも、上司との関係でも、
異性の心を動かすという恋愛でも、お子さんに対する教育でも、

あなたの望むように、状況を変えることができるのです。


さらに、実践テクニックを学ぶことによりあなたの「意識」を変えるプログラムなので、
夢を持って毎日を新鮮に生きることができます


営業成績はぐんぐん上がり、収入は増加。

そして、
日々の経験は、あなたの成長として、
あなたの人間力にフィードバックされる……

そんな素敵な人生を、過ごしてみませんか?(※可能性)



いまならキャンペーン中!!
24時間以内にアマゾンで購入すると、とってもいいことがあるかもしれません。(※クロージング)



ご購入は今すぐこちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
『"検討します"を言わせない営業術』


カウントダウンタイマー




……すみません、やりすぎました。
キャンペーンうんぬんはもちろんウソです^^;
タイマーも、毎日リセットされてます(笑)
(携帯で見てらっしゃる方へ……↑のスクリプトはカウントダウンタイマーです)


以上! ここまで営業トーク‼。

この本やほかのムックから学んだコツを使って、営業ド素人の私がセールストークを展開してみました。
楽しんでいただけたら嬉しいです。

あくまで、あきかがこの本を売るなら……という仮定でやってみた
"メタ"セールストークなので、あしからず。


さて。

すでにさんざん登場していますが。

今日紹介する本は、

『"検討します"を言わせない営業術』浅井隆志(PHP研究所)

です。

浅井さんは、本物の営業マンを育てる「セールスの学校」の校長・代表。
キャバクラ店長や闇金など、"夜の世界"を転々としたのち、サラリーマンに転身し、
今では大企業などでセールスの研修を手掛けています。

"営業の先生"のような方ですね。


この本はもちろん、一般のセールス本で扱っている営業テクニック(YESをたくさん取れ、など)を網羅してます。

が。
ぜんぜん、それだけじゃない!


営業マンは笑うな。
営業マンはサボれ。
営業マンは嘘つきであれ。
しゃべるな、頭をさげるな……




見出しだけみると、度肝をぬくようなタイトルが並んでいます。


ひとつだけ、タネあかしをすると……

「笑うな」というのは、「営業スマイル」をするな。ということです。
こちらが営業モードにはいってしまうと、お客さんはその空気を敏感に察し、
身構えたり引いたりしてしまうんですね。

(この本が言う”サボれ”は、営業に限らずすべての仕事に通じる姿勢だと思います💡)



この本でいちばんおもしろいのは、終盤の精神論の部分
だと私は思います。

浅井さんは、
"成功"の定義のひとつを、「自分の成長」に置いています


”本物”の営業マンを目指す方は。
テクニックの部分はたぶん、じゅうじゅうご存じでしょうから。
精神論の部分だけでも、目を通してくださればと思います。




ところで。

↑のセールストーク。ところどころ※印がついていたのに気づかれましたでしょうか?

ベネフィット、クロージングなど……この本で伝えているセールステクニックを使用したときに※印をつけました。
話の運びかたなどでも、浅井先生の技術を応用させていただいています。


ただひとつ、

※コールドリーディング だけは、本書のテクニックではありません



↓コールドリーディングの方法は、このムックから学びました。





占い師が顧客を信じこませるためのテクニックを解説している本です。

コールドリーディングは、ざっくりと言えば「相手の心を読む」方法です。


この記事の冒頭で、私は

「なかなか営業成績が伸びずに、試行錯誤しているあなた」

と呼びかけました。


ほんとうに営業のことで悩んでいた方はびっくりしたかな。

「このひと、なんで自分のことを知っているんだ!」

って。


いえ、知らないです。ハッタリです。
このブログの読者で、営業マンでない方なんてたくさんいますから💧^^;

ただ、これから紹介しようとしている本のターゲットを考えて、
「悩めるセールスマン」にだけ届けばいい、と”あなただけ”に呼びかけました



占い師は言います。

「あなた、悩んでいるでしょう」と。


「そりゃそうだ。だから占ってもらいに来たんじゃないか!」
と返すひとはあんまりいない
わけです


……これが、占いのカラクリ。

セールスにも応用できますよね^^

(もちろん、なかには霊界なんかとつながっている、”本物”の占い師もいるはずです。
そういうのは、私はわりと信じる方ですv)

↓図表がたっぷりの「図解版」はこっち。




3冊目は”究極の”営業テクニックです。






……えっと。
いわゆる、モテ本。ですね^^;


この本の99%は精神論です。
デートはどこにいくべきかとか、相手の心をつかむためのトーク術や駆け引き論などは、いっさい書いていない。


著者の後藤さんは言います。

究極にモテている状態とは、多くの異性をはべらすことではない。
自分のために命までをも差しだしてくれる、たったひとりの人間を獲得することだ。


命まで捧げてくれるひとを得ることに比べれば、
商品を売ることなんて、カンタンです。


『口説きの赤本』で伝えている方法は、
"ものすごいハイレベルの営業ノウハウ"だ、と思います。


原版はとっても古い本ですが、文庫で再版されているみたいですね。

山積するモテ本の数々に埋もれた、隠れた名著だと思います。





それにしても。

このブログは、
ついに占いやモテ本まで紹介するようになったか。


……とか言わないの!(笑)


ジャンルを問わず、
"ノーリスク・ハイリターンの投資は読書"です♪




おつきあいありがとうございました。
記事が面白かったら、クリックお願いします♪(※譲歩、フット・イン・ザ・ドア)
↓↓↓
人気ブログランキングへ



(↑ちなみに、これもセールステクニックのひとつ。

先ほど私が紹介した本を買わなかったあなたは、
"オススメされたのに断った"という後ろめたさを、私に対して感じています。
なので、クリックぐらいはしてやるか〜🐱という気持ちになるわけです。(譲歩)

さらに、いまクリックしたことによって、
あなたは私の"小さなお願い"を聞きいれたことになります。
私のお願いを受け入れやすい精神状態になったので、
次回このブログを訪れたときには、「本を買う」という行動を起こしやすくなります。(フット・イン・ザ・ドア)


……え?
クリックもしないし、本も買わなくていいや……とか言わないの!)


あきか





 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222301208

この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング