2011年08月23日

節電ブーム、みんなの視点は?――朝日新聞社(WEBRONZA)からリンクをいただきました


今日のなぞなぞ
「ブロガーたちは”節電ブーム”をどう見ているか?」


まずはじめに。

8/21の記事(「節電ブームという『病』――"エコ格差"時代の幕開け」)が、
朝日新聞社のウェブサイト、WEBRONZA様からリンクをいただきました! 感謝です🎵。


「節電の夏」、なぜ軽くクリア? - 朝日新聞社(WEBRONZA)
http://webronza.asahi.com/science/2011082200002.html



WEBRONZAは、朝日新聞社が発行していたオピニオン誌「論座」のウェブ版といった感じです。
(雑誌は現在は休刊しています。リベラル系雑誌の代表、みたいな位置づけだったと思います)

「ウェブベースの新しい言説空間」として、「政治・国際」「経済・雇用」「社会・メディア」「科学・環境」など、
現在注目されているテーマについて名だたる執筆者たちによる解説や論考を日々配信しています(一部コンテンツは有料です)。


執筆陣による記事とはべつに、その話題に関連するニュースやブログを整理して掲載しているのですが、
「節電の夏」に"関連するブログ"のひとつとして、このブログの記事(「節電ブームという『病』――"エコ格差"時代の幕開け」)が紹介されていました。

WEBRONZA
http://webronza.asahi.com/



「節電の夏」、なぜ軽くクリア? のテーマでは、
朝日新聞・編集委員兼論説委員の竹内敬二さん、ソニーコンピュータサイエンス研究所取締役所長の北野宏明さん、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻教授の須藤靖さんなどが記事を執筆されています。



うちのブログ以外で、関連するブログとして紹介されていたのは、こんなエントリーです↓↓


今夏の節電と電力・エネルギー政策(移ろいゆく日々気にとめたことを忘れぬうちに)
http://blog.goo.ne.jp/naxnishi/e/5a1afe2bdf8647f95456714e20fa3ad6

本当は節電効果がない6つのこと【無駄】(NAVERまとめ)
http://matome.naver.jp/odai/2130959723991300001

原発と新エネルギー政策の論点整理 −戦略的最適解を明示せよ−(仮)(佐藤総研@政治経済外交軍事歴史文化芸術芸能森羅万象)
http://blog.livedoor.jp/ksato123/archives/52748107.html

原発運転停止を巡る「夏の電力不足キャンペーン」の大ウソ 〜東京新聞が社説にて糾弾〜(暗黒夜考〜崩壊しつつある日本を考える〜)
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/d61fa1d5352ed222be71be793161d94d




ちょこっとレビュー。


「移ろいゆく日々気にとめたことを忘れぬうちに」では、

余剰の東電電力が関電に供給されるという動きを取り上げ、
法規制(大口需要者に対する節電要請)により浮いた電力を高値で売るとはなんたることか! と電力会社をバッサリと斬っています。

さらに。
現在、「東電管内はIPP(卸電力事業)や自家発の火力発電がフル稼働」して電気を発生させ、電力を融通しあっていることから、
この夏の節電ブームが逆に、温室効果ガスの発生量を増やす結果につながっている可能性を指摘しています。鋭い視点です。


「NAVERまとめ」では、

冷蔵庫のカーテンや、サマータイム制度、打ち水など、
節電のために行っていた工夫なのに、かえって逆効果 な事例を紹介しています。
思いこみってこわいですね^^;


「佐藤総研@政治経済外交軍事歴史文化芸術芸能森羅万象」では、

日本の電力・エネルギー政策について、考えなければならないことを整理しています。
再生可能エネルギーとCO2削減等の環境問題は、表裏一体だが、微妙にズレている、ことも指摘。
ほんとうに。エコとエネルギー問題はちゃんと分けて見ないといけないですよね。


「暗黒夜考〜崩壊しつつある日本を考える〜」では、

東京新聞の社説を引用して、この夏の節電キャンペーンがデタラメだらけであることを解き明かしています。
脱原発の声が高まらないために、賠償金確保が目的の電気料金値上げのために、省エネ需要喚起のために、
政府と電力会社が一体となって、嘘っこの「電力不足」を訴えている……。
私としては政府や電気屋をあんまり悪者にしたくはないのですが^^;、この記事を読んで、ちょっと鳥肌がたちました。




う〜ん。
みなさん、いろんな視点でこの夏の節電ブームを見てらっしゃるんですね。
勉強になります💓


あきか(@akika_a


【関連記事】

節電ブームという『病』――"エコ格差"時代の幕開け
【私的メモ】事実より勘違いの方が広まりやすいという実例「地球温暖化をめぐる10の誤解」

【関連リンク】

「節電の夏」、なぜ軽くクリア? - 朝日新聞社(WEBRONZA)
WEBRONZA
今夏の節電と電力・エネルギー政策(移ろいゆく日々気にとめたことを忘れぬうちに)
本当は節電効果がない6つのこと【無駄】(NAVERまとめ)
原発と新エネルギー政策の論点整理 −戦略的最適解を明示せよ−(仮)(佐藤総研@政治経済外交軍事歴史文化芸術芸能森羅万象)
原発運転停止を巡る「夏の電力不足キャンペーン」の大ウソ 〜東京新聞が社説にて糾弾〜(暗黒夜考〜崩壊しつつある日本を考える〜)




ダーウィンの悪夢 デラックス版 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2007-07-06)
売り上げランキング: 15,367

不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2007-07-06)
売り上げランキング: 11,991

posted by akika at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | レビューのレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング