2009年07月08日

投資信託は買ってはいけない?

 
今日のなぞなぞ
「投資信託は買ってはいけない?」



こんな本があります。


『私なら絶対買わない投資信託』松本弘樹(ダイヤモンド社)



投信の選び方の本だな。
避けるべきファンドはどれだろう。

そう期待して読みはじめたのですが。
冒頭でいきなり裏切られました(汗)。



投資信託じたい、やめておけというんです。

証券会社の営業マンの経験を持つ筆者が、日本の投信業界の"裏"を力強く語ってくれます。

こんなことまで言っちゃっていいの?
こんな汚いセカイなのか……。


『私なら絶対買わない投資信託』はすこし前の本なので、
コンプライアンス(法令遵守)がますます大切になってきた昨今とはすこし状況が違いますが。
それでも、似たようなことはあるんだろうなぁ……と思います。







前の記事(「貯金やタンス預金にもリスクがある?」)で投信をはじめてみよう! とか言っといて、早速こんな本薦めるのもアレなんですが。

投資信託で運用を考えているなら、絶対に読むべし。

です。


私はこの本を読んでも、やっぱり投信を利用することにしました。

投資信託でしかできないこと、ってあると思うんです。
インデックス(日経平均とかTOPIXなど指数に連動するファンド)やブル・ベア(指数の数倍、あるいは指数とは逆に動くファンド)しかり。
海外株や複数の債権、為替で運用したいときも投信は便利ですよね。
元手が少ない私たちならなおさら、1万円単位でできる投信に惹かれます。


でも。

投資信託で運用を考えているなら、絶対に読むべし。
です。

高い販売手数料や信託報酬(ファンド保有時にかかる経費)、財産留保額(ファンド解約時にかかる手数料のようなもの)をかけて、おかしなファンドを買うことはありません。
私は今のところETF(上場投信。株式のように証券取引所を通じて売買するファンド)のみ保有してます。


繰り返しすぎですが。
投資信託で運用を考えているなら、絶対に読むべし。




余談。
日本政府が景気対策のために何兆円もかけて国内株ETFを買い上げるという案がささやかれています。
はたして実現するんだろか??

追記)
異例の金融緩和策として、日本銀行の「ETF買い」は実現しました。



ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪

あきか


posted by akika at 02:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 金融リテラシー・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、しんです。

ブログへのコメント、ありがとうございました♪
最初に良い本に出会えて、幸運でしたね!

国際分散投資にも弱点があるのですが、それでも私は、分散投資を続けていこうかなと思ってます。
投資を始めてしばらくは、日本株ばかりやっていたのですが、やはり上下動が激しいんですよね。

あと、投資信託に関しては、私もakikaさんと同意見です。
インデックス投信やETFは、個人投資家には有効な金融商品だと思います。私は、積み立てで購入できる点から、インデックス投信を利用してますよ。
Posted by しん at 2009年07月10日 02:00
こんばんは。
こちらこそ、わざわざ足を運んでいただいてありがとうございます♪

本当に、早めに良い本に出会えてよかったです!


私も、やっぱり国際分散投資は続けたいです。
今後はBRICS諸国でも資源国と内需がある国で別の動きになってきそうな感じですよね。
落ちる時に一気に落ちるのがこわいですけど。

ほしい商品がいろいろあります。
分散投資というより、目移りしてるだけなのですが^^;


私はまだドルコス法は使っていないのですが、定額積み立てでどんどんリスク抑えられるのは魅力だと思います♪

コメントありがとうございましたv
Posted by akika at 2009年07月10日 05:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブログパーツ アクセスランキング