2019年12月31日

【神隠し】恋愛&伝奇ミステリ小説『神様』をリリースしました【鎮守の森】


今日のなぞなぞ
「神隠しを描いた小説は?」

P1400372done2kami.jpg

ここは異界か、現し世か。
あなたは、必ずだまされる。

……というわけで。
新作小説『神様』をリリースいたしました。


神様 「矢神・朝比奈」シリーズ
神様
posted with amazlet at 20.01.06
A.A.Publishing (2019-12-31)

電子書籍サイトの「アマゾンKindleストア」での配信です。縦書きのみ。

☆★☆


東北のひなびた村が舞台。
神隠しがテーマの物語です。


幼い頃におとずれたことのある村”美香櫛”。
ここには、神隠し伝承があって。じっさいに失踪さわぎも起こっている。

自分は「かみさま」だという謎の少女に出逢った主人公は、
”禁”を破り、鎮守の森に足を踏みいれてしまう……。

少女は密室のなかで消え、宙を舞う。
村からは、人の気配が消えた。

”いない”のは、少女なのか、村人たちなのか。
それとも”私”なのか……。



そんな感じ。

以前の記事(【電子書籍】恋愛&ミステリ小説『闇に走れば』をアマゾンkindle、楽天koboでリリースしました【電子書籍】恋愛&本格ミステリ『アトカタモナイノ国』をkindle、koboでリリースしました)で紹介した2冊↓とおなじ世界線のお話です。




続編というわけではないので、単体で楽しめる作品ですが。
前2作を読んだひとはよりいっそう楽しめる仕掛けが散りばめられています。

3冊セットでど〜ぞ〜♪

☆★☆


P1400372done1kami.jpg

毎回、自分のなかで新しい課題を設定しているのですが。
今回は……

資料を使ってかく

のをみずからに課してみました。


知らないこともかけるようになりたい。
はじめての伝奇ものということで、日本の土着的な信仰を調べました。

あとね。
物語の舞台となる”美香櫛(みかくし)”は、秋田県鹿角市という場所にあります。
架空の地ですが、うっすらとモデルがあります。
個人的に縁のある場所なので、取材というかなんというか……足を運びました。


とはいえ、あくまでエンターテイメント小説。
100を調べて1を使うくらいの感じで。
情報ばかりが表にこないよう気をつけました。

でも、個人的には雑学やうんちくがガッツリ入った作品も好きなんだよね。
もっと調べた内容を盛りこんでもいいのかな。

資料からどのくらい羽ばたく(虚構をまぜる)か……みたいな按配も難しい。
いろいろと手探り状態です。今後も課題!

秋田の方言も出てきますよ〜。
この国際化の時代にズーズー弁を学ぶ私(笑)。


恋愛要素は……今回は”年の差”です。
ラブストーリーとしても、かなり変化球を投げています。

☆★☆


前作・前々作と同様、谷山浩子さんというアーティストの歌からインスピレーションをいただきました。
「神様」という曲。

----------------------------------------------
宇宙の子供
宇宙の子供
posted with amazlet at 19.12.27
谷山浩子
ヤマハミュージックコミュニケーションズ (2003-09-17)
売り上げランキング: 64,256

1. よその子
2. きみはたんぽぽ
3. 意味なしアリス
4. わたしは淋しい水でできてる
5. 卵
6. 沙羅双樹
7. 空に吊されたあやつり人形
8. ここにいるよ
9. あそびにいこうよ!
10. 花野
11. 神様
----------------------------------------------

霊性にみちた、抽象的な歌詞なのですが。
”神隠し”のお話としてとらえ、<記憶>と<時間>をあつかう物語に仕立てました。
曲とセットでど〜ぞ♪



今回は無料配布などのキャンペーンは無しです。

『神様』は、単体でもぜんぜん楽しめる作品ですが。
前作を読んでくださった方なら、さらに楽しめるカラクリがいくつかありまして。
大々的に配って、本書が1冊目となる読者さんが多くなってしまうのもアレかな、と。前作のネタバレ的な意味でも。


もちろん、シリーズのコンセプトとして、どれから読んでも大丈夫なつくりになっています。
私のオススメは『闇に走れば』『アトカタモナイノ国』『神様』の順。
(『アトカタ』がいちばん先でもいいかも、という感想もありました。ありがとうございますv)

前作とのリンクのほか、じっさいにある神話や伝承もモチーフとして”隠れて”いたりします。
詳しいひとは、そのへんも楽しめるかも。


いろんなものが”隠されて”いる小説です。

ちなみに、主人公の名前はマナ
謎の少女は、ミハシラ

いかにも……なネーミング( *´艸`)。
神や霊魂、信仰など。いろいろ考えてみたい方にはすごくオススメv


前2作にも増してノンストップで読める本になっていると想います。
とくに中盤〜後半のイッキ読みは保証します♪

新たな時代の幕開けに読みたい1冊! です。


神様 「矢神・朝比奈」シリーズ
神様
posted with amazlet at 20.01.06
A.A.Publishing (2019-12-31)



☆★☆



(おまけ)

【Kindle本の読み方】

1.Amazonのユーザーアカウントを登録
(アマゾンのアカウントを持っている方はあらためて登録する必要はありません)
Amazon トップページ
https://www.amazon.co.jp/

2.以下より無料アプリをインストール
(Google Play ストアなどで「kindle」と検索しても出てきます)
Amazon Kindle読書アプリのダウンロードページ
https://www.amazon.co.jp/gp/digital/fiona/kcp-landing-page

3.Amazonのサイトから読みたい電子書籍を注文し、アプリをひらく

スマホ・PC・タブレット、いずれもこの手順でOKです。


『神様』Kindle unlimited(読み放題サービス)の対象作品でもあります。
このサービスをご利用の方は、いつでも読み放題です。



それでは。年の瀬におさわがせしました><;
よいお年をお迎えくださいねv



……。

………。

………………。


……ところで。

この記事からすでに”ミスリード”ははじまっている、かもしれない。
アナタハ、カナラズダマサレル……。



ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a

(写真は湘南で撮った夕陽を加工したものです)

【関連記事】

【電子書籍】恋愛&ミステリ小説『闇に走れば』をアマゾンkindle、楽天koboでリリースしました
【電子書籍】恋愛&本格ミステリ『アトカタモナイノ国』をkindle、koboでリリースしました
心の時代を生きるための本10冊
最近読んだ「未来の社会・経済を予測する」本10冊
【奇習邪宗】日本の土着・民間信仰を知る本10冊(前編)【民俗神】
【民話伝承】日本の土着・民間信仰を知る本10冊(中編)【フォークロア】
【記紀神話】日本の土着・民間信仰を知る本10冊(後編)【古神道】
【失踪】人間が消える小説10冊【神隠し】





神様 「矢神・朝比奈」シリーズ
神様
posted with amazlet at 20.01.06
A.A.Publishing (2019-12-31)

posted by akika at 00:15| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

(2019)今年の年間ベストセラー本20冊(1位は希林、2位はおしり)


今日のなぞなぞ
「2019年の年間ベストセラーは?」



出版取次会社の日本出版販売(日販)およびトーハンはこのほど、「今年日本でもっとも売れた本」を発表しました。
(日販調べの年間ベストセラー(総合)のトップ20を記事末尾↓にまとめています



 年間1位は『一切なりゆき 樹木希林のことば』


年間ベストセラーは日販・トーハンともに

『一切なりゆき 樹木希林のことば 』

でした。
名優・樹木希林さんが遺した名言集。
上半期に月間チャートのトップに君臨し続けたロングセラーが、年間1位に輝きました。

2位は、日販では『おしりたんてい かいとうと ねらわれた はなよめ』
トーハンでは『青銅の法 ―人類のルーツに目覚め、愛に生きる―』でした。
おしりとキリンのおおいなる闘いは、キリンの勝利をもって年の瀬を迎えました。





3位は、日販では樹木希林さん関連本です。『樹木希林 120の遺言 ~死ぬときぐらい好きにさせてよ』
トーハンでは『新・人間革命〈第30巻 下〉』でした。

4位以降も、『メモの魔力』『妻のトリセツ』など、話題になった本が続々。


ちなみに去年のベストセラーは、コミック版の『君たちはどう生きるか』でした。


関連記事:
(2018)今年の年間ベストセラー本20冊
(2017)今年もっとも売れた本〜2017年の年間ベストセラー(ニッパン調べ)
(2016)今年もっとも売れた本〜2016年の年間ベストセラー(ニッパン調べ)



テレビのニュースや新聞で目にする「年間ベストセラー」の情報ソースは、出版取次会社の日本出版販売(日販)やトーハンのニュースリリースです。

以前の記事(今年もっとも売れた本〜年間ベストセラーの調べ方)でもお話ししたとおり、日販やトーハンのサイトで誰でもみることができます。
ジャンル別のランキングなどもありますので、ぜひ”一次情報”にもふれてみてくださいね♪

日本出版販売株式会社
http://www.nippan.co.jp/
TOHAN website
http://www.tohan.jp/



それでは2019年の「年間ベストセラー」20冊をど〜ぞ〜♪

 2019年の年間ベストセラー

(ニッパン調べ。「全集」「文庫」「コミック」を除く総合ランキング。集計期間=2018年11月25日〜2019年11月23日)

1位 

2位 

3位 

4位 

5位 

6位 

7位 

8位 

9位 

10位 

11位 

12位 

13位 

14位 

15位 

16位 

17位 

18位 

19位 

20位 


ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a


【関連記事】

(2018)今年の年間ベストセラー本20冊
(2017)今年もっとも売れた本〜2017年の年間ベストセラー(ニッパン調べ)
(2016)今年もっとも売れた本〜2016年の年間ベストセラー(ニッパン調べ)
今年もっとも売れた本〜年間ベストセラーの調べ方

【関連リンク】

日本出版販売株式会社
http://www.nippan.co.jp/
TOHAN website
http://www.tohan.jp/





posted by akika at 04:23| ベストセラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

(2019年11月)月間ベストセラー本は『世界一かんたん定番年賀状』(*・・*)っ◇|〒|


今日のなぞなぞ
「2019年11月の月間ベストセラーは?」



12月2日(2019年)、「2019年11月に日本でもっとも売れた本」が発表されました。

去年(2018年)の年間ベストセラーは↓こちら。
(2018)今年の年間ベストセラー本20冊
ひと月前(2019年10月)のランキングは↓こちら。
(2019年10月)月間ベストセラー本は『鬼滅の刃 片羽の蝶』(メ・・*)
最新のランキングは↓こちら。
カテゴリ:ベストセラー




 『世界一かんたん定番年賀状』が総合1位


出版取次会社の日本出版販売(日販)によると、
11月のベストセラーは、『世界一かんたん定番年賀状 2020』
年末らしく、今月は年賀状づくりの関連書や家計簿が目立つチャートです。

2位は『はやわざ年賀状 2020』
10、13、15、16位には家計簿がランクイン。7位と20位も年賀状作成を支援する書籍でした。


総合部門の月間ベストセラートップ20は以下のとおり。

 2019年11月の月間ベストセラー 総合

(日販調べ。「全集」「文庫」「ゲーム攻略本」を除く総合ランキング)

1位
『世界一かんたん定番年賀状 2020』年賀状素材集編集部
2位
『はやわざ年賀状 2020』インプレス年賀状編集部
3位
『反日種族主義 日韓危機の根源』李栄薫
4位
『ポケットモンスター ソード・シールド 最速ダイ攻略ガイド』ポケモン
5位
『鬼滅の刃 片羽の蝶』吾峠呼世晴/矢島綾
6位
『ケーキの切れない非行少年たち』宮口幸治
7位
『あっという間にかんたん年賀状 2020年版』技術評論社編集部
8位
『こども六法』山崎聡一郎
9位
『鬼滅の刃 しあわせの花』吾峠呼世晴/矢島綾
10位
『明るい暮らしの家計簿 2020年版』ときわ総合サービス
11位
『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ
12位
『Number PLUS 「完全保存版 ラグビーW杯2019 桜の証言。」』
13位
『かんたん家計ノート 2020』
14位
『世界一美味しい手抜きごはん 最速! やる気のいらない100レシピ』はらぺこグリズリー
15位
『シンプル家計ノート 2020』
16位
『講談社版 2020お料理家計簿』
17位
『DVDでよくわかる! 120歳まで生きるロングブレス』美木良介
18位
『夫のトリセツ』黒川伊保子
19位
『一切なりゆき 樹木希林のことば』樹木希林
20位
『はやわざ筆ぐるめ年賀状 2020』インプレス年賀状編集部






 文庫本はまたも「十二国記」がトップ


文庫本部門は、先月にひきつづき小野不由美さんの「十二国記」シリーズが勢いをみせています。20年以上も続いている、ファンタジー小説。
同シリーズで1、2、4、5位を独占する快挙です。

映画化作品の関連本は、『マチネの終わりに』が7位。
『屍人荘の殺人』が10位でした。


文庫部門の月間ベストセラートップ10は以下のとおり。

 2019年11月の月間ベストセラー 文庫

(日販調べ)

1位
『白銀の墟 玄の月 第三巻 十二国記』小野不由美
2位
『白銀の墟 玄の月 第四巻 十二国記』小野不由美
3位
『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (14)』渡航
4位
『白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記』小野不由美
5位
『白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記』小野不由美
6位
『恋のゴンドラ』東野圭吾
7位
『マチネの終わりに』平野啓一郎
8位
『i』西加奈子
9位
『珈琲店タレーランの事件簿 6 コーヒーカップいっぱいの愛』岡崎琢磨
10位
『屍人荘の殺人』今村昌弘







日販のサイト(http://www.nippan.co.jp/)では、コミック部門のトップ10も確認できます。

今月は「キングダム」56巻が首位。
4〜8位と10位がすべて「鬼滅の刃」の各巻でした。

関連記事:
【民話伝承】日本の土着・民間信仰を知る本10冊(中編)【フォークロア】
(2019年10月)月間ベストセラー本は『鬼滅の刃 片羽の蝶』(メ・・*)



ぜひ”一次情報”にもあたってみてくださいね。



ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a


【関連記事】

(2018)今年の年間ベストセラー本20冊
(2019年10月)月間ベストセラー本は『鬼滅の刃 片羽の蝶』(メ・・*)
【民話伝承】日本の土着・民間信仰を知る本10冊(中編)【フォークロア】

【関連リンク】

日本出版販売株式会社
http://www.nippan.co.jp/





posted by akika at 17:26| ベストセラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログパーツ アクセスランキング