2017年02月10日

高校レベルの基礎教養(文系)を身につけるための28冊

 
今日のなぞなぞ
「高度な内容の本を読むためには、基礎学力が必要?」



「高校レベルの基礎教養(文系)を身につけるための28冊」を↓「付録」にまとめました。
下のリストは以前の記事(最近読んだ「読書術」10冊)でレビューした↑『読書の技法』で佐藤優さんが取りあげている本です(※ 本書の意図に沿って、じゃっかん注釈をくわえました)。

『読書の技法』は「月平均300冊、多い月は500冊以上」読むという佐藤優さんが、多岐にわたる本を縦横無尽に挙げながら”読書術の極意”を伝授してくれるすごい本。


この本に登場する書籍は80冊以上にのぼります。
今日は、そのなかから

「第5章 教科書と参考書を使いこなす――知識の欠損部分をどう見つけ、補うか」

に出てくる28冊
を紹介。
文系の高校生レベルの学力を身につけるための、国語・数学・世界史・日本史・政治・経済の参考図書です。



佐藤優さんは言います。

読書術は基本的に保守的なのである。本書で、筆者が高校教科書レベルの基礎知識をつけておくことを強調しているのも、それが知の伝統を押さえるために最も確実で効率的だからだ。
(中略)
このレベルの基礎力さえあれば、教養書はもとより、標準的な学術書ならば消化できるはずだ。


大学受験をひかえるあなたも、真の教養人を目指す社会人も。
それから、”読める本の幅を増やしたい”読書好きさんも♪

専門書・学術書にふれられるようになれば、読書の世界はもっとひろがる。


”高度な本”を読めるようになるための基礎をかためる、28冊をど〜ぞ〜♪



ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a


【関連記事】

最近読んだ「読書術」10冊
カテゴリ:読書術

【付録】

高校レベルの基礎教養(文系)を身につけるための28冊


INDEX
 世界史
 日本史
 政治・経済
 国語
 数学


 1.



※ 佐藤優さんは「歴史小説で歴史を勉強してはいけない」と強調されていますが、特殊な例として、「専門書や新聞記事ではなかなか理解できない沖縄の人々の心情」を表している本だと『琉球処分』を挙げています。

 2.


※ 歴史小説の効用を認めながらも、「歴史小説で歴史を勉強してはいけない」ことの一例として挙がっています。

世界史



 3.


※ 取りあげられていたのは2012年版の『詳説世界史』ですが、最新版を使ってまったく問題ないと思われます。

 4.


※ 同上。以下、新版が出ているものは、なるべく新版のほうを紹介します。

 5.




 6.







 7.



 8.






 9.



※ 新版はこっち↓



 10.



 11.



 12.



 13.



 14.



日本史



 15.



 16.



政治・経済




※ ↑「世界史」の項目で挙がっていた山川出版の教科書が、「政治」「経済」のトピックでふたたび取りあげられています。

 17.



 18.



 19.



 20.



国語



 21.





数学



 22.




 23.



 24.



※ テクネー(体に覚えこませる技術のこと)の説明で、立花隆さんの本が援用されています。

 25.



 26.



 27.



 28.


 
posted by akika at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 10冊シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

「フェイクニュース」にだまされないための小説3冊と新書2冊

 
今日のなぞなぞ
「”フェイクニュース”にまどわされないために読みたい本は?」


「クローズアップ現代」というNHKの番組で「フェイクニュース特集」が組まれていました。

フェイクニュースとは、真実ではないニュース情報のこと。
偽の情報がSNSなどネット上で”拡散”され、事実がどんどん歪んで伝播していってしまう……そんな現代社会の特性に斬りこんだ特集でした。


☆★☆



情報は、伝わるたびに劣化してしまう。
話には尾ひれも背びれもつく。
それは伝言ゲームを例に出すまでもなく、ある意味仕方がないことでもあるのだけれど。

ネットによって、間違った情報がものすごいスピードで”拡散”されるようになってしまった。
(自然と歪んでしまうものだけではなく、はじめからデマを流すことを意図しているケースもあるのが問題を根深くしていると感じました)

必死に真実を訴えても、ニセ情報を信じてしまった人までなかなか届かない。
「訂正」というのはそんなに魅力的なネタではないので、当然、広がりにくいんですよね。



ニセのニュースにまどわされない情報リテラシー(※)を身につけるために。
今日は「フェイクニュースにだまされないための本」を紹介します。

※ 読み書き能力。情報を参照する能力のこと。


☆★☆


まず小説を3冊。


『白ゆき姫殺人事件』は湊かなえさんのミステリ小説です。

『告白』『夜行観覧車』などのひと。
人間の、”目をそらしたいような、嫌な部分”を描きだす、いわゆるイヤミス系の作品が多い作家さんです。

↓映画化もされています。

白ゆき姫殺人事件 [DVD]
松竹 (2014-09-03)
売り上げランキング: 7,185



ある化粧品会社につとめていた女性社員。
彼女が謎の死をとげる。
そして、
この事件をめぐるさまざまな言説が、あらゆるメディアで飛び交う。


マンマローというSNS、週刊誌の記事、関係者の証言……。


物語が進むうちに、同僚の城野美姫という人物が「怪しい」と目されていきます。

ところが、いろんな人が語る城野美姫の人物像がまるでバラバラなのね。
なにがホントなのか、ぜんぜんわからない。


「記者が関係者に取材をするシーン」があって、
「その取材をもとにして書かれた記事」が出てくるんだけど、これもひどい。

取材のシーンで描写されていた情景とはまるで異なる
「悪意のある記事」がねつ造されています。



最終章は当の城野美姫の視点です。
彼女は、メディアに飛び交う<城野美姫像>をみて愕然とする。


これがわたしなのか……?


と。



現代社会の<情報>について、強い問題提起をはらんだ良い本です。


SNSで流れてくる情報。
そんなの、ぜんぜん真実じゃないかもしれないよ?



☆★☆




続いて、もう1冊小説を。
以前の記事(【恋愛】10代のうちに読んでおきたい小説10冊【青春】)で第1位に推した、私の大好きな本。短編連作の青春小説です。

今日ピックアップするのは、このなかの「〇をつけよ」という作品。
「〇をつけよ」は美少年高校生の時田秀美くんが学校でコンドームを落としちゃう話なのですが(どんな話だ(笑))、

ものごとに簡単に〇×をつけることの身勝手さ・無責任さをテーマにしています。
秀美くんは「子供を殺す親」のニュースをみて、こう考えます。

子供を殺すなんて鬼だ、とある出演者は言った。でも、そう言い切れるのか。
(中略)
明らかになっているのは、子供を殺したということだけで、そこに付随するあらゆるものは、何ひとつ明白ではないのだ。

「〇をつけよ」より


フェイクニュースにかぎらず、
ちゃんとした報道であっても、ニュースが伝えるのはその事象の「一側面」にすぎない。
思い込みでものごとを語ったり裁いたりすることには、慎重でありたいよね。


☆★☆




3冊目は、われらが樋口一葉の「にごりえ」という作品。

関連記事:
【泣ける】女性作家が描く切ない恋愛小説10冊【沁みる】


「にごりえ」の主人公のお力は娼婦です。
お力は美人で芸事や教養にも通じているので、
お客や同僚など街中のひとたちから好奇のまなざしを向けられている。
このお力が元カレと心中してしまう……という物語です。

いろいろな人がお力について語っているんだけど、
『白ゆき姫殺人事件』とおなじように、みんな言っていることがバラバラ。

お力は、いわば「野次馬的な目」をつねに向けられている女の子なわけです。
でも、誰ひとりとしてお力の「悩み」を理解してはいない……。



<語られる言葉>というのは、
基本的に真実とはかけ離れている
……くらいに考えておいていいんじゃないかな、と思います。

ニセのニュースを盲信してしまうくらいなら、
はじめから疑ってかかるくらいがちょうどいいのかもしれない。


↑原文は擬古文スタイルで非常に読みにくいので、
↓現代語訳がオススメですv




☆★☆



新書では、やっぱり荻上チキさんの本をピックアップさせてください。
荻上チキさんは何について書いても「情報リテラシー」について語ってしまう……そんな書き手だと思いますv

どの本を選んでも主旨に沿うのですが、
たとえば……


以前の記事(ネットいじめ、スクールカースト、キャラ戦争)で紹介した本書。「ネットいじめ」や「学校裏サイト」について、ちょっと前の状況を論じている本ですが、”メディア論”の本として普遍的

学校裏サイト=悪というわかりやすい構図に短絡されてしまう「有害メディア論」に警鐘を鳴らしています。



それから、おなじく荻上チキさんの『ウェブ炎上』も。


以前の記事(最近読んだ「未来を予測する」本10冊)で紹介しました。挙がっている事例は昔のものですが、「カスケード」や「フィルタリング」など”ネットメディア論”として押さえておきたいお話がいっぱい載っています。




そんなこんなで。
「クローズアップ現代」の特集に刺激を受けて、
思いつきと勢いでかいてしまった^^;記事でした。



ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a


【関連記事】

【恋愛】10代のうちに読んでおきたい小説10冊【青春】
【泣ける】女性作家が描く切ない恋愛小説10冊【沁みる】
ネットいじめ、スクールカースト、キャラ戦争
最近読んだ「未来を予測する」本10冊
オリジナルのない世界――ネット上の拡散文化と”シミュラークル”
カテゴリ:ネット・情報リテラシー





posted by akika at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・情報リテラシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

幻想と異形の獣人写真集――シャルル・フレジェ『WILDER MANN (ワイルドマン)』

 
今日のなぞなぞ
「ページをひらいた瞬間に鳥肌が立ってしまう写真集は?」



今日紹介するのは写真集です。
なんというか……出逢えてよかったと心から思える、ものすごい掘り出しもの。
本をひらいた途端、肌が粟立ちました。私の好みのど真中ですv


『WILDER MANN』は、シャルル・フレジェ(Charles Fréger)というフランスの写真家のフォトブック。
世界じゅうの民族衣装――祭りの仮装、装束など――を
芸術的視点かつ民俗学のフィールドワーク的観点から写真に収めているアーティストの作品です。

サブカルやアートが好きなひとにはもちろんおすすめなのですが、
海外をよく旅する方や、文化人類学・民俗学に惹かれるあなたにも推したい1冊。
「どの国のどんな儀式の衣装なのか」も解説されています。


あやしげに美しく、そして
どこかもの悲しい写真の数々……。

本当に。「この1枚もいいよね〜」と中身をお見せしたくてたまらないのですが、
著作権的に……ね。

↑表紙だけでも伝わるものがあると思いますが、
もしよかったら、2016年に銀座のエルメスのお店でひらかれた展覧会のサイト↓もみてみて。


「YOKAINOSHIMA」 シャルル・フレジェ展(HERMES - エルメス公式サイト)
http://www.maisonhermes.jp/ginza/le-forum/archives/14259/




「YOKAINOSHIMA」は、「WILDER MANN」のシリーズ作品のタイトルです。
”日本の獣人”たちを収めています。

ナマハゲや鬼など和風ファンタジーなのだけど、
個人的には『WILDER MANN』のほうが異国情緒を感じて好きかな。
逆に外国人にとっては『YOKAINOSHIMA』のほうがエスニックに思えるのかもしれない。




☆★☆


シャルル・フレジェの写真を、なんと表現すればいいのか。
↓『かいじゅうたちのいるところ』のケモノたちがそのまま現れてしまった世界というか。





獣人っぽい写真だけじゃなくて、
よくわからない原色の衣装や毛皮や麻布を、意味不明にまとった人物が写っていたりとか。
ただの植物にしかみえない人間……とか。

幻想というよりもはや狂気を感じるような異形さというか。
私は、こういうものにどうしようもなく惹かれてしまう。


おなじようなテイストを感じる映画を挙げてみると、たとえば
TORICO監督の「イケルシニバナ」とか。


イケルシニバナ [DVD]
イケルシニバナ [DVD]
posted with amazlet at 17.02.03
BBMC (2006-04-28)
売り上げランキング: 193,177



ヤン・シュヴァンクマイエルのチェコアニメ(クレイアニメ)とか。

アリス 【HDニューマスター/チェコ語完全版】 [Blu-ray]
日本コロムビア (2011-08-24)
売り上げランキング: 23,204



ライトなところでは、スタジオジブリの「千と千尋の神隠し」とかね。

千と千尋の神隠し [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2014-07-16)
売り上げランキング: 222



千と千尋はある意味”異形のオンパレード”な映画なのだけど、
絵や音楽も綺麗なアニメだし、行って帰ってくるという「物語の構造」もきっちりあるからかな。
不思議と万人受けしていますよね。




あとね。
映画でも本でもないんだけれど、伊豆に「怪しい少年少女博物館」と「まぼろし博覧会」という美術館があって。
こういうのも好きv


怪しい少年少女博物館 | 静岡県伊東市にある可笑しな博物館
http://ayashii.pandora.nu/
まぼろし博覧会 | 静岡県伊東市にある愉快なテーマパーク
http://maboroshi.pandora.nu/




☆★☆



なんだかだんだんアングラな方向に進んじゃってますが。
シャルル・フレジェの『WILDER MANN (ワイルドマン)』はそこまで無秩序な世界ではありません。

……いえ、けっこうカオスっぽい衣装も満載なのだけど、
基本的には、美しさを感じる写真集です。



ほんとにいい本。
こういう出逢いがあるから読書はやめられないv



ではでは。



ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a


【関連記事】

【最近読んだサブカルチャー寄りの本10冊〜聖地巡礼からロバート秋山まで
【民族楽器】透明でファンタジックな幻想浮遊系ポップス10枚【みんなのうた】
【深い】大人になったあなたが読みたい絵本10冊【美しい】
最近読んだ「文字の少ない」本10冊〜右脳を活性化させるために
最近読んだ「世界観がダークな」本10冊
最近読んだ「世界観が独特な」本10冊
【フェテイッシュ】ジャケットがアングラすぎるトーキングヘッズ叢書10冊【マニアック】
宮沢章夫『ニッポン戦後サブカルチャー史』の巻末リストを使ってサブカル博士をめざせ
【徹夜本】地下東京に広がる腐海――貴志祐介『新世界より』の社会システムと生態系がすごい






 
posted by akika at 17:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

企業の求人は、ほとんどが奴隷の募集です。――苫米地英人『ゲシュタルトメーカー』より

 
今日のなぞなぞ
「四十歳まで就職してはいけない?」



……なんだかちょっと不穏なタイトルをつけてしまいましたが^^;
本日もいつもどおり、本の紹介です。

今日紹介するのは以前の記事(徹夜本見つけました――新堂冬樹『カリスマ』〜あわせて読みたい「カルト宗教」本)などでも登場した、苫米地(とまべち)英人先生の啓発書。

苫米地先生はいろいろな活動をされていて、簡潔に説明しづらいのですが、あえてまとめれば「洗脳」の専門家、かな。科学者です。
とまべちっ!

関連記事
タグ:苫米地英人



本書は、ひと言でいうと……


新たな価値をつくれる人材になろうよ


という本なのだけど。
”新たな価値の創造”なんて手垢にまみれた言葉じゃちょっと弱いかもしれない。


今あるこの世界を
書き換えられる人材になれ!



くらいの本。


この記事のタイトル「企業の求人は、ほとんどが奴隷の募集です。」は本書からの引用です。


電子書籍(kindle)版はこっち↓






☆★☆


これからどうやってキャリアを作っていこうか……と悩んでいる二十代から三十代の社会人(おそらく本書の主な読者層でしょう)

「第一章 四十歳までは就職するな」より


本書は悩める20〜30代に向けて、
「一般的な就職・転職市場の競争から脱却」しろ! と説いています。
そのなかで出てくるのが件の……

現在の日本にある企業の求人は、ほとんどが奴隷の募集です。

「第一章 四十歳までは就職するな」より


という言葉。
強烈。だけど、誰もがなんとなく感じていることかもしれません。
苫米地英人さんはそれをズバリと言葉にしてしまった。



……まあ、ある意味では当然なのかもしれない。
”労働者”が生み出した付加価値を”資本家”が「搾取」するのが資本主義の構造なので、宿命といえば宿命だ。




あ、でもべつに苫米地先生は『資本論』的なイミでおっしゃっているのではなくて。
「使い捨てにされる働き方」じゃなくて「人間として働こうよ」というニュアンスで「奴隷」という言葉を使っています。


奴隷ではなく人間として。
新たな価値を生み出せる人材になるために。

本書にはとても具体的な方法が載っています。
それは……


大学院に進学する


こと。




この本は、「大学院のススメ」に改題してもいいと思えるくらい、
ひたすら大学院を薦めています。




☆★☆



本書は言います。


四十歳までは就職しないで勉強しろ


と。



うん。
たしかに、大学院は学ぶにはものすごく良い所です。

専門書や論文まで、外ではなかなかお目にかかれない資料がそろう図書館があったり。
ちょっと声をかければ、教授や先輩がものすごい価値のある参考文献リストをくれたり。
最高の環境。


私も大学院にいたことがあるので、


大学院はオススメだよぉ〜☆(*´∇`*)ミ☆


と思いっきり言いたいのだけど、
今日この本を紹介したのは、ちょっと違う意図からです。




具体的な時事ネタにふれるのはさけますが、
ほんとうに「働き方」について考えざるを得ない時代になっている。

そんななかで、本書は


「四十まで就職するな」とか
「引きこもりやニートは正しい」とか
「社会人でも大学院に入りなおせ」など


一般論とはまるで異なることを主張している。

もちろん本書にしたがって大学院に入るのもよいのだけど、
「生き方や働き方の選択肢は、じつは無数にある」ことに気づくためにこの本を使ってみてもいいんじゃないかな。


「こうあらねばならない」と世間に”洗脳”されてしまっているせいで
いろいろなものが見えなくなっている。
……私自身も、そう思うことが多々あります。
もっと、曇りなき眼で世界に向き合いたいよね。



苫米地先生流にいうなら……


スコトーマ(心理的盲点)を外せ


ってヤツです。



( デリケートな問題なので、具体的な時事ネタにふれることはさけますが、
たとえば今、あなたがどんな働き方や生活をしていても「出口がない」と思いこまないでほしいと強く願います。

↓以下の記事では、心や身体が悲鳴をあげているときに相談できる窓口をまとめています。必要なとき、参考にしてみてください。
「くたばらないために相談」で検索してもたどりつけます。

関連記事
生活や人生が苦しいときの4つの相談窓口〜消費増税後の社会でくたばらないために〜
 )


☆★☆




いろいろな視点でものを眺めるために。


みんな
いっぱい本読もうよぉ〜☆(*´∇`*)ミ☆




というわけで。
今日は苫米地(とまべち)英人先生の『圧倒的な価値を創る技術[ゲシュタルトメーカー]』の紹介でした。



ノーリスク・ハイリターンの投資は"読書"♪


あきか(@akika_a


【関連記事】

生活や人生が苦しいときの4つの相談窓口〜消費増税後の社会でくたばらないために〜
徹夜本見つけました――新堂冬樹『カリスマ』〜あわせて読みたい「カルト宗教」本
最近読んだ10冊
最近読んだ「うさたま」10冊(中村うさぎ×倉田真由美)
タグ:苫米地英人
カテゴリ:就活






 

ブログパーツ アクセスランキング